« 機動戦闘車 | トップページ | 新型ルーテシアRS »

クワトロポルテS試乗

 3連休、高速道路の渋滞(往復)に負けて遠出はしませんでした。日曜日は一度は中央道方面へ行こうとしましたが、渋滞にめげてやめて帰ってきてしまいました(苦笑)。その代わりに月曜日にちょっと都内へ。その帰りに、久しぶりにマセラッティ目黒に寄りました。夕方前だったのでもう来客は少なく、前ピー担当営業氏も暇しており、相手してもらいました。 クーガで行ったので驚いたというか、言葉を失っていました(笑)。まあ、元々、クーガを見せにいったようなものですれど。(^O^)
 マセラッティの販売は好調で、この分だと昨年5割り増しとか。マセラッティ全体で、昨年約一万台(全世界で。USが4千、中国が千、日本が300台で、これがベストスリーだそうです))ですが、これを5万台に増やすことを目指しているとか。そのために必要なローエンドモデルがギブリで11月位に発表だそうです。まあ、我が家で買える・・・かもしれないのはギブリ位です。それにしてもデカイので、お金はあっても(無いけど(^^;)、厳しいですね。パナメーラが出た時に買った人がクワトロポルテに乗り換えている例が結構あるとか。ベンツ、BMWではない、他と違う車が良いというお金持ちですね。
 そのクワトロポルテですが、新型の実物は初めて見ました。
QpssilberQpssilverfQpsrearw
 なんというか・・・ある意味普通になりましたね。全長5.27m、ホイールベース3.17mという巨体ですから、後部座席は当然のように広いです。ここまで広いと、自分で運転するよりも運転してもらった後部座席に座っていたくなりますね。トランクも広大。二人は人を乗せられそう。小柄な人なら三人は入るかも。で、トランクの内側に中からトランクを開けられるレバーがついていました。
Qpsescapae
 営業氏いわく、誘拐されてトランクに押し込まれた時に中から出られるようにするためだと・・・ほんまかいな?(^^;
 下回りをみてみましたが、カバーされていて余りおもしろくありません。
フロント側
QpsflQpsfr
リア側
QpslrQpsrearQpsrr
 マフラーは・・・立派なラッパです(苦笑)。
Qpsrappa
 色々話して、じゃあ、2ドアと4ドア、どちらに乗りますかと。いやあ、買えないし・・・と思いましたが、乗せてくれるというので、せっかくだから、4ドアをお願いしました。しかし、5mオーバーの左ハンドルを運転する自信がなく、営業氏に運転してもらい、私は助手席、相方は後部座席です。試乗されてもらったのはクワトロポルテS。
Qps
 Sというと速そうですが、これは3L V6の一番安いグレードです。とはいえ、ターボで302kW=410馬力!トルク550Nmという化け物エンジンですが。車重が2020kg(2t!)なので、馬力荷重は4.93kg/psですから、1tの車に200馬力のエンジンみたいなものです。なので、我が家のエリーゼ111R(880kg、190馬力)の4.58kg/psと大差ありません。まあ、トルクが違うので(トルク荷重は3.67kg/Nmに対し、4.86kg/Nm)、エリーゼの方が動力性能が上とはいえませんが、とはいえ、踏み切った場合の加速力はそう極端には違わないでしょう。
 助手席も広いですね。内装はさすが。
Qpsinte
 さて、発進・・・って、おーい、いきなり全力加速するんじゃないよー。(^^;しかし、この加速力、3人乗って体感的にはエリーゼよりもかなり速いような・・・。やはりトルクの差でしょうね。エリーゼの190馬力は7800回転まわした時、一方、クワトロポルテSは5500回転で410馬力ですからね。実際の加速の過程での馬力荷重にはかなりの差があるでしょう。全力加速時の音はなかなか良いです。ただ、やはりNAのグランツーリスモと比べると気持ち良さは落ちます。でも、十分良い音です。さすがはマセラッティです。V6でも良い音出しています。
 ただ・・・・うーん、乗り心地は微妙ですね。グランツーリスモを試乗した時の感じと比べるとリアの動きが・・・。どうも細かい動きが気になります。必ずしも乗り心地が硬いという訳ではないですし、タイヤも245/45R19と275/40R19ですからね。それを考えれば、乗り心地は悪いとはいいません。ただ、どうもリアが細かく動き続けるのは気になります。
 また、電制ダンパー(スカイフック製電子制御可変アクティブダンピングサスペンションシステム)がついていますが、モードを切り替えてもらったものの、余り違いが分かりませんでした。グランツーリスモだと違いがわかったんですが。うーん、なんでだろう?車が長い4ドアなので、ボディ剛性がやはり2ドアクーペのグランツーリスモよりも落ちるせいでしょうか?
 それと信号で停止したら、お尻に振動を感じます。営業氏に言ったら、V8だとないとのこと。うーん、でも、このクラスでこの振動はどうなんでしょうね。
 しかし、横に乗っていても・・・でかいです。これは運転は無理です。(^^;それと暗くなったのでうまく撮影できていませんが、メーター内部のLCDの表示が日本語になっていますが・・・これがなんでも漢字に。誰だろう、これやったの?日本人とは思えません。
Qpsmeter
 だって、「粍」なんて漢字、旧陸海軍の文章以来ですよ(苦笑)。「押さえ初期化」って、直訳。(^^;;英語に表示が切り替えられるのなら良いですけれど。
 うーん、悪くはないのですけれど、なんというか、こう、普通?マセラッティらしい味が薄れてしまった気がします。性能は十分、装備も豪華ですが、しかし・・・うーん、もし、お金があったとしてこれが欲しいかと言われると・・・うーん。まあ、V8だとまた違うのかもしれません。
 後部座席の相方は快適だったようです。まあ、やはり、このサイズになると運転するというよりも、運転してもらう車のような気がします。そういう需要も増えたのではないかと思いますし、そうであるが故に従来のマセラッティらしい味が薄れたのかもしれません。
 いずれにしても、このサイズ、値段では我が家では買えません。ギブリなら買うかもしれない車としての感想になりますけれど、今回はあくまで横に乗せてもらった感想、ですので。
 なお、サイズ値段共に我が家で買うことが可能(今すぐ買える・買えないは別にして)な車もありました。先代クーペのグランスポーツの中古。見た目は結構綺麗でしたが・・・実際は内装ベタベタはでていてその部分は部品交換含めて修復済みだそうです。ホイールも綺麗でしたが、磨いて塗装しなおしたそうで。なんかコストがかかってしまって困っているそうです(苦笑)。左ハンドルなのと色(黒)が問題ですけれど・・・。右ハンドルだったら、まじめに考えたかもしれません。営業氏も右ハンドルだったら、押し込みました!とか言っていました(笑)。まあ、それもクーガを招き入れる前なら、ですけどね。今は、お金がありません(苦笑)。

|

« 機動戦闘車 | トップページ | 新型ルーテシアRS »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クワトロポルテS試乗:

« 機動戦闘車 | トップページ | 新型ルーテシアRS »