« Aクラス試乗 | トップページ | フォーカスがいよいよ再導入 »

それからの三国志

 文芸社文庫、内田重久著、「それからの三国志 上 烈風の巻」「それからの三国志 下 陽炎の巻」の感想です。かなり前に見つけて読もうと思って何故か忘れていましたが、通勤電車の中で読みました。
 著者は専業の作家でも中国史の研究者でもなく、アマチュアです。以前、自費出版したものを元にこの本が出版されました。独特の文体ですが、読みにくい訳ではなく、私は好きです。
 あとがきで著者自身が述べているように実質的には姜伯約伝と言えます。一般的には蜀漢末期に無理な北伐を繰り返し、蜀漢の滅亡を招いたというような評価でしょうが、著者はそれを完全に否定はしていないものの、違う面に興味を覚え、この作品を書いたようです。

 物語は諸葛亮の死後から始まります。「それから」は「孔明の死から」を意味していると言っても良いでしょう。なお、登場人物は名前で書かれて(呼ばれている)いますが(作中の会話は別です)、諸葛亮だけは孔明と書かれています。意図したものかそうでないのかはわかりませんが、一般的に諸葛亮は、孔明または諸葛孔明と呼ばれることが多いですね。私が自分で文章を書く時には、諸葛亮、ですが。私にとっては、諸葛亮は、山本五十六のようなものなので。世間の評判は良いですが、私個人は厳しい評価をしています。ある分野で高い能力を持っていたことは認めますが、畑違いの仕事をやり、方向(戦略)を誤り、結果を残せなかったという点で共通しています。私自身は劉備が好きですが、曹操も好きで、高く評価しています。好き嫌いで言えば、関羽が一番好きですが、一番高く評価するのは司馬慰です。

 話が逸れました。この作品はあくまで小説です。ですから、全てが歴史的事実に基づいている訳ではありません。不明な部分は著者の考えで埋められている部分も多々あります。また、姜維vs鄧艾の場面は、正史には何度も北伐したという程度しか書かれておらず詳細がわからないため、後の三国志演義や講談などの記述を敢えて取り入れており、その旨書かれています。姜維は良い人として描かれています。政治や謀略にはかかわらず、ひたすら軍事面にとりくんでいきます。そして、最後に人生初の謀略に手を染めますが・・・という感じです。
 読み終わると姜維が無理な北伐を続けたことで蜀漢の国力は衰退し、滅亡を招いたという風には必ずしも思えません。むしろ、姜維がいたから、魏は簡単には蜀漢を滅ぼせなかったとも思います。でも、正確に言えば、時期がくれば、姜維が北伐をしようとしまいと蜀漢は滅ぼされたというべきでしょう。魏国内で、司馬体制が整い、大規模な遠征軍を編成出来る余裕が出来た時、蜀漢の命運は尽きます。元々国力の差は大きいので、蜀漢の国力の変動幅よりも、魏の余力の変動幅の方がはるかに大きいです。ですから、姜維が北伐を行わず、専守防衛に徹していたとしても、蜀漢の最後はかわらなかったのではないかと思います。そういう意味では、姜維の評価はある意味で不当に低く、ある意味では不当に高い(蜀漢滅亡の原因は姜維の北伐にあるといえば、それは影響力の過大評価)とも言えます。姜維は実は小物だったと言っているような気もしますが(苦笑)。
 ただ、諸葛亮は日本で受けて、姜維は受けないというのはよくわかりませんね。やったことは大差ないですから(無理な北伐を繰り返した)。どちらかといえば、日本人受けしそうなキャラなんですけど、姜維は。、

 興味深いのは、漢から魏・晋への王朝の入れ替わりを一つの時代が終わり、新しい時代が始まったととられていることです。それは政治的なものではなく、文化や思想などについてです。そして呉はもっとも先に新しい時代に入っており、蜀は古い時代=漢の時代に最後までとどまっていたというように書いています。

 今日の目で見ると、遠い昔ですが、その当時の人は確かに時代が変わっているということを体感していたでしょうし、そういう視点で見ることは大事なことだと思いました。

 それと劉禅について。これまた日本では今川氏真共に一般的には暗愚であったとされ、批判されることが多いですが(というか、評価する人、好きだという人を知りません)、果たして本当にそうだったか?とも問いかけています。作中の描写はほとんどは暗愚な王そのものです。しかし、大賢は大愚に似るというと述べ、魏や呉で何にもの皇帝が変わる間、蜀では彼がずっと皇帝であり続けました。確かにたまたま長生きだったというのはあるでしょう。孫権を除けば、後は短命な皇帝ばかりでしたから。でも、暗愚でありながら、玉座から追われることもなく(クーデターが起きたり、実力者に首を挿げ替えられたりしなかった)魏に占領されるまで皇帝であり続けました。そしてその後も天寿を全うしました。そういわれると単に暗愚なだけだったとも思えなくなってきます。賢帝とは言えないでしょうが、劉備の持っていた徳をある程度引き継いでいたのかもしれない、と思えてきました。

 三国志や史記、それらの関連書籍を読むと中華は偉大なりと思います。日本では文字がなく、記録が無い時代(魏志倭人伝の僅かな記述をめぐって色々な議論がされる位、記録がない)にどういう人物がいて、それがどういうことをしたのかの記録があるのですから!圧倒的な差を感じます。ま、もっとも真に偉大だったのはいつまでか、というのは別の話ですけれど。

 同じ著者の「それまでの三国志」も読んで見たいです。無理なんでしょうけど。

|

« Aクラス試乗 | トップページ | フォーカスがいよいよ再導入 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。こちらのブログ読んで「それからの三国志」を読みました。おもしろかったです。
つづいて、同じ出版社の「孟獲と孔明」を読みました。
これがなんと、これまでの悪人という通説を覆し、孟獲を主人公とした異色の三国志なんです。
驚いた人も多かったようで、ニュー速vipでもすごい話題になってました。
孟獲と孔明の友情、孔明の恋物語などに感動させられ、民族共存や平和への願いなど、現代にも通じるメッセージを感じました。
オススメですよ。

投稿: あっしー | 2014年1月26日 (日) 13時11分

 あっしーさん、参考になったのであれば、幸いです。(^^)

投稿: MOY | 2014年1月26日 (日) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それからの三国志:

« Aクラス試乗 | トップページ | フォーカスがいよいよ再導入 »