« いずも!? | トップページ | パンダ試乗 »

揺らぐ信仰心

 最近悩んでいます。本当に教義は正しいのか、教祖様のおっしゃることが正しいのか、わからなくなっています。これまではずっと正しいと信じることが出来たのですが、本当にそうなのかと疑問に思えてなりません。こんなことでは信者としてはいけないのですが、しかし・・・・・。

 なんの話かと言うと・・・・福野礼一郎教の話ですけれどね(笑)。いや、宗教みたいなものなので、前から勝手に教祖様に祭り上げています。(^O^)ですが、ゴルフ7 コンフォートラインの評価がどうしても納得出来ません。提灯記事を書くに人ではありません(明らかにそういう記事を書く評論家も多数いますが)。が、このゴルフ7絶賛の連続は・・・。
 複数の個体に乗って個体差があるということも明示されています。ハイラインは特に個体差が大きいと書かれています(合同試乗会の個体が一番悪かったとも)。ですが、どれにせよ、コンフォートラインは素晴らしいといっているのです。
 しかし、私が試乗したある個体はとても絶賛されたような素晴らしい車に思えませんでした。個体差であれだけ酷い可能性もなくはないです。しかし、まったく別物というほどの個体差があるとも考えにくいです。
 今までにも評価が分かれる(私の評価と福野礼一郎氏の評価が違う)場合もありましたが、好みの違い(明らかに好みが違う部分がある)に起因していたことがほとんどでした。
 ただ、最近、ずれが目に付いてきた気もしています。最初は981ボクスターでした。私の評価は987最終型の方が良い、です。ただ、これはあくまで街乗りでの乗り心地中心の評価です。負荷をかけた走行はしていませんので、そういう時には981の方が良いでしょう。また、試乗した個体は20インチタイヤだったせいもあると思います。
 次がレクサスISです。ボディを高く評価しています。しかし、私にはそれは感じ取れませんでした。これはAVSが悪さしているのかもしれません。電制ダンパーと相性が悪いですから。また、モーターファン別冊イラストレーテッドvol82の二番搾りはISでしたが、ターンパイクの試乗会では好評評価だったものの、街乗りだと細かい動きがでていて、17インチタイヤの方が良かったと書かれています。私は待ち乗りしかしていませんので、結果的にはそれほど食い違っていないと思われます。
 しかし、ゴルフ7は、普通に走って良さがわかるはずです。ハイラインは電制ダンパーが悪さしている可能性はあります。しかし、コンフォートラインにはそんなものはついていません。考えられる理由はとりあえず二つあります。

1.ボディ剛性
 ボディ剛性は高くはない、並であると評しています。ただし、ゴルフ6も高くはなかったと評しています。私にはゴルフ6の方が良く感じるので、ボディ剛性だけに原因を求めることは出来ませんが、構造の違いで、実はゴルフ7の方が低いのかもしれません。少なくとも剛性感は低い可能性はあります。また、そうだとうすると原因だと実はタイヤの差かもしれません。ボディ剛性がそれほど高くはないが故に細くて厚いタイヤなら良いものの、太くて薄いタイヤだと駄目かもしれません。ゴルフ6もコントートラインは駄目でした。ゴルフ6の場合、違いはタイヤだけではなく、エンジンもありますから、より差が大きいかもしれません。

2.トーションビームに対する許容性の違い
 福野礼一郎氏はポロも高く評価していました。私も評価は低くはありませんが、乗り心地には不満が残ります。また、ゴルフ1、2、3も高く評価しているようです。なので、トーションビーム式サスペンションに対する許容性の違いは大きいかもしれません。8月号のF-Roadの記事中でも大きな入力を受けた時の衝撃はコンフォートラインの方が大きいという荒井氏の感想が述べられており、それに対してそうですかと言っています。
 また、他の自動車評論家は概して、コンフォートラインよりもハイラインの方が乗り心地が良いと言っています。ですから、トーションビームのコンフォートラインの方が良いといっているのは福野礼一郎氏だけといっても良いでしょう(全ての記事を確認したわけではありませんが)。であれば、目のつけ方が違うのかもしれません。
 また、私の場合、乗り心地は、硬い・柔らかいではなく、どれだけすばやく振動が収束するかにより決まります。ガツンときてもすっと一発で収まれば乗り心地は良いと評価しますし、ふわりであってもそれはふわりふわり続くと乗り心地は悪いといいます。また、前輪よりも後輪の動きがより気になり、特に後輪が細かく揺れ続けるのは嫌いです。福野礼一郎氏は前席では前輪の動き重視なのかもしれません。

 他の自動車評論家は?例えば、8月号のティーポで河口まなぶ氏は、ハイラインはCクラスや3シリーズに並ぶ、コンフォートラインはCセグのライバルに圧倒的優位であると評しています。あれあれ?それが正しいとしたらハイラインはそれほど乗り心地が良く無くても不思議ありません。3シリーズの乗り心地は悪くはないですが、私が試乗した個体絶賛するほどではありませんでした。Cクラスも同様です。また、Cセグの車だとフォーカスとAクラスが硬いですが、前席ならまずまず。後は輸入車では乗り心地が良いと思えるのは試乗した範囲内では現行モデルにはありません。国産車ならオーリスがゴルフを圧倒的に上回っていますが。
 福野礼一郎氏の評価を除けば、意外と私の評価と自動車評論家の評価にそれほど違いはないのかもしれません。評論家はCセグの車はあくまでCセグの車との相対評価をしているので、その中で良ければ絶賛になるのでしょう。私は軽自動車から所謂高級車まで少なくとも乗り心地は同じ基準で評価しているので、Cセグで優れているかどうかは関係ありません。後はドイツ車の常で速度を上げれば良くなるのでしょう。私は低速でしか試乗していないので、より悪く感じたのかもしれません。
 が、しかし、福野礼一郎氏は色々な走らせ方をした上での評価ですし、やはりここまで食い違う理由ははっきりとわかりません。うーん、信仰心がやはり足らないのでしょうか(苦笑)。

|

« いずも!? | トップページ | パンダ試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
私が 先生と仰ぐ笹目さんは 以下のようにコメント

1・2で十分というより1・2がおすすめ。1・4はパワフルでラクチンではあるが、高性能なゴルフを所望するのならば今後GTIが登場するだろう。1・4を先に試乗したが、IRSと17インチタイアの組み合わせでは、低速での乗り心地が妙にソフトで上下動が気になった。しかしそこから速度を上げて行くとかなり改善されることも確認。左右輪が同時に段差を通過するようなときのハーシュネスはきつめ。思うに、ブッシュ類のチューンで逃げている部分がその路面状況に対して極端に反応する。その辺は1・2の方が全体に足元の動きは軽快にして寛容。この点ではポロがこれまでのVW車中のベスト。あのヒステリシスを小さく詰めたソリッドな取り付け点の味付けの良さに比べ、同じ会社の製品とは思えない。ゴルフも当然あの延長にあると思っていたのに少々ガッカリ。少し待てば改善されるのだろう。

投稿: tame | 2013年8月 3日 (土) 15時20分

こんにちは。いつも楽しく拝見しております。
ゴルフ7の福野評、僕も?のときもありますが、氏の褒め具合は他の評論家に比べてさほどでも無いと感じるので…とは言えけなすレベルでは勿論無いということで…推して知るべしという感じではないかと。
氏が「コンフォートラインが素晴らしい」と言うのは、値付けを含めて、の意味と解釈しております。価格を考えれば確かに「意欲的」とは言えましょうか…。トーションビームについては、たぶん氏の好みによるところが大きい気がしております。

なお、氏は987ボクスターについてはモーターファン別冊vol.23にて、981よりも「スポーツカーとして」かなり好意的に解釈されていたように思えます。雑誌は981特集なんですが、筆のあちこちから987を絶賛している様に思えます。
なお、福野氏の比較はベースグレード同士でした。これがS同士なら逆転するかもしれません。1週間ほどお借りした987Ⅱの3.4ℓ直噴ユニットはパワー感やフィールは最低でした。ガーガー煩くて、さすがのポルシェも直噴化に慣れていない感じでしたよ。

乗り心地については、感覚を伝え合うのは難しいですね。乗り心地の意味するところはロールス最高の人もいれば僕みたいに997が「好ましい」と考える輩もいます。また座席毎にも感触は違いますし…結局セグメントとカテゴリで分けた方が良い気がします。
ちなみに僕も「ふわりふわり系」は好きではありません。
国産ではリーフが結構良かったですよ(タウンスピードだけですが)。
機会あればお試しください。
長文失礼しました。それでは、また。

投稿: Terry | 2013年8月 3日 (土) 15時26分

tameさん、
 笹目氏の評論は読んでいませんでした。なるほど、その評価なら、私の評価に近いですね(ソフトには感じませんでしたが)。ただ、ポロと比べてどっちがいいかというと微妙。ポロの乗り心地はゴルフ6梅よりはかなり落ちましたからね。ああ、福野氏もポロは絶賛でしたが(好みのようです)。
 ゴルフ7だとGTIが一番乗り心地が良い、ということはあるかもしれませんね。硬ければ駄目とは限りませんから。

Terryさん、
 残念ながら、987の直噴3.4Lは試乗したことがありません。Sは買う気がまったくなかったので、987では試乗しませんでした。981は試乗車がSしかなかったのでSに試乗しましたが、パワーはいらないのでエンジンはあまり気にしていませんでした(苦笑)。馬力は要らないので、7500回転以上まわって欲しい、という趣味ですので。
 リーフを買う可能性はゼロなので、試乗に行くのはちょっと心苦しいです(苦笑)。変速できない車に乗る気はないので。でも、その乗り心地の良さはバッテリーが車の下側に搭載されていて相対的に重心が低いからでしょうか?あ、あまり興味がなかったので正確な構造はしりません。私ならそうバッテリーを搭載するというだけですが。ISだと300hがバッテリーの分重量配分がよくなって、好印象と福野氏は書かれていましたね。
 

投稿: | 2013年8月 4日 (日) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 揺らぐ信仰心:

« いずも!? | トップページ | パンダ試乗 »