« 新型ルノー・ルーテシア | トップページ | チャンドラ・ボーズ »

ルーテシア NIGHT & DAY

 台風のせいで凄い風雨でした。日曜日は早朝から激しい風雨。でも、午後回復。夜にまた激しい風雨になりましたが、昼過ぎには雨もあがり、風も収まりました。直接の被害は幸いありませんでした。今日が祭日でなかったら、会社にはいけず、自宅勤務になっていたでしょうけれど。

 さて、本題です。今まで、車検で代車を出してもらったことがなかったのですが(複数台所有だったし、自分の車だけの時代は、代車でMTは望めなかったし)、今回は同じルーテシアを代車で出してくれるというので借りました。まあ、本音を言えば、どうせなら違う車が面白いかなとも思いましたが、また日産のCVTなんぞ出してもらっても意味はないので、まあ、同じ車なら良いかなと。
 でも、これがある意味で、大事件?を引き起こしました。用意されていたのはルーテシアのATですが、末期にあったNIGHT & DAYでした。
LdaisyaLnd
 限定車というほどではないのですけれど、我が家のルーテシアとはちょっと違う部分があります。まずは、タイヤが、185/65R15ではなく、195/50R16です。銘柄が相方号はコンチネンタルのピレミアムコンタクト2だったのが、代車号はミシュランのエナジーセイバーでした。
LndtireLndtiref
 ただ、タイヤの銘柄は元々二種類あったようで、我が家はたまたまコンチネンタルだったに過ぎないようですが。
 ボディの色は黒ではなく、青みがかった暗いグレー。ドアノブも相方号はシルバーの塗装ですが、ボディ同色です。シートもレザーコンビ(といっても、ビニールのような?)で、柄も違っています。
Lndsheet
 また、内装のシルバーの塗装の部分がピアノブラック調の光沢のある樹脂(新型と同じようなもの)です。これは相方号の方が良いです。
Lndinte
 細かい部分では室内灯のスイッチが変わっています。
Lndlight
 ちょっとコストダウン?サイドブレーキ周りも違うような?これはモデルイヤーの違いなのでしょうね。
Lndconsole
 それとトランクを見ると床が低いです。
Lndtrunk  
 あれ?とカーペットをめくるとジャッキはあるもののスペアタイヤがありません。Lndtrunksita
 ということは?下を覗くとそこにつられていました。
Lndrr
 相方号はトランクの中にあったような・・・・と思ったのですが、これは勘違いだったかもしれません。こんな根本的なところは変えませんよね。
 ついでにサスペンション周り。

LndflfLndflLndfront

Lndrl
 純正ナビが付いていますが・・・・いやあ、しっかり固定しないと駄目ということなのでしょうけど、このつけ方はあまりに無残ですね(苦笑)。
Lndnavi0Lndnavi
 エアコンの表示が見えませんし、操作もやりにくいです。走って車が揺れると、ぎしぎし音を立ててました(苦笑)。2DINのナビがつかないので苦労していますね。ちょっと笑えるのはナビそのものは我が家と同じパイオニアのポータブルナビだということ。オーディオのケーブルはわざわざ中側を通していますが。
 それから細かいことですが、フロアマットがかわっていて、助手席側がすべらないように滑り止めがついたと相方がいっています。私はどうだったか覚えていませんが。
Lndfloarmat

 それとキーも変わっています。知っている人は知っているという話すが、ルノーのリモコンキーはキー本体のは使えません。なんでも、電波が強すぎて、日本では電波法の規制に合致しないとか。それで別のリモコンキーがついています。これが今度は電波が弱いのか、反応が悪いし、有効距離も短いです。それが代車号リモコンキーが別なのは同じですが、違う種類のがついています。で、これがどこかで見たことあるようなもの。
Lndkey
 そう、エリーゼのコブラと同じです。写真は上がエリーゼ、下が代車号です。なお、反応が良いし、有効距離も長くなっているようです。これもいいなあ。まあ、新型ではついに本体キーが使えるようになったらしいですが。

 さて、荷物を入れ替えて、帰ろうとして敷地から道路に出たら・・・・あれえ?あれえ?あれれ?なんか乗り心地が良いような?しばらく走って・・・やっぱり乗り心地が良いです。相方も乗り心地が良いと。はて?これはどういうことでしょう?タイヤは65から50で薄くなっているのですけれど。まさか、タイヤの銘柄の違いでこれだけ違う?
 ミッションは最初は同じかと思ったのですが、全体的につながりがスムーズです。まあ、MTで言えば半クラ多用しているようなものかもしれませんが、変にガツンと大きなショックで変速されることはほとんどありませんから、こちらの方が良いでしょう。エンジンは低速トルクが無いのは同じですが、上は、相方号の方がまわる気がします。そして、音はなんか変です。エンジンの音そのものは同じだと思いますが、他に何か色々音がしています。ミューミューとおうかそんな音がしますし、エアコンもなんかちょっと違う音がしています。
 それからパワステも良くなっているように思います。相方号は電動です!という感じですが、こっちはより自然でスムーズです。それとフロントタイヤの感触もかなり違います。軽いのですが、しっかり手ごたえがあるというか、言葉で表すのが難しいのですが、ともかく良い感じです。これはパワステの改良だけではなく、タイヤの銘柄の違いもあるかもしれません。
 高速道路も走ってみましたが、やはり乗り心地は良いです。トーションビームですので大きな入力を受けた時にリアが派手に動きますが、その衝撃が丸く、また収まりも早いです。なので、乗っていて車がある程度揺れても、頭が動きません。相方は号はどこでも始終頭が動き続けるので疲れます。それは相方も同じで、よく眠れるといいます。相方号だと動くのですぐに目が覚めると。
 車検に出したのが土曜日だったので、日曜日に天気が回復してから出かけて走り回りましたが、やはり乗り心地はどこを走っても相方号よりも良いです。
 シートは柄の違い程度で実質的には同じですから、腰の裏が圧迫されます。ただ、頭が動かないので疲労感は少ないです。シートが駄目で疲れると思っていましたが、圧迫されるだけ(これはクーガも同じ)で、実施の疲労は車の動きによるものだったようです。
 後、これは、違ったのではなく、同じだった、のですが、ルーテシアは時々ブレーキが鳴くような音がします。これは代車号も同じでした(苦笑)。
 エンジンは相方号の方が良いですが、乗り心地、ステアフィール、ミッションは、代車号が圧倒的に良いです。もし、相方号が最初からこれと同じだったら・・・乗りたくないと思ったりはしなかったでしょうね。結果的に、クーガを買うことも無かったかもしれません。後部座席は乗っていないのでわかりませんが、どうようによくなっているのなら、義父も乗ってくれるでしょう。
 うーん、参りました。もし、乗り心地の差がタイヤにあるのなら、タイヤを交換すればすみますが、そうでないとするとどうにもなりません。しかし、モデル末期に結構、変更していたのですねえ。うーん、改良は良いことなのですけど・・・なんで、最初からそうできないかなあ。出たばかりの新型は問題があり、その後改善されていく、というのは良くあることではありますが、ルーテシアの場合はフェイスリフト前もいれればもう結構長いこと造っていた訳ですから、最後にここまで改善されるとは。
 まあ、乗り心地はタイヤの違いである可能性は皆無ではないでしょう。自動車評論家がほめていたのは、タイヤがミシュランだったせいかもしれませんから・・・ミシュランは別に好きではないですが、出来たら、タイヤの差であって欲しいです。タイヤなら交換は簡単ですから。まだ、交換には少し早いですが、もっと長くのるなら、次の車検までにはタイヤは交換が必要になるでしょうし。
 しかし、次の週末に相方号を引き取りに行くのがちょっと怖いです。この乗り心地の差は営業氏に伝えてあって、代車号をもっと乗ってみたなかったので、引取りは月曜日にしてもらいました。その時、営業氏も乗せて、試乗コースで、相方号と代車号の比較をすることにしています。さて、どうなるでしょう?
 それとこうなると新型ルーテシアにも期待出来ます。引き取りにいく頃には試乗車も用意されているようなので、旧型2台、新型の比較が出来そうです。

|

« 新型ルノー・ルーテシア | トップページ | チャンドラ・ボーズ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

やっぱり タイヤか!!

昔 ルーテシアⅡRSを新車で買って、1万km走ったころから ハブベアリンが 終わったような 大きな音がし始めました。
Dのメカもベアリングが死んだような音ですと認めるも、一万キロで死ぬこともないでしょうということで、一週間預けて様子を見てもらいました。

ひそかに 預かっているほかの顧客のタイヤを履かせたら音が消えたとのこと。
RSのタイヤは レアなサイズなので ヨコハマにしかチョイスがなく それに交換したところ、乗り心地も大いによくなり びっくり!?

タイヤは大事です。

投稿: tame | 2013年9月17日 (火) 12時10分

tameさん、こんにちは。
 タイヤだと良いのですけどね。でも、うーん、タイヤだけとも思えず。帰ってくればはっきりしますが・・・本当に怖いです。

投稿: | 2013年9月19日 (木) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルーテシア NIGHT & DAY:

« 新型ルノー・ルーテシア | トップページ | チャンドラ・ボーズ »