« 亀塚古墳と中津城 | トップページ | 大和ミュージアム »

田川市石炭・歴史博物館

 さて、四日目です。この日は親戚周りして、午後は相方の希望で田川市石炭・歴史博物館に行きました。その前にみやこ町歴史民俗博物館によりました。近くは何度も通っているのですが、時間がなく行きそびれていました。
http://www.miyako-museum.jp/museum/
 失礼ながら小さな田舎の木造の資料館を想像していて、エアコン効いていなくて暑かったらどうしようと思ったら立派な建物でした。
Miyako
ただ、残念ながら撮影禁止。豊前国府、国分寺、国分尼寺関係中心の展示です。今の国分寺は江戸時代に作られたものだそうです。オリジナルはもっとも遅くて、大友宗麟に焼かれたものだとか。まあ、それ以前に失われていた可能性があるようですが。動画の展示を見ていて、三重塔がでてきましたが、これは明治維新後に建てられたものでした。石器や土器など。宇都宮氏関係も。これはもう少しあるといいのにね。思ったよりも立派で、結構見ごたえありました。
 さて、それから田川へ。ナビが案内した道は・・・素晴らしいワインディングでした(笑)。最短ルートで引いてくれたのでしょうけれど、こんな道があったとは。いやあ、AWで帰省していた時代にくれよかった。思ったよりも早くつきました。
http://www.joho.tagawa.fukuoka.jp/sekitan/
 まずはジオラマ。ジオラマ大好きです。(^^)
Tankojiorama
 そして、当時の機械や装備が大量に展示されています。写真を載せるときりが無いので一部だけ。
TankokikaiTaknkogasu
 電話機がなんか軍用っぽい感じもして面白かったです。
Tankodenwa
 そして外へ。外には大きな坑道用の電車やら掘削機などなど。
TankotrainTankotrain2Tankotrain3Tankotrain4Tankokussaku

 

それからボタ山にボタを捨てる時の鉄塔。
Tankobota
  そして、炭鉱住宅。
TankojyuTankojyu3 Tankojyu2
  何故か蒸気機関車も。
Tankojyoki
 中に戻ると今度は坑道内の復元です。初期は全て人力。次第に機械化されていきます。妙にこの人形がリアルです。
TankokoudouTankokoudou2Tankokoudou3
 2階にも展示室はありますが、こちらは撮影禁止。第二展示室は山本作兵衛の絵展示。これは炭鉱で働いていた人がその様子を絵にして残したものの展示です。これは実によくあらわしています。写真で紹介できないのが残念ですが、これは仕方ないでしょう。その奥の第三展示室はこの辺の歴史と民俗の展示。何故かこれも撮影禁止。古墳やら石器やら、まあ、言い方悪いですが、ちょっとありふれた展示でした。
 結構見ごたえありました。夕方から同窓会なのでそれが無ければもっとじっくり時間をかけてみたかったです。
 中津に戻り、今夜の宿は駅側のビジネスホテル。同窓会は、楽しかったです。川重にいる同級生が航空関係の仕事をしていて、先日のP-1量産機のエンジン停止事件の時に乗っていて、死ぬかと思ったと。(^^;その他、色々な話を聞きましたが、ちょっとここに書くわけには行かない話が多くて・・・まあ、一言で言えば、大変なんだなあと(苦笑)。皆、子供が大きくなっていて担任の先生が同級生(教師している人も結構いるので)ということも多々あるとか。後は、かっての恩師の孫の担任になった人も。後、起業した人も何人か。がんばっているなあ。私はぐーたらサラリーマンですが。多いに盛り上がり、楽しい時間を過ごせました。

|

« 亀塚古墳と中津城 | トップページ | 大和ミュージアム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田川市石炭・歴史博物館:

« 亀塚古墳と中津城 | トップページ | 大和ミュージアム »