« 憲法改正論議 | トップページ | 車は縁 »

新しい家族が増えることになりました

 と言っても子供が出来た訳ではありませんし、犬を飼うことにした訳でもありません(犬はリタイヤして世話をする時間が取れたら家族に迎え入れたいと思っていますが)。我が家で増えるのは・・・・そう扶養車です(笑)。我が家4台目です。馬鹿だとでも、おかしいとでもなんとでも言ってください。(^O^;まあ、以前は一人で3台、一人平均3台でしたが、今度は二人で4台だから、一人平均2台に過ぎません!!
 延々考えてきた快適街乗り車導入計画ですが、ちょっと唐突ですが、決着しました。追加決定です。エヴォーラが私に合わず、エリーゼを乗り換えることが出来ないことがわかったのが追加で決着した大きな理由です。

 追加するとしたら、前から言っているように相方号であるルーテシアとかぶらない、性格が違う車でなければなりません。なので、理想は2シーターのMTでしたが、外置きになるので幌の車はあまりむいていません。また、それほど高いものは買えません。ATだったら二人で旅行にいくのに都合は良いので、AT(2ペダル)も許容は出来ます(MTが良いですけれど)。同じことを何度も書いているので簡単に済ませますが、先代Z4は値段は追加には手ごろなものの、パドルがついている3.0だと乗り心地が悪くて、2.5だとパドルがありません。Mロードスターだと追加するには高くて、エリーゼと入れ替えないと難しいです。現行Z4も追加するには新車は高く、直六NA重視で中古23という手もありますが、やはり追加するにはまだちと高いです。MR-Sはだいぶ古くなっていて、荷物が積めません。86はエンジンと乗り心地が好みにありません。マイナーチェンジで乗り心地が改善されれば考えられますが・・・。SLKはMTが追加されましたがこれまた追加するには高すぎます。ロードスターはトランクが狭く、乗り味も私にはあいません。
 E46のM3は良いのですけれど、値段と古さ=信頼性が問題になるのと、良いタマがありません。まだ名残惜しいですが・・・。これは場合によっては将来、エリーゼとの乗換えがあるかもしれません。それほど状態の良いM3の乗り心地は良かったです。
 前輪を駆動するMTだと、スイスポとオーリスRSは有力だったんですが、MTという点を除けば、ルーテシアと似通っています。特にスイスポだとルーテシアよりも小さいので、朝、相方を駅へ送っていく任務(道が狭いので小さいのが良い)もスイスポがやるようになり、ルーテシアはそれこそ相方が運転する時だけしか出番はなくなるでしょう。逆に言えば、二人で旅行に行く時は相方が運転出来る車が良いということでルーテシアで行く羽目になりそうです。オーリスRSでも似た様なものです。ルーテシアの方が小さいですが、以前はゴルフで送っていったので、オーリスでも可能です。それとクラッチペダルの角度が合わない点も気になりました。スイスポはエンジンが普通なのが残念でした。
 ミニロードスターという選択肢もありましたが、ミニの内装を相方が嫌っているのと(私もあの内装は好みではありません)値段が高いので辞めました。3ドアのミニも二人で出かけるMT車としてはいいのですが、内装の問題は同じで、スイスポとオーリス同様に旅行の時はルーテシアになりそうです。ATで買う気にはなれません。Z4はほとんどがATなので仕方ないですが、MTが選べる車はMTにしたいです。
 そういう風に考えているうちにどういう車が良いのかが判ってきました。ルーテシアの役割を残す必要がありますが、どの役割を残すかです。今の役割は
1.朝、相方を駅へ送って行く
2.旅行に行く
3.義父を乗せる
です。宿泊無しの週末のお出かけは、今はAWの役割です。sのAWがへばったのが大問題ですが、これは当然、追加する車の役割です。
 この中で一番頻度が少ないのは3.です。だから、2シーターまたは2+2なら3.の役割はルーテシアに残ります。その場合、1と2を追加導入する車が担うことになるでしょう。ということは2がある以上、2ペダルでなければなりません。相方が運転出来ませんから。
 また1.の役割は引き続きルーテシアでもかまいませんが、長時間乗るのが避けたいので、2だけはなんとか追加導入する車でやりたいのです。ですから、2は必須で、後は1か3かどちらか片方が出来ればよいです。どちらが良いかかと言えば、ルーテシアに引き続き1をやってもらい、3は追加導入する車が担う方が良いです。何故なら3の時も長時間乗るからです。
 つまり、あえて、比較的大きな2ペダルの車を追加するのが良い、ということです。3を考えると後部座席に余裕があるものが適しています。そうなるとまず頭に浮かぶのはGSです。ISはまだ試乗出来ていないですが、先日述べたように足踏み式パーキングブレーキなので不可です。ただ、GSは出来たら、ブレーキホールド機能が欲しいですし、そもそも追加するには高すぎます。
 V40やゴルフ6(売れ残りがあればですが)、116なども良いのですけれど、これらはルーテシアに近すぎますし、1.もできてしまいます。Aクラスはリアは不適です。フォーカスは例の変速スイッチ問題があるので駄目ですし、V40やゴルフと同じ問題があります。今となってみれば、フォーカスはどうであれ、次期相方号にしかなりえませんでした。
 そうすると?これまで検討してきた候補の中でその役割(2と3)に適した車は一台しかありません。クーガです。幅が広いが故に1に使うのは難しいのでルーテシアの役割は残ります。2と3には向いています。パノラマミックルーフとスタジアムシートの組み合わせは、3に最適です。確かにクーカも高いですが、モデル末期ということもあり、定価よりは安く買えます。クーガに対抗していたイヴォークと320は値段が高すぎるので追加ではやはり無理です。最後に対抗馬になったのはCX-5でした。が、エクステリアデザインが好みでないのと、後席がスタジアムシートではなく、わりと普通であり、サンルーフしかありません。ですから、後席重視で比較するとクーガが勝ります。
 という訳で、クーガが我が家にやってくることになりました・・・・・・・・・という訳ではありません。意味不明?いやあ、ここまで書いてきたのは実は後付けの理由なんです(笑)。実際は、クーガがやってくることになった背景はそんな理詰めの話ではありません。長くなったので次回へ続きます。

|

« 憲法改正論議 | トップページ | 車は縁 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい家族が増えることになりました:

« 憲法改正論議 | トップページ | 車は縁 »