« ルノー・メガーヌGT220試乗 | トップページ | 1990年代の大石英司氏の作品:サレントコアシリーズ »

ケイマンを相方と試乗

 フェアのDMがきていたので、先週末、出かけた帰りにポルシェに寄ってきました。夕方前でしたが、混雑していました。繁盛していますね!相方にケイマンを体験してもらおうかと思っていましたが、営業氏も忙しそうです。まあ、なら、見せるだけ見せて帰ろうかと思ったら、営業氏がやってきて試乗させてもらうことに。ただし、試乗車は走り回っていて、しばらく待つ必要がありました。試乗車は、ケイマン、ボクスター、911、カイエンと走り回っています。あ、そういえば、パナメーラは走っていなかったかな?
 順番が回ってきたので、二人で乗って試乗。忙しいので営業氏の先導はありません。まあ、だから、好き勝手に走ろうと思えば出来ましたが、後ろに待っている人もいるようなので、やめました。でも、試乗コースが前と変わっていてまだ慣れていないので、ちょっと間違えてしまいましたが(苦笑)。
 走り出してすぐに相方にも違いはわかりました。何故こんなに良くなったのと聞かれましたが、いやあ、聞かれても。(^^;ただし、例の高音のノイズは相方も気になったようです。私も非常に気になりますし、不快です。いったいなんの音でしょうね。やはりエンジンそのものからの音ではないに思えます。ただ、今回の試乗では途中から聞こえなくなりましたが・・・。
 2回目だと1回目よりも冷静に観察出来ます。1回目はボディ剛性と乗り心地に感動してしまい、他の部分を余り観察出来なかったのですが、今回は、色々と試せました。まず、PDKですが、冷静にみるとスポーツプラスはやはり他と違います。変速速度も速いですし、つながりかたもスパッとしています。スポーツとノーマルの差は余り感じられません。それから、アクセルを踏み込むと勝手にシフトダウンする現象を高いギア低速で試してみたら、残念ながらスポーツでもスポーツプラスでもシフダウンされました。あーあ、せめて、スポーツプラスだけはしないようにして欲しいのですけどね。
 乗り心地ですが、前回は一人(営業は別の車で先導)でしたが、今回は二人乗っているのでその違いもあるでしょうが、前回ほどは劇的に良いとは感じませんでした。もちろん、悪いという訳ではなく、前回感じ取れなかった動きを感じ取れたということです。でも、比較的良い路面では、変な細かい動きはありません。私は路面が荒れている時の大きな動きよりも、比較的細かい動きが続くのが気になります。無論、大きな動きも抑えられているのが良いですが。
 乗り心地は慣れますからね。悪いのには慣れませんが、良いのには慣れます。良くなった時は良くなったと思って感動しますが、その後はそれが基準になっていくので、それまで気が付かなかった細かい動きがどんどん気になってきます。AWのダンパー交換直後やアライメント調整直後がそうでした。多分、ケイマンもそれでしょう。
 それとどうでも良いような部分ですが、ドアのポケット部分を引っ張りと開口部が広がるようになっているのに気が付きました。だからどうした、ということですが。(^^;987はこうなっていなかったと思いますが・・・・。
MonoirecMonoireo
 総じて相方の評価も高いです。相方の不満はエンジンルームから聞こえてくる高音だけです。あーあ、後はシート調整が電動でないことが面倒だと言っていました。特に高さ調整が手動なのが不満なようです。もちろん、これは987も同様でしたが・・・。
 途中で消えたとはいえ、高音ノイズは非常に気になります。1回目の試乗では乗り心地に感動したのでまあ許せるかなあとも思いましたが、2回目は不快でなりません。今すぐにケイマンを導入出来る状況ではありませんが、このままだと多分、無理です。もし、導入したとしても気になって短期間で手放す羽目になりそうです。それだけ不快です。エンジン音は重低音よりも高音系が好きですが、そうであるが故にその音が気に入らないと非常に気になります。例えば、トヨタ系ハイブリッド車はうるさくして仕方ありません。歩いていて後ろからくるとすぐわかります。車に乗っていても窓を開けていると聞こえます。なので、マニュアル変速出来ないという問題もありますが、あの音だけでも、トヨタ系ハイブリッド車には乗れません。MY15以降で改善されると良いのですが。

 それから相方にポルシェのエンブレムが変わったと言われてみました。前(987の時代)は立体的だったけど、今のは平らだと。確かに見るとそうですね。
Enblem
 まあ、単なる印刷になったのではなく、いわば、上からカバーがついたというか透明の樹脂を流し込んだようなものですが。表現力がないので、写真見てください。(^^;私は汚れやワックス(私はほとんどワックスはかけませんが)などが凹凸部分に付着しないので今の方が好きですが、相方からすると安っぽくなったと思えるようです。

|

« ルノー・メガーヌGT220試乗 | トップページ | 1990年代の大石英司氏の作品:サレントコアシリーズ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケイマンを相方と試乗:

« ルノー・メガーヌGT220試乗 | トップページ | 1990年代の大石英司氏の作品:サレントコアシリーズ »