« クーガ第一印象 | トップページ | 久しぶりにエリーゼを散歩させました »

ゴルフ7発表

 正式発表されましたね。結局、1.2lエンジン+トーションビームの車体で装備の違いでトレンドラインとコンフォートラインに分けて、1.4lエンジン+4リンクがハイライン。先行予約限定車より少し装備が落ちる程度。トレンドラインは249万ですが、コンフォートラインが269万で装備の差がかなりあるので、売れるのはコンフォートラインでしょうね。で、例によって、トレンドラインは限定車ベースなのでしょう。5、6の時と同じで、モデル末期が近づけは標準装備が増えてお買い得感が出てくるのでしょうが、今回はトレンドラインとコンフォートラインは車体が同じなのでどうでしょう?トレンドラインはあくまで安い素モデルとして残るのかもしれません。
 まあ、なんにしても、このクラスでトーションビームはありえません・・・・我が家にとっては。むろん、出来は良いのでしょうし、乗り心地も違うのでしょうけれど、とはいえ、トーションビームで良いのならポロを買います。パドルは捨てがたいですけれど、買うとしたら次期相方号ですから、このサイズでトーションビームはありえません。今はクーガがいますからね。原則4x1.7に収まる車でしょう(多少のはみ出しは許容されるでしょうが)。
 しかし、なんか見切られたようで嫌ですね。普通のやつらにはリアサスがトーションビームでも差はわからんだろう、それよりも装備が豪華で安い方がいいだろう。カタログ燃費も良いのが受けるから、これでいいや、と見切られているような気がします。ゴルフ6の松竹梅はエンジンもそれぞれ違ったので好みにより選ぶべき車が違ったでしょうが、作り手からすると種類が多くて無駄が多かったというのもあるでしょうね。
 ま、それ以前にサイドブレーキがないから、相方号には無理なんですけどね。もちろん、車なので乗って素晴らしければトーションビームだろうがなんだろうが関係ない、と言えなくもないですけれど。それは試乗して確かめましょう。
 発表会で展示されたパシフィックブルーメタリックという色はよさそうですね。写真で見る限り、好きな色です。実物見てみたいですが、試乗車か展示車があると良いのですが、どうでしょう?まあ、いずれにしても、ゴルフだとクーガからの乗換え以外で我が家にくることはなさそうですが。

 でも、売れるのでしょうね。269万のコンフォートラインで普通に使うには十分ですからね。AクラスやV40と比べても競争力はあるし、フォーカスと比べると約30万の価格差は大きいでしょうね。何せ、マイナーなフォーカスの方が高いのですから(苦笑)。フォードもVWを見習って、簡素な装備、低出力エンジンの安いグレードを入れて数を出すべきでしょう。ああ、そしてパドルもお忘れなく。

|

« クーガ第一印象 | トップページ | 久しぶりにエリーゼを散歩させました »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフ7発表:

« クーガ第一印象 | トップページ | 久しぶりにエリーゼを散歩させました »