« クラウン・マジェスタ | トップページ | ポロ・ブルーGT »

フィットRS

 事前のレビュー記事で、今度のフィットRSはエンジンが結構良い、ZCの再来なんて声もありました。1.5LのNAで132馬力(97kW、トルク155Nm=15.8kgm)は確かに立派です。1.6Lの専用品のスイスポのエンジンとカタログスペック上はほとんど同じ(スイスポは100kW=136ps、トルク160Nm=16.3kgm)ですから。ZCは1.6Lで130馬力でしたし、4AG(4バルブのレギュラー仕様の赤4AG)も120馬力(青4AGはグロス130馬力)でした。1.5Lでそれよりも馬力は上ですからたいしたものです。だから、最初はてっきり専用エンジンなんだと思っていたのですが、発表されたら、1.5Lのフィットは全て同じエンジンでした。マフラーは違うようですが。あらら。まあ、今時普通のコンパクトカーの1.5Lエンジンにこんなの搭載したのは凄い、立派、と言えますね。上が回らないのは残念ですが、最大出力は6600回転ですから、今の時代では十分高回転型(4AGも同じ6600回転で最大出力)ですし、中低速トルクは相応にあるでしょうから、実際には良いエンジンなんでしょう。私は120馬力で低速トルクなくてもいいので、8000回転近く回るエンジンが好きですけど(笑)。
 後は音がどうかですね。先代のフィットRSも音はまずまずでした。ポジションが合わないのと乗り心地が悪かったので、導入する気にはなりませんでしたが。
 先代フィットRSとスイスポ(現行)の比較だと、操作性、乗り心地で、スイスポ圧勝。エンジン音はフィットRS、動力性能はスイスポというところで、総合的に見てスイスポ圧勝でした。ただ、エンジンの音、フィーリングがスイスポの弱点です。スイスポ専用エンジンなのに余りに普通ですから・・・。上まで回らないのは先代と同じですが、新型の音とフィーリングはどうでしょう?昔みたいにベスモがあれば、テストしてくれたので音も聞けたのですが、ベスモが無くなったのは残念です。時々やっているベスモTVで取り上げてくれないかな?ポジションは実際に乗ってみないとわかりませんが、改善されていると良いのですけど、あれは、基本構造に起因していると思われるので、やはり合わないかもしれません。
 まあ、今回は相方号候補なので、RSは候補になりませんので、試乗は無しかな。スイスポも同じですが。クーガを導入していなければ、フィットRSは追加街乗りMTの候補になったのですけどね。 

|

« クラウン・マジェスタ | トップページ | ポロ・ブルーGT »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィットRS:

« クラウン・マジェスタ | トップページ | ポロ・ブルーGT »