« 言っても無駄だからね | トップページ | S60とムーブ »

日本への正しい絶望法

 新潮新書 神門善久著「日本農業への正しい絶望法」の感想です。タイトルのように書いたのは、この本で記述されているのは農業に関してですが、実質的にそれは農業に限らず、現在の日本全般に当てはまると思えたからです。
 著者はマスコミ・識者、更に一般国民が農業に幻想を抱いているとしており、一種の農業ブームが起きており、これは構図が戦前の満州ブームと同じだと言っています。
 現実には日本の農業は、技能がどんどん失われており、高品質な日本の農産物というのはほとんど無くなっているといってます。その原因の一つは消費者の舌が劣化・鈍化しており、味の良し悪しがわからないので、低品質なものでも売れてしまう、品質よりも有機野菜だなんだと宣伝につられて買っていることをあげています。行政やJAの弱体化、土地利用の問題、農業従事者の問題そのものもあります。
 著者は技能集約型農業とマニュアル依存型農業に分けて、技能集約型農業こそが日本農業が生き残る道だといっています。大規模化・機械化には批判的で、それでは海外との競争に勝てないともいっています(TPPという言葉は別にして、自由貿易に反対している訳ではありません)。

 著者の意見・分析は概ねうなずけますが、背景・立ち位置の違いにより、工業・工学・企業に批判的な意見が散見されますが、これらには必ずしも同意出来ない部分もあります。技能は中小企業だけのものではなく、大企業・大工場にもあります。ただ、それもコスト削減、コスト削減では失われていっているでしょう(コスト削減のための技能もありますけれど)。

 企業による大規模農業に批判的ですが、それは企業だから、大規模だから駄目ということではないでしょう。経営者のやり方の問題だと思います。農地(水も含む)の管理は一農家だけがしかっりやっても駄目で、地域の農家全体でやらないといけないと述べています。なら、それらの地位を一つの企業が大規模にやったとすれば、やり方を間違わなければうまくいくでしょう。隣の農家が畑を売って家が建つということもありません。むろん、企業全体が撤退することはありますけれど、それは小規模農家でもうまくいかなければ起きることです。

 また、工業の方がより激しい競争にさらされており、競争の結果やむなく品質の低下をしのんでコスト削減していますが、農業は補助金もあり、そうではありません。強い言い方をすると競争をせず、ある意味楽をしようとして技能を失っているとも言えます。技能を維持しようとしている人は努力をしています。だから、競争しようとしているのは一部の人だけとも言えるでしょう。この点は著者も認めていると私は理解しています。

 大規模・集約化=機械化と取られているので反対しているようですが、個々の農家が機械を別々に導入するのは無駄でしょう。著者が言うようにマニュアル依存型農業にも存在意義はありますから(低品質だけど、安価な野菜はそれはそれで需要もあるし、必要性もある)、マニュアル依存型農業は大規模化、集約化を進めるべきでしょうね。

 結局のところこれは、農業に限りません。消費者が品質の高い低いを区別できず、安いものばかりを求めていけば、人件費の安い海外で作られた安い製品に駆逐されますし、それに対抗するためには品質を落としてもコスト削減するしかありません。工業製品でも同じことが起きています。以前は日本の工業製品は高価だけれど、高品質だということが言われていましたが、もはやそれは農業同様に幻想になりつつあります。全てが駄目になっている訳ではないですけれど、次第に質の低下は起きています。

 また、単なる品質低下とは違いますが、自動車で、評論家が国産車が駄目だと批判することが多いですが、CVTの車ばかり増えているのは、カタログ燃費を良く出来るからでしょう。カタログ燃費(モード燃費)で補助金も決まり、消費者も選択の目安にし、CVTに文句を言わない、なら当然、CVTの車がどんどん増えます。これはメーカーの責任ではなく消費者の問題であり、それを問題として取り上げないマスコミの問題でもあり、適切な燃費の定義・補助金を行わない行政の問題でしょう。

 なんでも同じだと言いません。しかし、かなりの分野で同じことは起きています。消費者がきちんと高品質なものを見分けて、それに見合う対価を払って購入すれば農業にしろ、工業にしろ、このようなことにはならず、技能は継承されるはずです。しかし、過半の消費者がそうなっていないので、こうなっているのでしょう。だから、これは農業に限らず、日本に共通する話です。だから、「日本への正しい絶望法」だと思います。

|

« 言っても無駄だからね | トップページ | S60とムーブ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本への正しい絶望法:

« 言っても無駄だからね | トップページ | S60とムーブ »