« ガンバレ!国産車 | トップページ | ミラージュ、米国上陸 »

ゴルフには誰も勝てないのか!?

 いよいよゴルフ7の日本上陸が近づいてきました。導入記念限定車(VW日本上陸60周年記念の意味もあるとか)が発表され、4月13日から予約を受け付けるそうです。導入されるのは二種類。279万のゴルフ デア・エアステTSIコンフォートラインと305万の同ハイライン。コンフォートラインはゴルフ6とほぼ同じ、ハイラインは24万安いですが、エンジンが違うので、一概に安くなったとも言えませんが。、
http://new-golf.jp/index.html
 で、どちらにも自動ブレーキにミリ波レーダーをつかったアダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト(これはカメラを仕様)、マルチコリジョンブレーキシステム(ぶつかった衝撃を感じると自動的にブレーキをかける)がつくそうです。それ以外は従来とほぼ同等の装備のようですが・・・279万でそれですか。いくら限定車といっても、その後でもオプション設定されたり、一部はつくのでしょう。参りましたね。海外試乗記を読むと乗り心地が良く静かで乗り味は高級とまたまた評論家諸氏は大絶賛モードです。AクラスやV40が競争力をつけたと思いましたが、ゴルフにまたまた引き離されてしまいます。ボディサイズの違いはある(ゴルフがやや短い)ものの、AクラスやV40よりも大幅に軽量で実用燃費も上でしょう。やはりゴルフには誰も勝てないのでしょうか?2013ワールドカーオブザイヤーを獲得したのは当然の結果のようです。また、パドルはどちらにもついています(ステアリングのところに書いていなかったのでないのかと思ったら、機能装備の欄に書かれてました。)。これはV40に対する優位店ですね。

 ・・・・と、思ったのですけれど、よくよく見ると、コンフォートラインなのにエンジンは1.2Lターボで105馬力。つまり、車そのものは従来のトレンドライン相当です。タイヤは205/55R16で、従来のコンフォートラインと同じですが、リアサスがトーションビーム!これは既にローエンドモデルはそうだという話は聞いており、先行して登場したビートルがまさにそうなので驚くことではないかもしれません。ハイラインは1.4Lターボで140馬力ですから、従来のハイラインとコンフォートラインの中間です。こっちらはリアサスはトーションビームではありません。
 ふむ、つまり、装備は充実、値段は据え置き、だけれど、メカはワンランク下げましたよ、という車です。1.4Lエンジンは気筒休止機構を取り入れて更に燃費向上だそうですが、ぶんぶん走り回るとしたら従来のハイラインの方が勝りそうです。また、確かに1230kgと従来のコンフォートラインから60kg、トレンドラインと比べても40kg軽量化されてはいますが、それでも、
 ゴルフ7 コンフォートライン:105ps/1230kg=11.7ps/kg
 ゴルフ6 コンフォートライン:122ps/1290kg=10.6ps/kg
 ゴルフ6 トレンドライン  :105ps/1270kg=12.1ps/kg
とまあ、馬力荷重だけで見れば、従来のトレンドラインに近いです。
 実用上はなんら問題ないでしょう。ゴルフ6のトレンドラインでも実用車としては動力性能に不満はないと思いましたから(試乗だけですが)。
 ただ、絶対的な動力性能の低下、リアサスの簡素化などとあわせると、装備充実、性能良好かもしれませんが、コストダウンされたという印象は残ります。リアサスの簡素化は軽量化のためかもしれませんが。1230kgは確かに軽いです。オーリスRSはMTでも1270kgですから。エンジンが違うとはいえ(1.6Lターボでどう見ても1.2Lターボよりも重い)、AクラスやV40よりも大幅に軽いです。ただ、ハイラインは1340kgが1320kgになり、ツインチャージャーがシングルチャージャーになっているのであまり軽量化されたとは言いがたいです。
 また、後方警戒レーダーはないようなので、これはAクラス、V40の優位点でしょう。アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシストは要りませんが、後方警戒レーダーはあれば便利です(お金払ってオプション追加する気にはならないけど)。リアビューカメラは標準ですが。
 まあ、ともかく、良し悪しは実際に乗ってみないとわかりません。評論家諸氏が絶賛でも乗ると駄目な車もあります。好みの違いもありますからね。リアサスがトーションビームだから悪いとは限りません。ちゃんと仕立てられていれば問題はないでしょう(ルーテシアRSやスイスポのように)。ただ、特定の場面ではマルチリンクに劣りますが。ゴルフ5ではなんら問題のなかったある場所の段差を乗り越えるとルーテシアは派手にゆれるのですよね。これはトーションビームの構造上の問題だと思っています。もっともルーテシアはどこでも派手にゆれますが(苦笑)。
 ただ、どこかでVWに見切られているという印象は否めません。このくらいでいいよね、実際乗り心地がいいんだからこれで十分でしょ、と。それが気になります。それとタイヤの問題も。ゴルフ6も乗り心地は195/65R15を履いて頭の軽いトレンドラインが205/55R16のコンフォートラインよりもはるかに良かったです。今度は頭の軽さは同じですが、タイヤとリアサスが違います。さて、ゴルフ梅ことゴルフ6トレンドラインを超えられるでしょうか?
 我が家からするとサイドブレーキが無くなったこともあり、ゴルフ6トレンドラインの方があっています。ゴルフを今買うことは出来ないので無理ですが、もし、まだ在庫があるのなら、私はそれをお勧めしたいです。え?試乗したらゴルフ7が素晴らしく良かった?だったら、乗り換えればよいのでは?ゴルフ6は?それは我が家で引き取りましょう(笑)。

 フォーカス?まあ、半世代古いので劣勢ですね。パドルがついていればスポーティな走りでハイラインなど寄せ付けないのですけれど、あの変速スイッチではどうにもなりません。ゴルフ7はとりあえず全部パドルがついているのに・・・。

|

« ガンバレ!国産車 | トップページ | ミラージュ、米国上陸 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフには誰も勝てないのか!?:

« ガンバレ!国産車 | トップページ | ミラージュ、米国上陸 »