« ケイマン(981)試乗 | トップページ | ルノー・メガーヌGT220試乗 »

クーガ、千葉へ行く

 先週末、義父を乗せて、千葉にいってきました。といっても、東京湾フェリー経由で館山まで行って、帰りはアクアライン経由で戻ってきただけですけれど。
 やはりクーガは義父に好評で、結構な長い時間乗っていましたが、特に疲労もなく、楽しかったようです。乗り心地なども問題なさそうです。相方も同様に問題ないようで、帰りは寝ていました。
 私は・・・うーん、腰の後ろが圧迫されます。この現象は過半の車で出るので、私自身の問題(体型、姿勢など)に起因しているのかもしれません。まあ、エリーゼだと平気なんですけどね。とはいえ、降りたら腰が痛いという訳ではなく、座っている時に圧迫感を感じるだけですが。これがルーテシアだと本当に痛くて疲れます。アルテもそうでしたが。後は、なれないポジションですが、特に疲労は感じません。
 乗り心地は・・・うーん、先日、ケイマンに試乗してから、ボディ剛性(感)が低く感じられてしまいます。この手の車としては別に悪くはないのですけれど、良いのを味合うと駄目ですね。昔、エリーゼ(S1)に乗った時に乗り心地の基準が変わったのと同じで(エリーゼが素晴らしく良かったので、他の車が酷く悪く感じるようになった)、ケイマンとどうしても比べてしまいます。まあ、値段は半分ですからね。比べる方がいけないのですけれど。
 それよりもトルコンATが気になってきています。2速以上なら良いのですが、1速の発進時のゆるさが気になります。例えば、坂道で信号にとまったり、一旦停止した後の発進でやたら滑っている気がしてなりません。MTの坂道発進で半クラ使い過ぎたような感じで。まあ、車が重たいのもあるとは思いますが、こういうトルコンが滑るのはやはり気持ちが良いものではありません。
 オートエアコンはやはり駄目でマニュアル調整しています。せっかくの左右独立型オートエアコンですが、意味はなかったようです。夏場は諦めるしかないでしょうね。ただ、足だけが妙に寒くなったりはしませんので、調整さえしてあげれば問題ありません。

 これで750kmほど走行しました。二回目の給油を行い、車載の平均燃費計は9km/l(11.1l/100km)を示していましたが、満タン方では8.25km/lでした。まあ、一回目の給油はセルフで自動でとまったところでやめましたが、今回は出先で普通のスタンドで入れたので、ぎりぎりまで入れられてしまいましたから、同じ条件で給油しておけば平均燃費計の数値にもう少し近づいたとは思います。
 その後は、アクアラインで渋滞につかまる前は12.5km/l程度までは伸びていました。渋滞につかまったら、どんどん悪化していきましたが(苦笑)。まあ、渋滞無しの高速巡航だけなら、やはり二桁にはのりそうです。反面、街中だけや渋滞だらけだとかなり悪化していきますが・・・・。まあ、でも、こんなものでしょうね。最近のエコカーよりははるかに悪いですけれど、なにせカタログ燃費も悪いですから(笑)。

 1000km走って、点検に出したら、今回は慣らしは終わりにします。そうしたら、全力加速を・・・いきなりしたりはしませんけど、もう少し踏んでまわすようにしないと。

|

« ケイマン(981)試乗 | トップページ | ルノー・メガーヌGT220試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クーガ、千葉へ行く:

« ケイマン(981)試乗 | トップページ | ルノー・メガーヌGT220試乗 »