« 日本絶望三部作の後の再生、復活 | トップページ | 最近のニュースから »

アバルト595試乗

 試乗記はその日のうちに書くのが良いのですが、色々あって遅れてしまいます。(^^;
 従来のアバルト500はシートに問題がありました。ちょうど背中の上、肩くらいの部分がでっぱっているのでそこが当たってシートに体をあわせると、猫背状態になり、上にあわせると背中が真ん中から下側がシートバックから浮いてしまうのです。
 今回、アバルト595が登場し、COMPETIZIONEにはバケットシートが採用され、これならよさそうだったので見に行ってきました。うまい具合に、595 COMPETIZIONEが展示されていました。見た目はやはりよさそうです。すわってみるとでっぱりはないのですが、バックレストが小さ目です。また、クッションはほとんどありません。エリーゼのシートよりもないでしょう。それとこれはアバルト500もそうですが、普通の運転姿勢をとるとヘッドレストと頭の間が妙に空間が出来ます。まあ、ヘルメットかぶれということでしょうか(苦笑)。うーん、標準のシートよりは良いのですけれど、シートだけで選ぶほどではありません。ちょっと残念。なお、助手席はバックレストをある程度倒すと頭から体がシートに密着してよさそうですので、相方受けはしそうです。運転席でそれをやると運転しにくいですが。
 マフラーは4本出し。おいおい。(^^;でも、能書きを読むと通常は外側(だったと思います)2本だけで排気し、アクセル踏むと内側2本からも排気するようになるとか。
 フロント周りに色々グリルがありますが、見た目だけではなく、ちゃんと機能しているようです。リアバンパーの穴はダミーでしたが。タイヤは205/40R17。うひ。(^^;
 前回はシートに座ってコリャ駄目だなあで、長居せずに帰ったのですが、今回は営業氏に色々聞きました。COMPETIZIONEは、名前に反してAMTだけです。シフトレバーは存在せず、1・N・R・A/Mの4つのスイッチがあります。発進する時には、最初に1を押さないといけないそうです。パドルはついていますが、1に入れないとパドルを操作しても動きません。ちょっと変わっていますね。もっとも、普通の車ならMレンジに入れる操作があるのでそれと同じでしょうね。A/Mは押すとAutoとManualが切り替わります。
 このシートがいいけれど、MT希望だというと。黒の500で同じシートをつけた中古があると言われました。もともとオプションで設定されてんだそうです。でも、色は黒。白黒赤は買いませんので・・・。もっとも、元々色は少なくて、買えそうななのはグレーまたはグレーメタくらいです。
 アバルト500 GRIGIORECORDというグレーメタの限定車も展示されていましたが、これはなかなか良いです。シートはいつものシートなのは残念ですが、MTでしたし、色の組み合わせは良いです。298万円。タイヤは195/45R16。相対的に厚く見えますが、冷静に考えるとこれでも十分薄いです。(^^;スイスポが195/45R17で薄いと思ったのですから。

 営業氏と色々会話していて、まあ、乗ってみないとわからないでしょうということで、試乗させてもらいました。ただし。普通のアバルト500の右のMTはありませんでした。右だと595か、500C(AMT)。MTは左。悩みましたが、595にしました。屋根開きだと乗り心地は違うでしょうから、まあ、タイヤが薄い、硬いサスで良ければ、普通のも大丈夫でしょう。
 さて、試乗です。シートはレザーのいつものやつです。やはり当たっていまいちです。ポジションはとりあえず出ました。2ペダルですから、3ペダルよりはましです。視界などは特には気になりません。さて、ブレーキ踏んで、サイドを解除、Mにして、1を押して、アクセル踏んで発進!DCTでないので、かなりがさごそっとして発進します。まあ、AMTですからこんなものでしょう。
 道路にでたら、やっぱ硬いですね。結構、ゴツゴツきます。それよりも気になったのはパワステ。ノーマルモードだと軽すぎます。ステアフィールもへったくれもありません。スポーツにすると今度は急に重たくなるのですが、ただ重たいだけで、やはりステアフィールもへったくれもありません。
 とりあえず、普通に3000回転位でシフトアップして走ってみました。ブースト計を見るとほぼNA(苦笑)。変速動作そのものはパドルで操作していれば問題ないです。スポーツにすると急にアクセルが開いた感じがして車が前にでした。ブーストの上限値も変わるのでしょうけど、過半はスロットル開度を大きくするだけのようです。1速で一度踏んでみましたが、体感加速は大したものです。それでも、ブースト計の針は真ん中位でしたから、全開にすると結構な加速でしょう。
 燃費は巡航すれば良いそうです。まあ、踏まなければ1.4Lですからね。燃料タンクは35Lだったかな?航続距離は高速巡航なら問題ないでしょう。寒かったですが、エアコン(ヒーター)はちゃんと効いていました。
 さて、敢えて後回しにしましたが、乗り心地です。やはり硬いですね。路面はわりと良い道路だと思いますが、路面の凹凸をそのまま伝えてきます。ただ、収まりは悪くはないと思います。ガツガツ、コツコツするけれど、ぶわぶわぐらぐらはしません。個々の衝撃はきつめですが、全体で見ればそう酷くはありません。乗り心地が良いという車ではありませんが、耐え難いほど酷いとも思いません。
 標準のアバルト500だったらどうでしょう?タイヤは1インチ厚く、サスペンションもこれよりは柔らかいです。ただ、それでも硬いことは硬いでしょうし、もしかすると収まりが悪くなって乗り心地は悪化するかもしれません。その辺は標準のアバルト500に乗ってみないとわかりませんが。
 なお、ちょっと坂道の信号でとまることがありました。ヒルホールド機能がありますといわれましたが、2ペダルなので元々関係ないですね。ただ、それよりもクラッチが坂道発進でかなりきつそうでした。(^^;
 試乗を終えて戻ってきて降りたら、ちょっとくらっときたかな?うーむ、やっぱりちょっと硬いかな?まあ、でも、昔、インプレッサのSTIに試乗した後とか、初期型初代120iとか、Z4の3.0とか、そういうのと比べればはるかに良いです。
 595 COMPETIZIONEは339万円ですが、普通の500にオプションつけて同じ仕様にしようとしたら、シートは37万、マフラーが16万、エッセエッセキット(+25ps、17インチ、ブレーキ、バネ、ダンパー)が55万しますから、お買い得と言えばお買い得です。オプションとコストは違いますけれどね。
 ただ、マフラーやらエッセエッセキットは私には不要です。MT希望なので、普通のアバルト500にシートだけつけても十分でしょう。ふむ、まあ、それでも300万超過・・・・・高いかなあ。見積もりはもらいました。
 で、エリーゼで行ったのですけれど、帰り道は途中まで試乗コースと同じでしたが・・・・エリーゼの方がはるかに快適です。ゴツゴツカツカツしません。うーむ、こういう路面だったのか。やはりかなり硬かったんですね。ははは、駄目ですねこれは。快適街乗り車候補が乗り心地でエリーゼに負けたら駄目でしょう(笑)。FF、ターボを忘れれば、お山遊び用には良いでしょうけど、その代わり別の快適街乗り車がいりますから、本末転倒です。(^^;

|

« 日本絶望三部作の後の再生、復活 | トップページ | 最近のニュースから »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アバルト595試乗:

« 日本絶望三部作の後の再生、復活 | トップページ | 最近のニュースから »