« お茶目な代車号 | トップページ | 新型ルノー・ルーテシア(クリオ4)試乗 »

帰ってきた相方号

 代車号を返して、相方号を受け取ってきました。それで両者に違いについて新たに分かったことがあります。まず、勘違いから。サイドブレーキ後方の形状(カップホルダーなど)が違うと思ったのは勘違いでした。また、トランクの床が低いと思ったのも勘違いで、スペアタイヤはやはり下に釣られていました。
 新たに分かった違いはまずは給油口。キャップをはずすと周りに緑のリングがあります。
Daisyafuel
蓋の裏側にオクタン価を示すラベルがあるのですがこれが緑。
Daisyafuel2
どうやら給油間違いを防ぐためにラベルと同じ色のリングをつけたようです。まあ、それはどうでも良いことなんですが(特に日本では)、もう一つ見つかった大きな違いはシートです。シートは代車号を受け取ったときには柄の違いだけだと思ったのですが、返す前に相方にも運転してもらうとシートが低く、かなり上に上げないと外が見えないと。あれれ?そうだっけ?そして、相方号を受け取って見ると・・・確かにシートが高いです。ただし、横から見ると下側の樹脂の台の部分は同じですが、上に載っているシートのクッション部分の厚さが違います。代車号の方が薄く、相方号の方が厚いです。
代車号
Daisyasheet
相方号
Aigatasheet
また、代車号は左右のレザーの部分の高さよりも中央の布の部分の高さが低いようです。相方号がファブリックシートですが、全体的につっぱっていて中央がむしろ高め(物理的な高さは勿論左右が高いですが)。この結果、座ると代車号はシートに体が沈みこみますが、相方号はそうなりません。なので、低く感じるのです。私は代車号の方が良いですし、疲れも相対的には少ないです。
 それと足回りの違いは、やはりタイヤだけではないようです。行きに高速使いましたが、ジョイントを乗り越えた時に当たりは柔らかいものの動きが大きいように感じます。街中だと良いですし、保土ヶ谷バイパスや小田原厚木道路でも問題なかったのですが、制限速度がより高い東名だと、やや柔らかく感じます。タイヤの違いも勿論あるのでしょうけれど、やはり設定も違うようです。素人なので正確にはわかりませんが、バネが少し柔らかいような?多分、超高速巡航すると相方号の方が良いでしょう。単に柔らかければ乗り心地が良いとはいえませんが、ルーテシア(=クリオ3)を日本で乗り場合には、代車号の方があっていると思いますし、疲れません。ただ、大きな負荷をかけた時は、多分、相方号が上でしょう。それは足回りの違いもありますし、タイヤの違いもあります。エナジーセーバーは負荷かけるとあっさり鳴き出します。グリップもコンチネンタルの方が上でしょう。
 パワステについてはよりスムーズなのは代車号ですが、相方は軽いといい、確かに比較すれば相方号の方が軽いです。タイヤの違いもあるでしょうけれど、パワステ自体も違いそうです。それとタイヤの差もやはりあり、ロードノイズは代車号の方が圧倒的に少ないですね。なお、アイドリング時の振動はむしろ相方号の方が大きかったです。(^^;ただし、エンジンはやはり相方号の方が良いです。
 代車号を相方が運転した時に後部座席に座ってみましたが、悪くなかったです。これなら義父が乗っても平気ではないかと思えます。相方号の後部座席はかなり恐ろしいですが(苦笑)。
 総じて、代車号はより日本にあっていると思います。相方号は欧州では良いでしょうが、日本で乗るにはちょうど良い速度領域が高すぎる気がします。誤解を恐れずに言えば、タイヤが薄い代車号の方が日本の実用車としては適しており、相方号は相対的にはよりスポーティということが出来ます。シートは代車号の方が低くてスポーティですが。なので、相方号の位置づけを考えると、代車号に相方号のエンジンが乗れば理想に近いでしょう(ルーテシア=クリオ3としては)。
 ああ、そうそう、返却前に給油しましたが、347kmは走って、34.7Lなので、ちょうど10km/lでした。高速巡航もありましたが、過半は一般道で渋滞もあったので、まずまずです。この一度だけでは断言できませんが、相方号よりも少し燃費が良い気がします。
 それと代車号のナビ、エアコンが使いにくいと思っていましたが、前に倒せることが返却した時にわかりました。(^^;

Daisyanavi

後、タコメーターの異常も現象は結局でませんでした。エンジンだけ変ですが、なかなか良い車でした、代車号。

 タイヤだけ交換しても代車号と同じにはならないでしょうが、それでも改善はされると思います。少なくともロードノイズは減ると思いますし、燃費も良いかもしれません(転がり抵抗が低い)。ちょっと早いけど、交換検討した方が良さそうです。シートはどうにもなりませんが(いや、お金かければ部品とって交換できますけど)。
 相方号に乗って帰っただけで腰が疲れました。40分も乗っていないのですけどね(苦笑)。代車号の方は疲れず、今日も相方号を引き取りにいく前に宮ヶ瀬までいってきましたが、疲労もなくまずまず快適でした。先週の台風、今週の渋滞がなければもっと乗ってみたかったです。なお、宮ヶ瀬ダムは台風で水がたまったかと思いましたが、依然、水位は低いままでした。
Miyagasemizusukunai

 

|

« お茶目な代車号 | トップページ | 新型ルノー・ルーテシア(クリオ4)試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた相方号:

« お茶目な代車号 | トップページ | 新型ルノー・ルーテシア(クリオ4)試乗 »