« 新型ルーテシアRS | トップページ | ロータスデイ2013、どうしよう? »

黒田官兵衛 作られた軍師像

 講談社現代新書、渡邉大門著「黒田官兵衛 作られた軍師像」の感想です。来年の大河ドラマのため、ぞろぞろと官兵衛が出ていますが、この本は一次資料を中心にして、一般的に言われている話が正しいのかどうかを検証というか、述べています。なので、黒田官兵衛の謎を解く!というような内容ではなく、推測を余り述べておらず、一次資料で確認出来る出来ないで述べているので、わりと地味です(苦笑)。なお、通常は私は黒田孝高と呼んでいますが、今回だけは、官兵衛に統一します。
 一般的な黒田官兵衛本に余り出てこない内容もあります。例えば名前。官兵衛は通称というか、自称官途で、本名は孝高です。が、最初から(幼名は別にして)、何度か変わっており、文書の署名の変化でおいかけています。名前が変わるのはそれそのものは珍しいことではないですね。徳川家康も、元信、元康、家康と変わっています。最初は祐降。「よしたか」と読むことは出来ます。次は「考降」。これは「よしたか」とは読めないので「孝降」の書き間違いか?その後「孝降」になり、そしてやっと「孝高」。まあ、今の我々の感覚よりも当時の人の漢字表記の感覚は、良く言えばおおらか、悪く言えば適当ですからね。「おと」が同じなら漢字が違っても余り気にしていないと思われることがあります。とはいえ、自分の名前の漢字を間違えるかといわれると?ですが。祖父が重降、父が職降なのに、読むは同じ「たか」でも、何故か、「孝高」になったのは何故でしょう?これは「孝降」のままの方が自然に思えます。でも、著者は何故については述べていません。また何時かについては小野寺から独立した時ではないかとしています。「降」が小野寺と関係あるとは思えませんが。もっとも曽祖父が高政で、弟も利高なので、何かの理由で「高」にしたのでしょうけれど。考えて見たことがありませんでしたが、なかなか興味深いです。
 中国大返しや賤ヶ岳の合戦の際の大返しは言われているほどのペースではないというのも示しています。とある文章に小野寺とあって、従来は官兵衛だと考えられていた人物は実は叔父であるということを他の資料を基に説明しています。万事そんな調子です。おお、凄い!というようなものはありませんが、細かく、一次資料を見ればこれは違う、ということを述べています。
 ただ、ある意味、どうでもいいことまで一般的に言われていることが一次資料と一致しないということを述べている部分もあり、なのにそれが大きな違いだと主張している記述もありますが・・・。
 官兵衛は軍師と良く言われますが、当時、今我々がイメージする軍師は存在しないというのは、ちょっとこの時代に興味を持っている人には良く知られていると思いますが、それについても、一般向けを意識してか色々と述べられています。黒田家譜はそのまま全部信用したらいけないよという説明にもかなりページを割いています。そんなの当たり前、と思いますが、これも一般向けを意識してのことなのでしょう。
 また、よくあるエピソードは後世の創作としながらも、その元ネタがあるということを述べています。関ヶ原の合戦の際に天下を狙ったという話がありますが、息子の黒田長政が遺書で徳川の天下取りにこれだけ貢献した、やろうと思えば、天下を自らとれたというようなことを述べています。この話を元に後に天下を狙ったのだという話が作られたとしています。
 一次資料を全部確認することは出来ないので、この著者を信じるしかないというのはありますけれど、でも、全体としてなかなか良い本だと思います。

|

« 新型ルーテシアRS | トップページ | ロータスデイ2013、どうしよう? »

歴史」カテゴリの記事

コメント

モンクレール イタリア

投稿: モンクレール ダウンジャケット | 2013年11月 1日 (金) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒田官兵衛 作られた軍師像:

« 新型ルーテシアRS | トップページ | ロータスデイ2013、どうしよう? »