« 怖い位 | トップページ | 西口・・・ »

ジャガー F-Type試乗

 イヴォークを見に行った時に対応してくれた営業氏が案内状をくれたので、行ってみました。3.0SCでも950万なのでちょっと(ちょっとじゃないか。(^^;)高いのですけれど、絶対天地がひっくり返っても買えないとは言えないです!?エリーゼが宝の持ち腐れ状態なので、もっと普通に乗れて、でも、スポーティーに走れる車で、乗り心地が良ければ、頑張って見ます!ポルシェは実用性が高いスポーツカーですが、私は日英同盟万歳!ですからね、英国車でよいのがあればそれに越したことはありません。
 まあ、ともかく見てきました。第一印象は・・・でかい!です。
F
 いやあ、まあ、確かに幅は広いのですが、とはいえ、ここまで大きく見えるとは思いませんでした。まあ、全長も短いとは言いませんが、今時のこのクラスの車としてみれば長い方ではないので、なおさら幅広く見えるのかもしれません。
 エクステリアデザインは好みもあるでしょうが、なかなか良いと思います。リアの造形はE-Typeを思いこさせます。
Rearetype
 グリルがいくつかありますが、一応、単なる網目模様ではないようです。
GrilBonnetgril
 リアスポがたまたま上げられた状態でしたが、結構、格好良いですね。
RearspoilerRearso
 下回りは今時の車なのでカバーされていて余りよく見えません。
FrrFlowerFrl
RerlRearRearr
 マフラーはまあ普通。
Rappa
 タイヤは、フロント245/40R19、リア275/35R19のピレリのP-ZERO。
FtRt
 あ、このサイズにはオプションの一インチ大きいものですね。標準はフロント245/45R18、リア275/40R18のはずです。最近、ピレリが多いような?気のせいかもしれませんが。
 インテリアは・・・うーん、個人的には余り好きではないですね。ちょっとごちゃごちゃしすぎているような。助手席側にはセンターコンソールに取っ手があるのが面白いというか変わっていますね。
InteriaShiftDoor
 メーターを見ると6800位からレッドゾーン。
Meter
 まあ、そんなものでしょう。エンジンそのものはスポーツカー用に新設計されたものではありませんから、8000、9000回せというのは無理があります。
 なお、試乗車はメモリー付き電動レザーシートですが、これはオプションのはずです。
Doorswitch
 それと左右独立オートエアコンもついていましたが、これもオプション。クルーズコントロールやら結構、オプションだらけです。安い方とはいえ、950万もする車にしては、ちょっとせこいですね。ま、ポルシェもそうですけどね。
 ドアノブがユニークですね。
Doornobu
 ポジションはまずまず。2ペダルで左足ブレーキも普通に出来ます。視界もまあこの手の車としてはまずまずです。シートは悪くはありません。見た目、ポルシェのシートに似ていて、ショルダーサポートないのが残念ですが。
Sheet
 高い方だとショルダーサポートもあって良いのですけどね。ただ、もろもろの操作はなじみがないのが多くてちとわかりにくいです。私は古い人間なので、普通にサイドブレーキがあって・・・というのが好きですね。
 シート後方に物がつめないとか書かれていましたが、まあ、MR並みです(SWは例外的にシート後方が広くて、子供なら乗れるのではないかと思えましたが)。ただ、トランクは確かに狭いです。
Trunck0Trunck
 奥側(あ、後ろからみた場合なので前側というべきか)は高さはほとんどありません。中央に深い部分はありますが、狭いのでポルシェのフロントとランクのようには使えません。旅行かばん二つ積んで二人で旅行・・は無理です。体積を計測すればエリーゼよりも広いでしょうが、実際の有効体積はエリーゼの方が多いでしょう。まあ、エリーゼの場合、熱、という問題がありますが。ロードスターと比べると?ロードスターの方がまだ使えそうですね。
 さて、試乗です。敷地から道路へ出たら・・・うん?なんだこれは!?最大の問題・関心点である乗り心地は、評価が難しいです。一言で言えば、「硬い」です。試乗コースは比較的路面が良い片側二車線から三車線の広い道路で、路面が荒れた場所は少ないのですが、路面の細かい凹凸を拾います。普通ならこれは嫌いで、乗り心地が悪いという評価をするのです。ただ、これはそれが不快とは言えません。硬さが理解出来る硬さ、と表現させていただきます。ちょっと違うのですけれど、エリーゼが硬いか柔らかいかと言えば硬い方ですが、それが不快にならないのと似ています。ボディは強いように思います。数値はわかりませんが、ボディの剛性感は高いと思います。途中で幌を開けてオープンにしてくれましたが、乗り味はまったくかわりません。オープンにしただけで、車の動きが変わるものも少なくはありませんが、そんなことはありません。なので、乗り心地が良い、とはいえませんが、悪いとも言えません。どちらかと言えば、どう使うか次第でしょう。
 エンジンは3LのSC、340馬力、450Nmですので、エキシージSよりも、馬力は少し低いもののトルクで勝ります(排気量はエキシージSは3.5Lで多い)。ただ、アルミボディといいつつ、1730kgもあるので、恐ろしいほど速い、という訳ではありません。十分速いですが、踏むのが怖いほどではありません。もちろん、そこらで踏み切れるものではありませんが。
 ミッションはトルコンの8速ATですが、パドルつきで、変速速度は十分です。当然のようにシフトダウンするとブリッピングしてくれます。ま、パドルは外から見たら金属かと思ったら、樹脂をオレンジ色に塗ったものでしたが。ちゅっと残念。
Padle
 踏み込むとマフラーが大音量で鳴り出します。私は吸気音派なのですが、この排気音はなかなか良いです。スポーツカーらしいです。いや、ノーマルでこの音でいいのかと思う位(苦笑)。
 ステアフィールは普通です。特に違和感や問題は感じません。ステアフィールで良いなと思えるようなものではありませんが。ブレーキは停止する際にちょっと力を抜かないと、最後かっくんとなってしまいます。まあ、MR以外はよくあることですが。
 総じて良く出来ています。良い車だと思います。これはGTではなく、スポーツカーでしょう。DMにジャガーの真のスポーツカーと書かれていましたが、過大広告とは思いません。確かにこれはスポーツカーです。この車を買ったとすると、週末、早朝に起きて、箱根に走りにいくしかないでしょう(それも芦ノ湖スカイラインではなく、ターンパイクでしょうね)。GTとして使うには脚は硬いですし、荷物がつめません。ボクスター、ケイマンなら実用性は高いですが、F-Typeには実用性はほとんどありません。これは、移動の手段ではなく、走りことそのものが目的である車でしょう。エアコンは効く点がエキシージSとの違いでしょうが、とはいえ、どちらかと言えば、同じ部類です。ということは、エリーゼすら宝の持ち腐れになっている我が家には合わない車です、残念ながら。
 うーん、ちょっと良くわからない車ですね。このサイズ、この重さで、乗ればリアルスポーツ。実用性も見た目よりも低い。いったい誰に売ろうとしているのでしょう?ワインディングやサーキット中心なら、エキシージSの方がふさわしいでしょう。GTとして使うには実用性低すぎます。悪口を言うつもりはないのですが、どういう意図で開発されたのかよくわからない車です。ジャガーが手持ちの技術で作ることが出来たのがこれということなのでしょうけれど、もう少しGTよりに妥協した方が結果的には数は出るのではないでしょうか?まあ、でも、それは貧乏人の発想かな?

|

« 怖い位 | トップページ | 西口・・・ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャガー F-Type試乗:

« 怖い位 | トップページ | 西口・・・ »