« またやってしまった・・・ | トップページ | ポロ ブルーGT試乗:付録、ゴルフ7 トレンドライン試乗 »

新型ルーテシア、全色、全グレード展示会

 東京ミッドタウンで行われた展示会に行ってきました。
http://www.renault.jp/information/news/arc/new-lutecia-tokyo-13092829
 なかなかディーラーでは見ることが出来ない全色および全グレードが展示されていました。
Lt4tenji1Lte4tenji2
 相方が気になっていた黄色(ジョンエクレール)はどこか緑が隠れているような色でなかなか良かったです。ただ、黄色だと内装が黒だけなのがちょっと残念かな?
Lt4yellow
 マロン(マロン アルダンM)はホイールが白という薄いベージュでこれもなかなか良いです。
Lt4makaronLt4intenserearg
 ただ、このホイールは汚れるとみすぼらしいでしょうから、常に綺麗にしておかないといけませんね!
Lt4wheelmakaron
Lt4makaroninteLt4makarondoor
 でも、買うならこれかなあ?
 赤(ルージュ フラムM)と水色(ブルードゥフランス)は既に見ているので省略します。白(ブラングラシェ)と黒(ノワール エトワールM)はまあ普通で、我が家で買うことはないでしょう。
 意外だったのが、グレー(グリ カシオペアM)。地味かなと思っていたのですが、実物見ると結構良いです。
Lt4grayredLt4grayoptrear
 赤のラインがついていて、スポーティでよいです。ホイールもちょっと違うもので。
Lt4wheel
 ディーラーオプション満載の車になっていました。
Lt4grayopt1Lt4grayopt2Lt4grayopt3Lt4grayopt4Lt4grayopt5  
 それはともかく、この色の組みあわせ、いいなあ。自分で乗るかというと似合わないと思うので乗らないと思いますが、格好良いです。まあ、カーボン柄のサイドや前後のスポイラーは安っぽいので好きじゃやないですけどね。
Lt4grayoptrearspo
 そうそう、バックカメラがリアのルノーマークの中につけられていました。これは珍しいつけ方ですが、良いですね。
Lt4grayrearcamera
 同じグレーでも赤ラインなしのもありましたが、こっちはホイールが赤で、内装も赤。
Lt4grayLt4grayredside
Lt4grayrear
 これもなかなか良いと思います。これで赤ラインが一番格好良いかも?
 ほとんどはインテンスですが、一台ずつ、ゼンとアクティフも展示されていました。どちらもタイヤが195/55R15と望ましいサイズです。展示車の銘柄はコンチネンタルのエココンタクト。
Lt4zentire
 アクティフはホイールキャップ、ゼンはアルミホイールです。
アクティフ
Lt4wheelactif
ゼン
Lt4wheelzen
 前後とサイドののインテンスだとピアノブラックだった部分も普通の黒い樹脂です。まあ、別にこれはこれでかまわないでしょう。
アクティフ
Lt4actrigfLt4actrigfrear
ゼン
Lt4zenfrontLt4zen
 リアのガラスもちょっと違って、熱線?のパターンがインテンスだと縦線があるのに、
Lt4intenserearglasss
ゼン以下は横線だけでした。
Lt4zenrearg
これはカタログでは分かりませんね。写真ではわかりにくいと思いますが。
 インテンスとゼンのフロントの下側の違いは余りありませんね。アクティフはフォグがないし、ちょっと安っぽいです。
インテンス
Lt4intensefront
ゼン
Lt4zenfrontlow
アクティフ
Lt4activfront
 バックソナーが無いことと内装が黒だけになることを除けば、我が家的にはゼンが良いですね。オートエアコンはどうせオートじゃまともに動かないから無くてもかまいません。
 リアフェンダーのリップがありますが、これは結構、リアにネガティブキャンバーがついているのでタイヤがはみ出すためでしょう。
Lt4earrip
ベンツなんかでもよくありますが、上から追加で貼り付けているだけですが、ルーテシアはちゃんとフェンダーごと張り出して塗られているのでみっともなくありません。
 ステアリングの下側のカバーも色々交換出来るようです。どれだけ選択されるかはわかりませんが、こういうのが選べるのは良いですね。
Lt4stearing
 15:00から、J-WAVEの番組公開収録をかねたピストン西沢氏と河口まなぶ氏によるトークショーもあり、見てきました。
Lt4piston
 いやあ、自動車評論家も大変ですね。こういう時にはほめないといけませんからね。でも、現行ルーテシアをして、国産車よりも柔らかく、でも芯があるというような評価はいかがなものかと。ゼン・アクティフはともかく、インテンスは明らかに硬いですよ(苦笑)。130km/h制限の高速道路でならともかく、あの脚で石畳はつらいと思うなあ。もちろん、先代ルーテシアでは地獄でしょう(苦笑)。まあ、でも、先代よりははるかにましだし、プリウスの乗り心地からしてそれほど乗り心地にこだわらない人は多そうだから平気かな?なお、周りにルノーに乗っている人がいる人、手を上げてと聞かれました。普通、こういう時はルノーに乗っている人と聞くものでしょうにね。それだけルノーはマイナーということでしょう(笑)。
 今回、ルノーはプロモーションにかってない位、力を入れていますからね。これで数が出ないと大変です。ただ、プジョーからは奪えるにしても、国産車からの乗換えが多くないと駄目です。さて、どうでしょう?

|

« またやってしまった・・・ | トップページ | ポロ ブルーGT試乗:付録、ゴルフ7 トレンドライン試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型ルーテシア、全色、全グレード展示会:

« またやってしまった・・・ | トップページ | ポロ ブルーGT試乗:付録、ゴルフ7 トレンドライン試乗 »