« 久しぶりにエリーゼを散歩させました | トップページ | クーガ、千葉へ行く »

ケイマン(981)試乗

 前回の続きです。試乗の前に展示車についてもう少し。
Cayman1CaymansCayman2
 これはケイマンSで、スポーツシートプラス付き。いいですね、このシート。ポルシェのシートはスポーツカーのくせにショルダーサポートがないのが不満ですが、これだと良いです。ま、問題はお値段ですけどね。お金があれば、スポーツシートプラスでしょう!
Caymansportsheet
 顔つきはボクスターと違いますが、まあ、基本的にはバンパーから下側だけの違いですね。面白いのは、ケイマンだとフロントの中央から左右に空気が流れるようになっています。ボクスターだと2.7の場合、フロント下側の中央はくぼんでいるものの穴は開いていません。Sだとここにグリルがあったと思いますが。ケイマンの方が空力は良さそうです。
CaymanfrontCaymanfrontintake
 リアハッチを開けるとなんとなくトランクルームの底が浅くなっているような気がします。水とオイルの注入口が見当たらなかったのですが、左右に蓋をされていました。開けると見えました。それをシート後方の外側にカバー付きの物いれがあります。まあ、何を入れるというとちょっと思いつきませんけれど。(^^;
CaymanreartrankCaymanwatoerCaymanstoragebox1 Caymanstoragebox2
 リアのマフラーはだいぶまともになっています。987はマフラーカッター、でしたからね。もっとも、二本出しにする意味は相変わらずなくて、奥ではつながっていますが。
Caymanrappa
 サスペンション周りも撮影。でも、フロント側はカバーがあって余り面白くありません。
CaymanfrearCaymanrrsCaymanrrsrearCaymanrlsCaymanrlsrear
 さて、いよいよ試乗です。試乗車は赤の素ケイマン(2.7)のPDK、右ハンドルです!オプションは気が付いたのはPASM、スポーツクロノ、レザーインテリア、電動格納ドアミラー、オートエアコンというところです。電動格納ドアミラーがオプションというのには驚きますが、987にはそもそも設定がありませんでした(苦笑)。右ハンドルの試乗車が用意されるとは時代が変わりました。その代わり、MTの試乗車がもうかなり前から用意されなくなっています。これも時代の流れなんでしょうか。たまたまエリーゼの横にとめられていましたので、赤い車が並んでます。色合いは少し違いますね。エリーゼの方が濃いというか少し暗めのように思います。
CaymanCaymanrearCaymanr
タイヤはピレリでした。これも珍しいです。
CaymanfrCaymanrrCaymanleatherCaymanleathermeterCaymandoorsw_2
 さて、運転席に座ってポジション合わせ・・・・相変わらず、ポルシェはここがいまいちですね。シートを一番下まで下げるとステアリングの位置が高すぎます。チルトで一番下まで下げてもまだ高いです。シートを上げすぎると窮屈になるので、少しあえて、バックレストを立てて、ステアリングを押し込んで(押し込むと少し下がる)、それでまあなんとか。まだ、少し高めですが(エリーゼはこれが一発で決まる・・・シートの前後スライドしかないから、決まるも何もないですが。(^^;)。ペダルは一般的に言えば、少し左へオフセットしているということなるでしょうが、私にはこれでちょうどいいです。あれ?アクセルペダルとブレーキペダルの間に段差が結構出来ます。改善されたのかな?これでクラッチペダルがブレーキペダルよりも高い位置に来ていれば、MTで乗れるのですが・・・と思いましたが、写真で見ると2ペダルだと987もこんなものですね。やはり、981も実物を見ないとわかりません。とはいえ、右のMTなんて、中古でも出ないと実物を見ることは出来ないでしょうが。ミラーを調整し・・・おや?バックミラーの可動範囲が広がっている!ボクスターに試乗した時には気が付きませんでしたが、987と違ってバックミラーが自由に動きます!
Caymanbackmirror
いやあ、これは劇的な改善ですね。987と981を比べて、初めて見つかった改善点です。(^O^;だって、ボクスターを試乗した時にはサイドブレーキはなくなるし、乗り心地は悪化するし、標準タイヤは薄くなるしで、良いところありませんでしたから。987だともう少し動いて欲しいのに動いてくれず、最適な視界が得られませんでした。しかし、981なら多分、誰でも最適な視界が得られるでしょう。
 さて、キーを回してエンジンスタート。機械式キーではないものの回してかける方式なのはポルシェの良いところですね。エンジンをかけるといつもの音がします。いつもの音、では何がなんだかわからないと思いますが、なにせ音なので、言葉で表現するのは難しいです。ファォーンというかそういう音です。アイドリングは987よりも静かになっていると思います。ああ、オートライトもついています。
Caymanautolight
 この車はPASMはついていますが、スイッチを操作すると三連メーターの右側のLCDに標準シャーシ、スポーツシャーシと表示されます。ここにはGフォース計も表示されています。ボクスターにはなかったような?ドアが開いているだ、シートベルトをしろだの表示も出ます。
CaymangforeCaymanspCaymansport
 スポーツプラス、スポーツ、ノーマルの表示は987と同じでステアリングについています。良く見ると、文字の形の穴が開いていて裏でLED?がつくだけのようです。
CaymansportnorampCaymansportplushd
 サイドブレーキがない車は発進時にいつも悩みます。これはアクセルを踏めばそのまま発進します。あ、当然、マニュアルモードに入れてます。さて、発進。敷地から道路にでたら・・・うぉおおお、なんじゃこりゃあああ!ボクスターと全然違う!別物です!すんばらしい!どこかの車のCMではありませんが(あ、かなり前のだけど)、ちょっと走れば違いはわかります。ボディが全然違います。987のケイマンと比べても剛性感がまったく違います。それは当然のように乗り心地に反映されます。19インチでしたが、へっちゃらです。快適快適、極めて快適。大きな段差を乗り越えたら、そりゃ多少はドタンバタンしますが、たいしたショックではありません。細かいうなうなぶるぶるみたいな動きはほとんどありません。
 前述の通り、試乗車にはPASMがついていますが、スポーツにしてもほとんど違いはありません。だいたい、電子制御ダンパーは、過去の経験では駄目な車の乗り心地を良くすることは出来ません。電子制御ダンパーがついていて良いなと思った車は、ほとんどは無くても平気でしょう(イヴォークだけはちょっとわからない。あれは無いとつらいかもしれない)。
 PDKは、ノーマル、スポーツ、スポーツプラスを切り替えて試してみましたが、987のようにスポーツプラスでないとたるいということはありません。ノーマルでも普通に走る分には十分でしょう。発進のがさがそ感もほとんどありません。981のボクスターに試乗した時よりも良くなっている気がします。987のPDKは、スポーツクロノ(=スポーツプラス)必須だと思いましたが、981なら無くても良い気がします。ああ、アクセル踏み込むと勝手にシフトダウンする現象は、スポーツプラスでないと出てしまうのでしょうけど。確認忘れました。スポーツでシフトダウンしなければ、スポーツクロノは不要でしょう。
 987よりも全体的に静かです。アイドリングでもエンジンはわんわんうなったりしません。エンジンは、2.7です。ボクスターはSだったので、981で2.7は今回が初めてです。で、2.7のエンジンは・・・・うーん、これは987と大差ないですね。カタログスペックは別にして感覚ではほとんど同じ。ただ、全体的に静かになったためか、なんか高音のノイズが耳につきます。エンジンそのものではなくて、補記類の何かが出す音だと思いますが、このノイズは不快です。プリウスなどの音ともちょっと違うと思いますが。
 それと試乗なので、アクセルを床まで踏んだりはしていませんが、感覚的にはなんだかエンジンが物足らない気がします。シャシーが余りに素晴らしいので、2.7だとエンジンが完全に負けています。いや、エンジンが負けているというのは不適切ですね。シャシーが完全に勝っています。Sの3.4でもまだシャシーが勝っているのではないかと思える位、シャシー・ボディは素晴らしいです。
 信号でとまるとすぐにエンジン停止します。アイドリングストップ機能、すぐに効きますね。スポーツプラスに変更するとエンジンがかかります。スポーツプラスでは、アイドリングストップは、無効になるようです。
 エアコンは左右独立のオートエアコンですが、21度設定でとりあえず普通に効いていました。シートの後ろ側に手をいれても暑くはありません。まあ、まだ5月ですからね。真夏だとどうでしょう?やはり最強(設定温度最低)にしてください、でしょうか(笑)。
 これはケイマンだけではなく、ボクスターも同じですが、サイドブレーキがないので、信号でとまった時にブレーキを踏んでいないといけません。パーキングブレーキのスイッチはライトのスイッチの下(ステアリングの斜め右下)で、遠いのでさわるのが面倒です。せめて、シフトレバーのそばにでもあればよかったのですが。Pレンジに入れる手もありますが・・・。サイドブレーキがあれば一発解決なんですけどね。
 それからステアリングはちょっとおかしいです。なんだか、ぐにゃっとした手ごたえです。電動パワステなので仕方ないかもしれませんが、この点だけは、今後の改良を期待したいです。ボクスターの時には気が付きませんでした。ボディの差で感じ方が違うのか、乗り心地の悪さばかりが記憶に残っているので、気が付かなかっただけかもしれません。ケイマンだけが悪いとは思えませんので。
 気になった点を再度まとめるとエンジンルームからの高音のノイズ、パワステのフィーリング、それだけです。ああ、後は、サイドブレーキが無いのも私にとっては問題ですが。それを除けば、素晴らしいです。乗っていたMY08のボクスターとケイマンを比べるとボディ剛性が違い、乗り心地もケイマンの方が良かったですが、981のボクスターとケイマンの差はそれどころじゃありません。もう完全に別物です。MY08のケイマンはリアハッチががたつく感じがしましたが、981ではそんなことはまったくありません。剛性感は極めて高いです。実際の数値はどうであれ、これなら997よりも上だと思えます(あくまで私の体感上の違い)。試乗車は19インチタイヤでしたが、これなら20インチだろうとなんら問題ないでしょう。
 素晴らしいです、このボディ。しかし、ここまでケイマンが良いと、何故ボクスターはあんなに酷いのか理由がわかりません。比べるまでもなく、ケイマン圧勝です。もちろん、オープンカーなので、構造的な違いがあり、同列で評価出来るものではないでしょう(福野礼一郎氏いわく、オープンカーはオープンカーであって、スポーツカーではない)。とはいえ、乗り心地に関して言えば、987の後期型ボクスターは大幅に改善されていました。同時期のケイマンには試乗していませんから、ケイマンがどれだけ改善されていたかはわかりません。しかし、少なくともMY13の981ボクスターは、同じ試乗コースで比較する限り、987よりも乗り心地は悪化していました(あくまで私の基準で、ですが)。少なくとも、ケイマン並みには出来なくても、987後期型並は出来るはずです。ケイマンの出来が素晴らしいので、ボクスターの改良への期待値も高くなってしまいます。
 911と比べるとどうでしょう?前述の通り、997と比べても勝るとも劣らないと思います。991は試乗したことがないのでわかりませんが、多分もっと素晴らしいのでしょう。ですが、997の2駆はフロントの手ごたえが無く、非常に不安定に感じられ、とても乗れませんでした。4駆なら問題はありませんが。991は実際に乗ってみないとわかりませんけれど、同様の傾向はあるのではないかと思います。ホイールベースが伸びているので違いはあるでしょうけれど、RRであることに代わりはありません。4駆なら問題はないでしょうが、ケイマンでなんら問題はないので、あえて911(991)を買う必要はありません。ケイマン(981)で十分です・・・というか、991で無ければならない点は思いつきません。
 ケイマン同士(987と981)の比較だと、もうこれは981圧勝。サイドブレーキにこだわらなければ、987を選び理由は何もないでしょう。もし、エリーゼに乗り換えず、まだ、ケイマンに乗っていて、クーガも我が家にやってきていなかったとしたら(AW、ケイマン、ルーテシアのままの状態だったら)、981のケイマン、注文したでしょう。ケイマン(987)からケイマン(981)への乗換えなら、サイドブレーキだけ我慢すれば、良いのですから。音とパワステの問題もありますが、それは乗り心地、ボディの差で補って大量のおつりがきます。
 ただ、じゃあ、エリーゼと乗換えを考えたらどうか(とりあえずお金の話は別にして)?クーガが我が家に来ていなかったとしたら、悩んだかもしれません。とにかく乗り心地が素晴らしく良いので、PDKなら、相方と出かけるのに最適な車です。とはいえ、オープンに出来ないので、エリーゼと入れ替えるとお花見ドライブ車が無くなってしまいます。また、前回そうだったようにケイマンだと車の性能が高すぎて、日本の道では役不足で持て余すでしょう。エリーゼだと絶対的な性能がケイマンほどは高くないので(コーナリングは別にして)、使いきれるとは言えないまでも、持て余すほどではありません。とはいえ、性能が悪い、不足しているというのは問題ですが、性能が良すぎる、余るというのは問題ではありません。余裕があるということですから(面白みに欠けるという話はあるにせよ)。
 クーガがやってきたので、相方と出かける車(旅行含む)は既にありますから、今、ケイマン(981)を導入する必然性はありません。もし、お金の問題が解決できるとしても、エリーゼとの乗換えですから、やはりオープンが良いです。お花見ドライブは、まあ、クーガのパノラマミックグラスルーフでもいけるとは思いますが、グラスルーフとオープンではやはり全然違いますからね。だから、ポルシェならケイマンではなく、ボクスターが候補ですが、今の981は乗り心地は悪いですから、改良されるまで考えられません。
 ま、現実にはお金がありませんから、ケイマンだろうとボクスターだろうと買えませんけれど(苦笑)。しかし、お金が十分あれば、ケイマン(981)は欲しいです。あの乗り心地は予想よりもはるかに素晴らしいです。うーん、クーガを招き入れたのは拙速だったかなあ。お父さんを乗せることを考えなければ、快適性はクーガよりもはるかに上ですから、魅力的です。クーガがやってくる前なら、エリーゼと入れ替えなら手は届きましたから。
 うーん、恐るべし、ケイマン(981)。三桁万円で買えるスポーツカーで、これより上(ボディ、乗り心地)のものはあるでしょうか??ロータスでも太刀打ちできません。さすがにエリーゼもケイマン(981)には負けます。S1の111Sを引っ張り出しても・・・負けてます。後は、カーボンボディのアルファロメオ4Cがどうかですが?

|

« 久しぶりにエリーゼを散歩させました | トップページ | クーガ、千葉へ行く »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

先日・・ポルシェ・ケーマンSに試乗してきましたよ~・・最近BMWを購入したばかりなんですが・・早くも買い替えようかと・・何しろ乗りやすいし、運転が楽しい!「駆け抜ける喜び」のBMWとまた違う楽しさがありまして・・
見積もりをしてもらったのですが・・1000万円を超えてきました・・どうする俺!という感じですよ
ただ・・BMの方がスタートが軽くスムーズな味付けになっている・・それと、なんといっても購入に踏み出せないのが、アプローチアングルの問題ですよ!
最低地上高140ということで、BMWのmスポと同じではあるのですが、ノーズが割と長く、オーバーハングしている形状とはいえ、坂道や段差を超えるときは斜めに切り込んでいかなくてはならないとのことですので・・・・ちなみに羽田のPは大丈夫だそうで、じゃ~大体大丈夫かな~とも思うのですが・・・・ん~悩みます!
でも・・すげぇ~ほしいと思う車ですよね~

投稿: | 2014年11月 5日 (水) 10時27分

確認しましたら・・最低地上高は140じゃ~なくて115が正解だそうでして、坂道や段差を超えるときに斜めから入れなければならないと、ディーラーに言われましたが、115じゃ~納得ですね!
しかし・・綺麗な車ですよね~・・
車高が低いために飛び石も当然多くなるそうでして・・・1000万にプロテクションフィルム40万・・ん~・・・ん~・・・
そして極め付きが、2万から3万キロで売った場合・・半分以下でしか買い取ってもらえにということですかね~・・
でも・・ほしい車ではありますな~・・

投稿: | 2014年11月 7日 (金) 10時22分

 こんにちは、987はカタログスペック上、最低地上高は120mmでした。まあ、5mmだと981と987はほぼ同じでしょうね。
 987に乗っていた時にはそれほど特別気を遣った記憶はありませんが・・・まあ、最初から低いというのが頭にあったからかもしれません。飛び石はそんなに気になりませんでした。
 下取りは最近は良いのではないですか?中古の相場が上がっていますから。
 オプションつけるとあっという間に値段が上がるのがポルシェ商法ですね(笑)。

投稿: MOY | 2014年11月 8日 (土) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケイマン(981)試乗:

« 久しぶりにエリーゼを散歩させました | トップページ | クーガ、千葉へ行く »