« ポロ・ブルーGT | トップページ | ルーテシア NIGHT & DAY »

新型ルノー・ルーテシア

 相方号を車検に持っていったら、新型ルーテシアが展示されていました。試乗車はまだのようですが。展示されていたのは最上位グレードのインテンスです。営業氏いわく、これが売れ筋になるでしょうとのこと。
Nlf
 写真で見ると変な気がしましたが、実物はそうでもありません。まあ、ルーテシア3=クリオ3の方が好みではありますが。この水色はなかなか良いですね。この色は好きです。
Nlr
 ドアのノブが窓の後方にあり、ぱっとみ3ドア風。また、リアのライトも分割されていて、横長。この辺はアルファロメオの147に似ていますね。リアのガラスはルーテシア3よりも小さめですが、横を黒くしてぱっと見、幅広く見えます。ドアの下側の黒い横長の部分は特徴的ですね。
 ルーフは空力のためか突起があります。アクアや208もそんな感じでしたね。
Nlroof
 タイヤは205/45R17と薄いです。
Nltire
 展示車はミシュランのプライマシー3でしたが、コンチネンタルの場合もあるようです。これは先代も同じだそうで、相方号はコンチネンタルでした。
 リアのトランクを開けると、底が低くなっているなあと思ったら、カーペットをめくってもスペアタイヤはありません。下側につられていました。
Nltrunk
 トランクの周りの樹脂部分にはシボがつけられていますが、どうあんでしょうね。個人的には無くても良い気がします。
Nlrearsibo
 リアサスはトーションビーム。
NllrNlrearNlrr

 

フロントはストラットは変わりありません。
NlfrNlflowNlfl

 後部座席は少し広くなったのかな?
Nlrearsheet
 シートはレザー・ファブリックコンビですが、ほとんどビニールかも?外装色に合わせて内装の色が変わるのは良いですね。これはインテンスだけだったかな?
 前部座席は変わっているようであまり変わっていないような?
NlinteriaNlinteria2Nlfrontsheet
 メーターは全然違いますね。
Nlmeter
 後写真では反射してうまく撮れませんでしたが、変速の+ーが引いてアップ、押してダウンの正しい向きに変わっています。これは素晴らしい!勿論、せっかくのDCTなのでパドルがあるとなお良いのですけどね。オートエアコンがスイッチからダイヤル式に変わっています。これは理想的です。私は好きです。
Nlaircon
 ドアの内側は、布張りだった部分が樹脂に変わっています。ピアノブラックみたな光沢のある黒の樹脂部分が多いのですが、これは私は好きじゃありません。安っぽく感じます。
Nlinteriaairout
 前
Nldoor
 後
Nlreardoor
 足元はあまりかわっていない気がしますね。
Nlpedal
 グローブボックスの上に物入れがありますが、さて実用性はどうでしょう。
Nlnavi
 小さいアームレストがついてその中に物入れが出来ています。
Nlconsole
 バニティミラーのカバーが付きました(先代はなし)。照明は依然ありませんが。
Nlbanimirror
 エンジンは1.2L四気筒ターボ+6速DCTで、ライバルといえるポロとほぼ同じ。
Nfengine
 1速少ないですが、パワーは88kW=120馬力、190NM=19.4kgmなので、ポロよりも上ですが、車重は1210kgなので110kg重たいです。まあ、動力性能は同等でしょうね。
 吸気のパイプに何故か横長の穴が複数あけられています。何か意味があるのでしょうけど、なんでしょうね?
Nlengineairinte
 ま、実際に乗ってみないとわかりませんが、タイヤが薄いのは気になりますね。デザインは好みもあるとは思いますが、Bセグなので、高級感はないのは当たり前でしょう。ピアノブラック調の部分だけ好みにあいませんが。
 引き取りに行く頃には試乗車も来ているかな?さて、どうでしょう?教祖様=福野礼一朗氏は結構ほめていたのと(ただし、トーションビームの評価は当てにならないというか、私と嗜好が違いすぎるので、なんともいえません)とある理由で期待しています。とある理由とは?それはこの次に。

|

« ポロ・ブルーGT | トップページ | ルーテシア NIGHT & DAY »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型ルノー・ルーテシア:

« ポロ・ブルーGT | トップページ | ルーテシア NIGHT & DAY »