« エリーゼ、またバッテリーが・・・ | トップページ | 山梨県立考古博物館 »

フィットも一線を越えた

 新型フィットが発表されましたね。ハイブリッドの燃費(JC08モード燃費)は36.4km/lで、プラグインハイブリッド(とEV)を除けば、トップ!でも、よくよく見るとインチキ、は言いすぎにしても、それはJC08モード燃費スペシャルグレードによるものです。36.4km/lなのはベースモデルだけで、売れ筋になるであろうFパッケージとLパッケージは33.6km/lです。パドルがつく(仮に我が家で買うとしたらこれ)Sパッケージだと31.4km/lとこのクラスのハイブリッドにしては平凡です。直接のライバルであるアクアはグレードによらず、35.4km/lですから、実際にはフィットハイブリッドのカタログ燃費はアクアに劣ると言えるでしょう。
 それにしても、何故これほどまでに違うのか?理由は車重の違いのようです。ベースグレードは1080kg(アクアの上級グレードと同じ。アクアの下位グレードは1050kg)ですが、Fパッケージ、Lパッケージは1130kgで、50kgも重たいです。それにより、JC08モード燃費の計測の際の負荷重量がベースは1130kgなのに、上位グレードは1クラス上の1250kg。なので、一気に悪化するようです。
 まあ、これはJC08の測り方に問題があるのですが、アルトエコでもありましたね。アルトエコとライバルのミライースを比べるとアルトエコは710kg、ミライースは730kg。燃費は33km/l対33.4km/l。いずれも2WD。これは双方マイナーチェンジした後の数値です。デビューした時は、740kgまでだと800kg、855kgまでだと910kgなので、普通のミラの760kgから、20kg減らすために燃料タンクに20lしか入らないようにしました。(タンクの本来の大きさはミラと同じ30l)。当時はそれでやっと730kgにして、ミライースと同じクラスにしています。マイナーチェンジで更に20kgの軽量化に成功し、今は710kgなので、燃料タンクは30lに戻すべきだと思いますが、そうなっていません。10kgに満たない重さでも、mの単位でカタログ燃費を争うのなら軽い方が良いからでしょうか?私には燃料タンクの容量を小さくするインチキをインチキでしたと認められないからだと思えます。ちなみにミライースは30lです。当時のミライースの燃費を超えるために無理やりやった燃費スペシャル技です。結果、あっさりミライースに抜かれました。車としてのよしあしは別にして、カタログ燃費だけの戦いでは、ミライースの方に余力があったようです。当初、ミライースが30km/lで、タンクの容量を減らすまでして30.2km/lを達成するも、マイナーチェンジで、ミライースが33.4km/l、アルトエコが33km/lで結局、負けていますから。
 フィットに戻ると、アルトエコと同様に燃料タンクを小さくしています。ベースグレードだけ32lです。他のグレードは40l。明らかにアクアと同じ1080kgになんとか収めるための策です。まあ、本当に燃料タンクが小さくなっているのなら良いですけど、大きさは同じでしょうね(仕切りを入れてたのか他の方法で入る量を規制したのかはわかりませんが)。
 実際の燃費は車重が50kg違うので、ベースグレードの方が良いとは思いますが、航続距離は明らかに劣るでしょう。カタログスペックでも、
 32*36.4=1164.8km
 40*33.6=1344km
と180kmほどベースグレードは短いです。実際の燃費の差は2.8km/lもないでしょうから、もっと広がるでしょう。まあ、普通に使う分には32lでも問題はないでしょうけどね。アルトエコの20lほど極端に小さくはありませんから。それとあくまで(実際に購入する人は少ないであろう)ベースグレードだけにとどめたのは、逆にホンダに良心が残っていたということが出来るかもしれません。

 後、Fパッケージ・LパッケージとSパッケージの重量差は10kgでどちらも負荷重量は同じクラスだと思いますが、2.2km/lの差があるのは何故でしょう?一番大きな違いはタイヤですから、やはりタイヤなのでしょうね。前者は185/60R15、後者は185/55R16です。このサイズの違いは極端な差を生むとは思えませんから、タイヤの銘柄、指定空気圧の違いでしょうね。つまり、前者は極端なエコタイヤ、後者はスポーティな仕立てのタイヤなのでしょう。ということは、乗り心地はSパッケージの方が良いということもありえますね。サスペンションまで違うのかどうかはわかかりません。エンジン・スロットルの特性までは変えていないでしょうけれど。

 なんにしても、普通のユーザーが買う仕様だとフィットハイブリッド、アクアに負けています。それを一番!と宣伝するのはいかがなものでしょうねえ。アルトエコと同じでカタログ燃費のために超えてはいけない一線を越えてしまったと私は思います。ホンダがそれをやるのはいかがなものでしょう?本田 宗一郎氏は草葉の陰で泣いている・・・怒っているのではないでしょうか?

 何度も繰り返し述べているようにエコカー減税のエコカー認定とモード燃費の計測方法には大きな問題があります。車を重たくするとエコカーになり、実際の車の重さが軽くなる訳ではないのに燃料タンクに入る量を減らすとカタログ燃費がぐんと良くなるというのは。
 後、ここをみれば分かりますが、
http://www.mlit.go.jp/jidosha/sesaku/environment/ondan/fe_mode.pdf
 一応日本の街中での走行を想定しているのか、結構停止状態の時間が長いです。なので、アイドリングストップの効果は大きいでしょうね。ま、コストを除けば、アイドリングストップそのものは悪いことではないと思います。無駄なガソリン消費には違いありませんが(エアコンなどの対策は必要にしても)。ただ、当然ながら、高速巡航では逆に燃費を悪くする(重くなるから)でしょうね。

 これでも、10・15モードよりは負荷重量の区分は細かくなったそうですけどね。設備の問題があるのかもしれませんが、例えば、車重さ+xxkgという風に決めれば、より良くなりますし、無理な重量低減(重量は低減すべきではありますが、カタログ燃費対策のためだけのは無意味)も行われなくなるでしょう。エコカーも同様に目標の燃費と車重さを比例させれば、装備追加して重くしてエコカー認定を得るなんて馬鹿なことはなくなります。

 まあ、実際の車としての良し悪しは別の話ではあります。これは実際に乗ってみないとわかりません。が、アクアを我が家で買うことはないので、試乗にいけません。(^^;プリウスを一度試して、ちょっと走っただけで全然駄目でしたしね。フィットだとSパッケージならDCT+パドルつきですから、乗り味が良ければ、相方号の候補にはなりえます。EVモードがついたとはいえ、基本的には電気ターボなのは同じだと思いますし。今回はもう車検なので間に合わないでしょうけど、時間があれば、試乗にいってきます。

|

« エリーゼ、またバッテリーが・・・ | トップページ | 山梨県立考古博物館 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィットも一線を越えた:

« エリーゼ、またバッテリーが・・・ | トップページ | 山梨県立考古博物館 »