« ポロ ブルーGT試乗:付録、ゴルフ7 トレンドライン試乗 | トップページ | 乗り心地は麻薬 »

フィットハイブリッド試乗

 DCTを採用したというフィットハイブリッドが気になったので見に行ってきました。ハイブリッドは展示車はなく、試乗車だけでした。Lパッケージです。残念ながらパドルがついたSではありません。まあ、バージョンSの試乗車なんでそうそうないでしょうけれど。あ、最初に断っておくとうっかりカメラを忘れていったので写真はありません。
 エクステリアデザインはまずまずだと思いますが、好きかといわれると微妙。ただし、横のプレスのラインは良いと思います。どこかで見たようなものですけれど。上から二番目のグレードですが、スチールホイール+ホイールキャップ。タイヤはBSのエコピアでした。
 リアシートの側面にトランクの下側にあるバッテリー用の冷却用のグリルがあり、水が入ったり、ふさがれると故障の原因になるといわれました。うーん、雨の日にリアドア開け閉めすればぬれるような?どうなのかな?まあ、余り神経質になることもないか?後部座席の空間はそれなりに広いですが、フィットってこんなもんでしたっけ?なんかもっと広かった気がしましたが・・・まあ、でも、全長4mないんだからこんなものかな?バックレストが小さめで薄いです。シートも長時間乗りたいものではないですね。まあ、でも、このクラスならこんなものかな?トランクもバッテリーがあるので底が深くはなです。まあ、でも十分な広さはあります。
 何故か後ろから見てしまいましたが、前へ。前席シートはまずまずです。座ってみると・・・あれ?こんなに低かったっけ?先代RSに試乗した際にシートが高くて、シフトレバーが遠かった気がするのですけれど、低くなったのかな?燃料タンクのせいでシートを低く出来ないと思い込んでいましたが。営業氏に聞いたら先代と変わっていないはずですがといわれました。うーん、先代RSを試乗にいった時はエリーゼだったからそのせいかなあ?シフトレバーはRSでないとなんともいえないけれど。この車はハイブリッドなので、レバーというよりもスイッチみたいなものです。プリウスとかZ4とか最近の1シリーズなどと同じような感じ。これは嫌いですが、まあ、我が家で買うとしたら、パドル付きのSパッケージだからいいか。サイドブレーキはあります。
 フィットの全てやら他の自動車評論家の評価では内装の質感が上がったと書かれていましたが、質感は別に高くはないです。助手席の前のパネル(エアバッグが内蔵されているところ)にソフトパッドを使ったとかいっていましたが、それってどこ?という感じ。また、樹脂の表面にステッチ(革を糸で縫ったような)みたいな模様がありますが、著しく安っぽいです。こんなのいらないでしょう。絵だと質感高いかもしれませんが、実物にすると逆に下げますよ、こういうフェイクは!大嫌いです!!
 試乗させてくれるというので乗せてもらいました。ポジションはまずまず。視界も良好。シフトレバーというか、スイッチはPRNDLしかないですから、無理やりマニュアル運転は出来ませんね・・・。えっと、あれ?発進はどうするんだ?良く分からない。悩んだがのですが、結果から言えば、ブレーキを踏んで、PからDに入れれば良いだけでした。何せ、エンジンかかっていないし、変に考え込んでしまいました。
 さて、発進。あれ?発進はモーターでEV状態じゃなかったのでしたっけ?あんかDCTのがさごそ感じのようながして、更にのろいです。はて?敷地が広かったので少し走って道路に出る時に一旦停止。そして再度発進。やはりなんかとろいですね。ゆっくりマイルドに発進します。まあ、いきなり飛び出すように発進するよりは良いのですけれど。うーん、アクセルをちょっとしか踏んでいないからでしょうか?でも、モーターで発進ならもう少し力強くても良いような?
 そのまま加速していくとエンジンがかかります。エンジンそのものがうるさいとは言いませんが、それは明確にわかります。ただし、アイドリングストップからの発進のようにあの普通にエンジンかける時のスターターの音はしません。一種の押しがけしている(車は動いていますからね。クラッチつなげばエンジンも回りだすので後は点火するだけ)そうなので、そのためでしょう。ブレーキを踏むと回生ブレーキらしい音がします。なんかやたら賑やかだなあ。絶対音量はそれほど大きくないかもしれませんが、色々な音がするというか、音が頻繁に変わるので賑やかに感じます。ディスプレイにモーター走行、エンジン走行、回生ブレーキと表示が変わります。これはこれで見ていると面白いですが。
 エンジンブレーキのためのシフトダウン出来ないので、なんか怖いです。普段の運転がシフトダウンが先で、ブレーキは最後ですからね。最初からブレーキを踏むのは慣れていません。ステアリングは軽いですけれど、同じホホンダでもN-Oneほど酷くはありません。
 乗り心地は柔らかめです。フィットとは思えません。初代(レンタカーで借りた)、二代目(RSだけ)はどちらかもかなり硬めで乗り心地は良いとは言えませんでした。ただ、衝撃は弱いし、角は丸いですが、その後の動きの収まりはやや悪いです。まあ、一般的に見れば乗り心地は良いといわれるのでしょうね。個人的にはもう少し動きは抑えられた方が良いですが。
 踏むと動力性能は十分だと思えます。ただ。やはり発進がとろいです。バッテリーを使い尽くして、エンジン状態で発進させてみたかったですが・・・。なんで、こんなに発進がとろいのだろうと思ったのですが、後で、モーターの出力が低いせいかもしれないと思いました。でも、22kW(29.5ps)、160Nm(16.3kgm)だから、プリウスやアクアよりは小さいですけれど、発進させるには十分ですよねえ。うーん、やはりアクセル踏まないから?あ、でも、モーターの場合には出力調整ではなく、回転数調整にしかならないはずだから・・・やっぱりわかりません。
 試乗を終えて戻っておりて。特に疲れたとかいうことはないので、実用車としては乗り心地はまあ合格でしょう(シートなども含めて)。 あ、燃費は見損ないました。だから不明です。悪くはないとは思いますが。
 次の人が試乗するというので、外から見ていましたが、外で聞いていると静かですね。いや、エンジンまだかかっていないから当たり前と言われるかもしれませんが、トヨタ系のHVはキーンと言う高音がしてうるさいです。HV=うるさい車というのが私の中で出来上がっています(笑)。そういう音はしません。あ、ただ、走り出して少し速度がすると音がしましたが、これは歩行者への接近警告音だそうです。なるほどね。確かにこれだと必要でしょう。プリウスなどのあのキーンとう高音もそのために敢えて出しているのかもしれません(そんなことないか?)。
 うーん、面白いところはあるのですけれど、少なくとももの仕様では買って乗りたいとは思いません。相方も駄目でしょうね。パドルがあると違うかもしれません。ただ、DCTの発進時の弱さをモーターで補って、後はDCT車、だから、渋滞でもDCTの弱点が出なくて乗りやすいのだろう、という予想と違って、これならエンジン+DCTで発進した方がましだろうと思えます。それと乗っていてうるさいというか、賑やかなのもね。最初は面白いかもしれませんが、そのうち飽きるでしょうけれど。 
 RSのCVTという手もありますが、CVTはやはり相方駄目だろうな。そうするとやはりハイブリッドのSパッケージしか候補にはなりえないでしょうね。なお、相方の知り合いがフィットを買って、良いよといったとかで、相方も興味は持っています。一度試乗させてみましょう。どういうかな?

|

« ポロ ブルーGT試乗:付録、ゴルフ7 トレンドライン試乗 | トップページ | 乗り心地は麻薬 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

ブランドコピーブランドn品激安販売專門店
弊社は販売ブランドコピー時計,ブランドコピーバッグ、ブランドコピー財布などでございます。
★ブランドコピー時計、ブランドコピー
当店設立以来、世界的に有名なブランドコピー品を扱っており、
各商品の完成度が非常にいいです。
ブランドコピー
明な商品の写真、
商品紹介および規格まで詳しく掲示しております。
当店の商品は正規品に対して1:1の完成度で造られています。
当店では信用第一を基に、ブランドコピーshoppingkopi 出荷した商品に
対して品質と確実にお届けできることを保障しています
是非ご覧ください!
激安、安心、安全にお届けします.品数豊富な商
商品数も大幅に増え、品質も大自信です
弊社ブランドコピーブランド時計通販品例えばブランド時計、レプリカ時
計、ブランドコピー時計が揃っております。
商品100%品質保証!満足保障!リピーター率100%!
誕生日プレゼント https://www.yuku006.com/ProductList.aspx?TypeId=688648132871045

投稿: 誕生日プレゼント | 2020年6月21日 (日) 03時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィットハイブリッド試乗:

« ポロ ブルーGT試乗:付録、ゴルフ7 トレンドライン試乗 | トップページ | 乗り心地は麻薬 »