« 白爺、久しぶりの散歩 | トップページ | SLK MT試乗 »

ゴルフ7 ハイライン試乗:松は竹と同じ

 AWの散歩で公園に行った時に前を通りがかったらそんなに混雑していないようだったので、帰りに見るだけでもと思って寄ってみました。旧相方号を買ったのとは別のトヨタ系のお店です(色々あって相方が前のお店からはもう買わないと言っているので)。
 ちょうどいったら試乗から試乗車が戻ってきたところでした。これはハイラインでした。中に入ると展示車がありましたが、これもハイライン。レザーシート付きという豪華仕様でした。対応してくれた営業氏に聞いたところ、初期配車はほとんどがハイラインだったためとのこと。うーむ、数が出そうにないハイラインを先に売りつくそうというフォルクスワーゲンジャパンの作戦!?
 さて、ゴルフ7の第一印象ですが、実物を見るとやっぱりゴルフ・・・といいたいところですが、見た目の印象はエクステリアは結構違います。全体的には確かに「ゴルフ」という感じですが、プレスラインが3本くっき横に入っていて、今までと何か違う、という印象を受けます。また、Aピラーの付け根の三角窓がつきました。

 

下側を覗くとフロントカバーがあって余り見えず面白くありません。
GfrGlf
  リアはちゃんとトーションビームではないです。
GlrGrr
  ゴルフなのでマフラーにラッパ(マフラーカッター)はついていませんが、二本出しにするのは格好だけでしょうね。
Grappa
 リアハッチを開けるノブはVWマークのままでした。ここにバックカメラもついています。トランクルームは二重床になって、上側に上げると後席を倒した時にフラットになるそうです。また+12Vのコンセントもついていました。なお、テンパータイヤもついています。
 ドアを開けるとドアポケットが大きくなっているのが目に付きます。
GdoorGinteGmeter
  この車はレザーシートなので電動です。が、メモリーはあいかわらずついていません。電動ならメモリーが欲しいです。メモリーがないなら手動でいいです(うちのクーガも電動でメモリー無しですが・・・)。
 大きく変わったがペダルです。アクセルがオルガン式から吊り下げ式に変わりました!改悪だという人もいるかもしれませんが、私には朗報です。私はオルガン式のアクセルペダルと相性が悪いので。見るとブレーキは金属でしたが、アクセルペダルは樹脂でした。軽量化?
Gpedal
 ドアやらインパネやらにカーボン調の加飾があるのは気に入りません(好みに合わない)。
Gcarbon2Gcarobon
  エアコンやオーディオの周りのピアノブラック調のパネルも私は余り好きになりません。マツダが多用していますが、高級には感じられません。ただ、これらの加飾はハイラインだけで、コンフォートラインとトレンドラインにはなさそうです。ただ、写真で見るとシルバーの枠でなんかいまいちっぽい感じが・・・。実物を見るまで評価は保留します。
 自動車評論家の先生方は大絶賛でしたが、室内の質感は普通です。まあ、好みに合わない部分が足を引っ張っている面はありますが・・・・・。これならV40の方が良いでしょう。もちろん、質感が低いとか見るに耐えないデザインだという訳ではないですが、ゴルフ6と比べると好みの問題という程度で画期的に質感上がっているとは思いません。下側の樹脂はゴルフ5の時代から同じ比較的質感の低い樹脂(塩ビという感じの)です。
 サイドブレーキは本当についていません。ただ、電気式パーキングブレーキのスイッチはサイドブレーキの跡地?にあり、操作はサイドブレーキと同じなのでまだましですね。ポルシェは遠いのでちょこちょこ操作するのが面倒です。なお、栓抜きは無くなっています(ゴルフオーナーにしか意味通じないかもしれませんが)。
Gshift
 対応してくれた営業氏がどうやらメカ上がりの人のようで(トヨタではよくありますね)、AWで行ったせいで、ホワイトランナーですね、確か限定車でしたよね?と。おー、ホワイトランナーに反応してくれた営業さんは始めてです!本人は92をいじり倒した人で、最後は5バルブに乗せ変えたとか。ゴルフの運転席に座って横に立つ営業氏との会話は普通ならゴルフの説明や感想ですが、しばらく4AG談義で盛り上がってしまいました(笑)。
 そのつながりで、ボンネット開けてエンジンルームの説明をしてくれました。排気量は同じですが、前方吸気、後方排気にかわっています。エンジンは後傾しており、バッテリーも位置は高いですが、バルクヘッド側へ寄せられていて、フロントオーバーハングの重量をなるべく減らそうと努力していました。インタークーラーは先代はラジエーターの後ろに立っていたそうですが、今回はエンジンの前の部分に水冷式のものがついていました。外から見るとインタークーラーという感じがせずわかりませんでした。なるほどね。エンジンルームの印象は、走ってみないとわかりませんが、頭は軽くなったことがうかがわれます。
GengGair
 ボンネットのダンパーは・・・なんか変わった気がしますが、昔のがどうだったかはっきり覚えていません。相方号だったので写真も撮っていないし。後、ラッチがなんか安っぽくなった気がします。コストダウン兼軽量化でしょうか?
Glacth

 で、ここしばらくゴルフを買う(車選びの際に候補にする)予定はないし、まだ出たばかりなので見るだけで帰るつもりだったのですが、意外に試乗も混んでいなくて、営業氏からも是非乗ってみてくださいといわれ、出ている試乗車が戻ってくれば次に行けるということなので、急遽試乗させてもらいました。
 試乗車も前述の通りハイライン。シートは普通ですが、DCC(電子制御ダンパー)がついています。あちゃあ。余計なものが・・・。何度も書いていますが、私は電子制御ダンパーと相性が悪いのですよね。評論家の先生方はコンフォートにすると快適だといっていますが・・・・。
 乗り込んだら、まるで我が家のルーテシアのようにナビの画面が外付けされています。なんだこりゃ?話を聞いたら、従来は標準のオーディオを外して、そこに2DINのナビをつけられたのですが、ゴルフ7はオーディオ部分にLCDパネルがあって、いろいろな情報やら操作をするようになっていて(DCCのモード設定もここで選択する)外す訳にはいきません。当然、ここにナビを表示出来るはずなんですが・・・日本仕様はまだだそうです。結果、まるでルノー(ルノーに失礼な言い方ですが)のよう後付ナビになってしまっています。そのうち日本仕様でもナビがオプションで選べるようになるそうですが。うーむ、ゴルフでこれは・・・。プジョーの208でも似たような話はありましたが、数が違いますからね。ちょっとVWらしくない失敗ですね。
 レザーではないのでシートの調整はマニュアルです。あれ?シート低くなっている気がします。ゴルフ5は一番下までさげてもまだ高く、更にステアリングの位置が高いのでぶら下がる感じになってしまい、疲れるのでシートを少し上げざるをえませんでした。しかし、これは一番下まで下げて普通にあわせられます。Aピラー付け根の三角窓は運転席側は余り役に立ちません。しかし、助手席側は斜め下が見えるので有効ですね。ミラーなども問題ありません。
 さて、エンジンをかけると・・・アイドリングは静かですね。さすがといえばさすがですが、まあ、今時の車では普通でしょう。PからDにいれて・・・あれ?Mがないぞ??S??これでいいのかな??さて、発進。アクセルを踏んでいくと・・・あれ?なんかとろいな。DSGのがさごそ感じは減ったと思いますが、なんかゴルフ6のトレンドラインと同じ程度のトルク感です。スーパーチャジャーが無くなり、最大馬力は下がったもののもののカタログスペックからいえば、最大トルクは増えているのですが・・・。
 ともかく発進。敷地から道路にでたら・・・あれ?あれ??あれれれ???普通なんですけど??感動何もありません。操作すると・・・なんか変だな。パドルでシフトアップすると変速はするのですが・・・あれ?あー、そうか。シフトレバーを更に左に倒さないといけなかったんだ。(^^;考えてみればゴルフ5と同じでです。ただ、何故かぱっとわかりませんでした。その後はちゃんと操作出来ました。
 で、やっぱりトルク感がなくて、とろいです。おかしいなあ、そんなはずはないんだけれど・・・と思ったら、パネルに表示が・・・あ、2気筒で動いている!そう、気筒休止システムがついていたのです。低速、低回転で、アクセルもじんわりとしか踏んでいないので、ずっと2気筒で走っていたようです。そりゃあ、トルク感ないですよね。(^^;無いのではなく、出していない、ので。ただ、後で踏めるところで踏んで見ましたが、やっぱりあんまりエンジンに良い印象がありません。無論、踏めば遅くはないのですが、25.5kgm(250Nm)というトルク感がありません。アイドリングから低回転(まあ、2000回転以下)では静かですが、それより回すと急にうるさくなります。むろん、この「うるさい」は絶対的なうるささというよりも、それまでが静かなせいで、相対的にうるさく感じるのではないかと思います。それと、エンジン音が私の好みに合わないので、音量だけではなく、音質も含めて、うるいさい、です。
 問題の乗り心地ですが、DCCがついているので、コンフォート、ノーマル、スポーツ(とエコもあるけど、足はかわらない)に切り替えがあります。このモード切替は、ハイラインに元々ついていて、エンジンとミッションも変わるようです。で、乗り心地ですが・・・・やっぱり違いがわかりません(苦笑)。確かにスポーツにするとゴツゴツ感がやや増えますが、コンフォートと比べて乗り心地が悪化する、硬くなる訳ではありません。逆に言えば、コンフォートにしても快適性は増しません。乗り心地はほとんどかわりません。タイヤに起因しているのだと思いますが、乗り心地は余り良くありません。あ、良くないは言いすぎかもしれませんが、路面の細かい凹凸を拾って車が小刻みに動くのが気になります。大きな入力を受けた場合に派手に車が動いていつまでもゆれ続けて不快という訳ではありません。なので、著しく乗り心地が悪い、という訳ではありません。しかし、評論家の先生方が絶賛するほど良いとは思えません。
 モードを変えるとエンジンも変わります。スポーツにするとスロットルをより開けるようですし、エンジン音も大きくなる気がします。とはいえ、好みの音ではないので、気持ち良さはないし、うるさいだけですが。250Nmはスポーツモードでアクセルを全開にした時のものでしょう。エコは試していませんが、ノーマル(多分、コンフォートもエンジンは同じ)だともっと抑えられてるのだと思います。まあ、大排気量ではなく、小排気量ターボなので、必要ない時にはガソリン消費量を最低限度に抑えるように制御するでしょうから、アクセルをちょっとしか踏まないととろいのは仕方ないというか、当然なのでしょうね。必要な時にはアクセルを踏めば必要なパワーは出てくるでしょうから。後は、最近私がクーガに乗っているせいもあるかもしれません。重たいとはいえ、2.5Lターボのクーガはちょっとだけアクセルを踏んでも相応のトルクが出ています。ま、燃費はゴルフと同じペースで同じ場所を走ると倍位悪い(消費量が2倍)でしょうけど(苦笑)。
 気筒休止は見事です。振動もありませんし、表示を見ないと止まっていることに気が付きません。無論、トルクがないなあという感じはしますが、それはアクセルを踏んでいないので、車が必要ないと判断しているからです。必要なら4気筒動かしますが、その切り替わりは普通に乗っているだけではわかりません。
 それとブレーキにオートホールド機能がついていることがわかりました。ブレーキを踏んで止まって、ブレーキを離してもそのまま止まっています。アクセルを踏めば動き出します。これは素晴らしい!ベンツと同じです。ベンツはぎゅうっと踏むとホールドされる点が違いますが、これはまあ好みの問題でしょう。これならサイドブレーキなくても困りません。うーむ、これは予想していなかった装備です。評論家の先生方はこういうのはどうでもいいのでしょうか、触れている記事を読んだ記憶がありませんが・・・。
 逆にマニュアルモードだとアイドリングストップが機能しません。ゴルフ6はしたと思うのですが・・・。これはメーカーによってはありますね。マニュアルモードだと駄目なのは。ということはもしゴルフ7が我が家に来たとして、私が運転するとアイドリングストップはついていないのと同じだということですね(苦笑)。ただ、もしかしたら実際はスポーツにはしていることが多かったのでそのせいかもしれません。また、水温があがらないとしない車はあります。ああ、でも、試乗で走り回っているから十分温まっていたので、それは関係ありませんね。やはりスポーツかまたはマニュアルモードだと止まらないでしょう。1.2だとまた制御が違うかもしれません。
 それから、信号で止まろうとした時、車からすると私のブレーキは遅い様で、自動衝突防止ブレーキ機能から警告されてしまいました(苦笑)。
 あ、燃費は良さそうです。試乗開始の段階で積算燃費計は10.6km/lでしたが、試乗が終わったら10.7km/lでした。街乗り試乗で燃費が伸びたので、これは良さそうです。
 総合的に見て、燃費の話は別にして、乗った感覚(乗り心地やエンジンフィール、その他NHVなど)で言えば、ゴルフ6の竹=コンフォートラインと似た印象です。決して不出来ではありませんが、乗り心地とエンジンが好みに合いません。言い換えるとゴルフ6竹が進化したものだと思います。乗り心地もタイヤサイズを考えれば良くなっているというべきでしょう。燃費も恐らく良くなってるでしょうし、ミリ波レーダーをつかった前車追従クルーズコントロールに自動衝突防止ブレーキやらなんやら、従来なかった色々な機能が追加されています。だから、6から7へちゃんと進化しています。ただ、そういうおまけは別にすると、ゴルフ6竹とほとんど同じです。本来ならゴルフ6松と比較する必要がありますが、残念ながら試乗する機会がありませんでしたので、直接の比較が出来ません。

 うーむ、大絶賛している先生とは私は感じ方が違うのでしょうか?それともおまけが大事なのでしょうか?まあ、教祖様こと福野礼一郎氏は、よく出来たドイツ車と言っていたので、こんなものかもしれません。やはり、1.2のコンフォートラインかトレンドラインに試乗してみないと結論は出せません。ただ、少なくともハイラインはいりません。仮に次の車購入時にゴルフが候補になるとしても、ハイラインはありえません。ゴルフ6のコンフォートラインと同じです。悪い車ではありませんが、積極的に選びたいとは思いません。まあ、大絶賛で期待が大きすぎたというのもあるとは思いますが。でも、1.2のゴルフ7はとりあずおいとくとすると、このクラス(116、Aクラス、V40、フォーカス、ゴルフ)の中で言えば、乗った感覚で言えば、私はフォーカスとAクラスが良いです。もし、フォーカスにパドルがつけば一番でしょう。いまだとパドルの代わりに最悪の変速スイッチがついているので、選択することはありません。Aクラスは問題点はありますが、乗り心地は一番良いですし、パドルとブレーキホールドもついています。V40は乗り心地がいまいちでパドルがありません。ゴルフ(ハイライン)は乗り心地とエンジンが好みにあいません。116は欠点は特にないのですが、乗り心地が先代のモデル末期よりも悪化(というか、柔らかくなりすぎ)しており、どうにも好みにありません。なので、今このクラス(1.2のゴルフは別にして)の中から一台選べと言われるとAクラスを選びます。フォーカスがMTだったらぶっちぎりでフォーカスですが。ああ、現状、日本で新車で購入出来るCセグのハッチバックからだとオーリスですね。クラッチペダルの角度だけが問題ですが。
 もちろん、一般的に見て、オーリスがゴルフ7に勝てるのかというと無理でしょう。ハイテク装備でも負けていますし、燃費も単なる1.8L NAだから負けているでしょう。内装の質感もゴルフは普通だったと書きましたが、オーリスはこのクラスの中では厳しいです。乗り心地は一番良いですし、エンジン音も予想に反して良かったです(RSの場合)が、それは私の評価であって世間一般の評価とは違うかもしれません。CVTであることを我慢すれば、次期相方号をCセグハッチバックから選ぶとしたらオーリスでしょう。相方はでかいから要らないというでしょうけど(苦笑)。

|

« 白爺、久しぶりの散歩 | トップページ | SLK MT試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

知り合いが 試乗に行ってきたというので、 火曜日に私も。

先生がたがたいそうお褒めなので期待が大きすぎたのか、 むにゃむにゃ、、、
同乗の営業氏は ロードノイズ大きいのは何とかかんとかこっちが指摘もしないのに 云々
ピレリのの安いタイヤのせいかもしれません。

メガーヌⅡ ph2 1.6Lで行ったのですが、当分メガーヌのままでしょう。

帰り道、フォードDに寄って フォーカスのことを褒めてあげときました。
早く フィエスタをもってこいや!

では

投稿: tame | 2013年7月 4日 (木) 00時51分

こんにちは。
「ゴルフ7ハイライン=ゴルフ6コンフォートライン」説は同感です。
エンジンに関しては、ゴルフ6ハイラインのツインチャージャーに質感もパワー感もかないませんね。
ゴルフ6のツインチャージャー、恐らくコスト高なのでやめたのでしょう。
ゴルフ6のハイライン、売れなかったから…。
それどころかゴルフ7、意外にコスト削減部分が目立つのですよね。

ただ残念なのは、このゴルフに対抗できる国産ハッチバックが無いことです。
国産メーカーには、いつまでも「ベンチマークを追う」という、自らの限界を自らで決めてしまうような精神構造は破棄して、
自らがベンチマークとなるような車を作って欲しいと思います。
(セダンもその他もですが。いつまでもBMW3をベンチマークに…なんて情けない)

それでは、また。

投稿: Terry | 2013年7月 5日 (金) 10時15分

Tameさん、Terryさん、
 コメントありがとうございます。私だけでなくてほっとしています。

Tameさん、
 フィエスタ、早く導入して欲しいですね。フォーカスが売れれば・・・。ただ、フォーカスとゴルフ7ハイラインがほぼ同じ値段。燃費だ、おまけだ、ブランドバリューだと考えると正面から戦えれば、ゴルフ圧勝なんでしょうね。

Terryさん、
 確かに軽量化もあるかもしれませんが、コスト削減されている感じはします。そりゃ、おまけが色々増えてお値段上がっていませんからね。どこかを削らないと。
 Cセグハッチバッグの輸入車と国産車では価格差が少なくないので正面きって戦う車にならないのはわかりますが、海外ではぶつかるのですよね。ただ、書いたように質感などは別にして走りはオーリスは私は良いと思っています。

 ゴルフ7、1.2にも試乗しました。明日には試乗記書くつもりです。果たして、神はいたのかどうか?少しお待ちください。

投稿: MOY | 2013年7月 6日 (土) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフ7 ハイライン試乗:松は竹と同じ:

« 白爺、久しぶりの散歩 | トップページ | SLK MT試乗 »