« 尖閣喪失:その2:軍事的解決手段についての補足 | トップページ | それからの三国志 »

Aクラス試乗

 写真を見ているとなんとなく良い感じがしたので、時間を見つけて見に行ってきました。展示車はA180 ブルーエフィシエンシーにナイトパッケージ、セーフティパッケージ、バリューパッケージをつけたものでした。ベースは284万円ですが、メタリックペイントも含めると約60万円分のオプションがついているので、344万円です。(^^;
 実際に見るとBクラスがなんとなくぼてっとしているのに対してAクラスはわりあい車高が低く見えてなかなか格好良いですフロントグリルのベンツマークの中にレーダーが入っており、そのため従来のマークと違うのですけれど、この顔なら気になりません。フロントの印象はSL/SLK風の顔です。デザインはその流れをくんでいる(意図的に)ように思います。スポーティで良いです。フロントのあちこちがダミーグリルで網模様な樹脂の板なのは関心しませんが(日産に多い)。それ以外は後ろも含めて良いです。。私がベンツで格好良いなんて言葉を使うのは極めて珍しいです。
 下回りを覗いてみると、リアサスはちゃんとトーションビームではありません。(^^)ただ、なんかやたら黄土色のグリスがついていましたが、はて?
Arear
  マフラーはバンパー内部から左右一本ずつ出し。意味はないのですけれど、スポーティに演出する意味はあるのでしょう。私は片側太目の一本だけが良いですけど。
 中に座っていました。運転席はメモリー付電動シートです。いつものベンツ式操作(スイッチがシートの形に配置されている)。これは良く出来ています。シート自体はまあ普通です。中央がファブリックで左右がレザー(ビニールレザーかな?)。特に問題は感じません。大きさも十分です。調整幅は広いので低く座れます(ここはベンツの長所)。ヘッドレスト一体側で4点ベルトが通せるような穴があいていてスポーティです。
 あれ?でも、助手席は手動式です。なんで?と思ったら、ナイトパッケージに運転席側のメモリー付電動シートが含まれていますが、助手席は含まれていません(エクスクルーシブパッケージで、レザーシートとセットで設定あり)。なるほど。まあ、実際にメモリーが欲しいのは運転席側だけだからいいかなあ。しかし、ナイトパッケージを選ぶと一緒にタイヤが標準の225/45R17から、225/40R18になってしまいます。ナイトパッケージは16万です。うーん、コストパフォーマンスは悪いですね。
 ドアの内張りにもビニールレザー貼りです。でも、他が・・・・正直、内装の質感は高くはありません。ちょっとがっかりしました。スイッチなどはCクラスと同じ位かなと思うのですが、とにかく樹脂パネルが安っぽいです。インパネの横方向に格子状の模様の樹脂パネルがついていますが、これが安っぽいです。86と同じような感じ。酷いなあ。なんでこんな模様にしたかなあ。
Ainteria
  中央などの樹脂も精々ゴルフ5並。しぼは入っていますが、ハード樹脂です。
Ainteria2
  もう少しソフトパッドを使って欲しいです。ただ、まあ、標準仕様車で284万円ですから、そう高級でないのは不思議はないのですが・・・。でも、自動車評論家は質感高いとほめていたのですけどねえ・・・・。例えば、
http://response.jp/article/2013/01/30/189961.html
 に「とくにインテリアの質感の高さは納得モノだし、インパネを始めとしたデザイン、ディテールが加飾過多ではなくなり、センスがよく眺めていて落ち着け、実に居心地がいい。」とありました。はあ?同じものを見ても、これだけ評価が違うこともあるんですね。スイッチ類だけ見ているのでしょうか?
 それからメーターが銀色で子供っぽいです。
Ameter
  まるでインテR(あれはメーターがではなく、インパネ全体が、でしたが)。スポーティなイメージにしたかったのはわかりますが、安っぽいです。好みにもよるでしょうが・・・・。エアコンはオートですが(いや、ドイツ車は標準だとマニュアルエアコンというのが結構あるんですよ)が、左右独立型ではありません。エクスクルーシブパッケージにそれは含まれています。
 LCDディスプレイが後からとってつけたようについています。ナビは17.6万円のオプションです(ETC込み)が、バックカメラは標準だそうです。オーディオなどの情報もここに表示され、操作もナビと兼用のダイヤルとボタンで操作します。ですので、2DINの社外のナビは基本的には使えません。ポータブルならつけられるでしょうが、LCDディスプレイが二つでっぱるので不細工ですね。まあ、実質、純正ナビを使うしかないでしょう。
 ステアリングはスポーティなものですが、アウディやプジョーなどで見られるような楕円のものではありません。シフトレバーはコラムの右側にでています。左はウインカーですが、そこにワイパーのスイッチもついています。ライトはドイツ車でよくあるように右側の下側にスイッチがついています。そして、標準でパドル付きです!これは朗報。CクラスなどだとAMGなんとかパッケージに含まれていたりしますので。それから何故かBMWはほとんどつけてくれませんね。1シリーズだとMスポーツパッケージにも含まれていません。シフトレバーはRNDの三ポジション。中央がNです。といっても、物理的には場所はかわりません。Nから上へ強く押すとRで、軽く下へ押すとNに戻ります。逆にNから下へ強く押すとDで、軽く上に押すとNに戻ります。Pはレバーの頭についているボタンを押します。慣れないですが、最近のBMWのよりはましですね。パドルがあるのでシフトレバーではマニュアル操作は出来ません。ベンツ固有の上下ではなく、左右でアップダウンの変態操作は不要です!でも、マニュアルモードへの入れ方がわかりません。営業氏に聞いたら、エアコンのそばのハザードのボタンの脇にEMSというボタンがあって、押すとモードが変わるとのこと。なるほど。Eはエコで、初期設定。Mはマニュアル、Sはスポーツらしいです。エンジン切ると元に戻るそうです。面倒ですね、毎回、エンジンかけてMモードにいれないと(あ、必ずマニュアル操作する私は、ですが)。
 バニティミラーは照明つき。まあ、Cセグなら普通ですね。室内の照明も読書灯みたいな感じで結構いいです。リアにも独立してついています。後部座席に、まあ、並です。ヘッドクリアランスは少な目ですが、窮屈というほどではないです。3人かけですが、中央はおまけで、左右はくぼんでいますから、後ろに二人なら結構良いでしょう。ただ、Cセグではついていることが多い、リアのエアコン噴出し口はありません。
 トランクは十分です。スペアタイヤは搭載されていません。パンク修理キット?と思ったら、ランフラットとのこと。あらら、そうですか。なので、営業氏も硬いかもといっていました。Aクラスではないですが、他のランフラットタイヤ装着の車で、納車されてすぐに普通のタイヤを変える人はいるそうです(お金持ち!さすが、ベンツのお客さん!!)。この車のタイヤはコンチネンタルでした。営業氏のお勧めは乗り心地重視ならレグノ。ただし、消耗は早め。もう一つはミシュランのパイロットスポーツ。バランスとれていて性能は飛びぬけているということです。ピーは確かそのタイヤでしたが、特にタイヤが素晴らしいという印象は残っていません。もっともタイヤを違うのに履き替えたことはないので、例えばAWやSWのようにタイヤによる違いはわからないのですけれど。

 エンジンは1.6Lのターボです。122馬力、トルク20.4kg(=200NM)。車重は1430kgですから、カタログ上の動力性能は高くはありません。排気量はともかく、出力はゴルフ竹と同じで、車重は大人一人分ゴルフ竹よりも重いです。無論、実際には排気量が200cc多いですから、中間トルクはゴルフよりは厚めでしょうが。スポーツでもエンジンは同じです。その上のA250だと2Lターボですが。スポーツは、スポーツを名乗るのなら、もう少し過給上げて、160馬力位にすべきでしょう。それなら価格差にも納得出来ます。日本には未導入ですが、欧州には156馬力のA200があるそうですから、スポーツをいれるのならA200であるべきでしょう。売れ行きが良く、もう少し馬力は欲しいという声が多ければ、そのうち導入されるでしょう。ま、私は122馬力でも問題ないですけどね。Aクラスに速さは期待していません(エリーゼがあるから)。快適な街乗り車であることを期待しているので。 

 値段の話を。A180 ブルーエフィシエンシーで284万ですが、オプションパッケージが多いです。

 セーフティーパッケージ 17万
 レーダーやら後方から接近する車などの警告など・・・だと思っていましたが、CPA=衝突警告システムは標準でした。カタログを見ても、CPAはアイサイトなどのような自動ブレーキではなく、警告と低減するだけのものという風に読めます。このパッケージの中には前方追従システムあ含まれるようです。また、左右の斜め後方の死角になりやすい部分に他車がいるとドアミラーについているライトで警告してくれるシステムなどが含まれています。

 バリューパッケージ 20万
 バイキセノンヘッドライト、前後のパーキングセンサーなど。室内のインパネ上とリアのルーフにライトみたいなのがついており、音だけではなく、光で左右中央のどこに障害物があるかを教えてくれるそうです。なるほど。それは便利ですね。ただ、これで20万は高い気がします。

 ナイトパッケージ 16万
 225/40R18のタイヤ(標準は225/45R17)と運転席メモリー付電動シート、それに飾りが追加。これもちょっと割高。左右電動なら納得できますが。

 エクスクルーシブ 32万
 前席メモリー付電動レザーシート、シートヒーター、左右独立エアコン、フロアマット。まあ、これはこういうものなんでしょうね。

 メタリックペイント 6.3万

 ナビ 17.64万

 フロアマット 4万(3万しないの安いのもある)

 という訳で、一番安い実際の仕様は、本体+ナビ+メタリックペイント(ソリッドは白と赤だけで好みでないので)+フロアマットで約311万円。後は、運転席のメモリー付電動シートを選ぶかどうかです。ナイトパッケージをつけると約330万。タイヤが薄くなりますが、まあ、それは試乗してからでしょう。セーフティは私は要らないです。バリューパッケージはバックソナーだけは欲しい気がしますが、20万は高いのでいらないです。バックカメラはついていますからね。ここに左右独立エアコンを入れてくれれば選びます。
 しかし、現実には、何かしらのパッケージが二つか三つついているのしか在庫していないそうです。ですから、パッケージ無しの車が欲しければ、オーダーになるらしいです(苦笑)。なので、実際にはナビ込みで340万から360万位の車です。

 その上にA180 ブルーエフィシエンシー・スポーツというグレードがあり、335万です。こっちは、タイヤは225/40R18が標準で、更にスポーツサスペンションで、シートがアルカンタラとレザーのツインで、ダイレクトステアリングという可変ギヤレシオのステアリングシステムがついています。ナイトパッケージはタイヤの分安くて12万。また、何故かフロアマットもついているので、エクスクルーシブパッケージは28万です。こっちだったら、タイヤはついているから、ナイトパッケージに、ナビ、メタリンクペイントで370.64万円という仕様でしょう。やっぱり高いですね。

 まあ、いずれにしても225/40R18のランフラットタイヤでまともな乗り心地どうかは、乗ってみないとわかりません。という訳で試乗です。試乗車はA180 ブルーエフィシエンシー・スポーツのナイト、セーフティー、バリューパッケージ付き。ですから、スポーツサスペンション+225/40R18の乗り心地が悪そうな仕様です。もし、これで乗り心地が問題なければ、標準仕様でも問題はないでしょう。

 さて、試乗です(なんか今日はここまでが長いですね。(^^;)。ポジション、視界は問題ありません。この辺は良く出来ています。エンジンはキーをさして回してかける方式なので、相方にも受け入れられるでしょう。もっとも、キーは機械式ではなく、リモコンをさすだけですが。ただし、パーキングブレーキはスイッチです。
 シフトレバーを操作し、Dに入れて、更にスイッチでMにセットして発進。A(Bも)は、7速DCTです。乾式なのかどうかはわかりませんが、多分そうでしょう。発進時のDCT系特有のがさごそ感は少ないです。うん、ここだけ見れば、DCT系では良いのではないでしょうか?BMW(Z4)のも悪くなかったと思いますが。ただ、半面、変速の切れ味は特にDCTらしくはないかもしれません。シフトダウンでの空走感は特にありませんでした。なので、トルコンAT風DCTと言えます。悪くはないです。純粋なスポーツカーではありませんから、文句はありません。
 問題の乗り心地ですが・・・・あれ?悪くないです。225/40R18のランフラットタイヤとスポーツサスペンションということから悪そうだと身構えていたのですが、平気です。硬めですが、不快ではありません。小さい入力で、バタバタしたり、ゆさゆさしたりもしませんし、大きな入力はうまくいなします(ガツンとはきます)。いやあ、駄目だったんだと思ったのですけどね、車は乗ってみないとわかりませんね。全体的に見れば、ケイマンに近いで(あれよりはもっと実用車寄りですが)、余りにスポーティです。ですから、快適街乗り車とはちょっと違う気がします。うーん、そうですね、スイスポに近いでしょうか。これ単体で見れば乗り心地は良いと言えますが。
 エンジン音は特に良い音ではないですけれど、不快ということもありません。ちょっと排気音はスポーティにしていますが、どちらかといえば、低音を効かせているのでそこは好みから外れます。ただし、SLKよりはいいです。悪くはありません。動力性能はやはり平凡です。不満はありませんが、足回りと違って、スポーティとは言えません。まあ、1430kgもありますからね。
 ステアフィールは並です。特に気になることはありません。試乗車は可変ギヤレシオですが、ピーで慣れたせいか気になりませんでした。
 ブレーキ特に違和感はありません。それとCクラスやSLKと同様にブレーキにはHOLD機能があります。つまり、ブレーキを踏んで停止し、強くブレーキペダルを踏み込みとHOLDと表示され、ブレーキペダルから足を離してもそのまま停止しています。サイドブレーキがありませんが(パーキングブレーキのスイッチはある)、これなら困りません。また、アイドリングストップが標準で、A1と同様にすぐ停めますが、HOLD機能が効けば、足を離しても停まったままです。アクセルを踏めば、エンジンがかかり、ブレーキが解除されて走り出します。その間、少しタイムラグはありますが、元々のHOLD機能のタイムラグも少しあるので、エンジンが動き出すまでのタイムラグが結果的に気になりません。ただ、ここは人によっては気になるかもしれません。その時はHOLD機能を使わなければ良いでしょう。私はHOLD機能とアイドリングストップの相性は良いと思います。ブレーキペダルを踏んでいないと(場合によっては踏む力を少し緩めただけで)エンジンがかかるのが普通なので、ATとアイドリングストップの相性は良くないと思っていましたが、これなら問題ないです。

 もはや小さいとは言えない車ですが、でかいというほど大きい訳ではありませんし、取り回しは悪くはないです。視界も特に悪いと感じた部分ありません。振動、音なども特別静かという印象はありませんが、違和感や気になることはありませんでした。良い言い方をすると自然な音なのでしょう。吸音材を使いすぎると不自然な静かさになることもあると思います。

 試乗を終えて戻ってきて、せっかくだからバックで駐車させてもらいました。たまたま縦列駐車風になったのですが、問題ありません。シングルクラッチのようにギクシャクしません。トルコンATと同じように出来ます(営業氏はトルコンAT並みとはいきませんが、と言っていましたが)。ただ、バックモニターはそんなのついている車に乗ったことがないので、なじみがなく、結果、余り見ませんでした(苦笑)。

 もう感想はお分かりでしょう。まったくの予想外ですが、良かったです。私がベンツで乗りたいと思うことはめったにありません。現行Cクラスは良く出来ていますが、別にCクラスでなくても良いと思います。強いていえば、190E位ですが、実際に乗ったことはないので乗るとがっかりするかもしれません。が、これは良いです。欲しいという気持ちが出てきました。まさか、まさかです。
 ただし、難点はいくつかあります。まあ、最大の問題はベンツマークがついていることですが(笑)、まあこれはとりあえず忘れましょう。乗り心地は良いですが、快適街乗り車として見ると、余りにスポーツよりです。そしてなにより、内装の質感が低いのが気になります。そう高い車ではないといわれればその通りですが、素材の質感だけではなく、デザイン上、子供っぽい、安っぽい部分があるのが問題です。外観は車に乗ってしまえばわかりませんが、内装は常に目に入りますからね。
 それとスポーツサスペンション+225/40R18の組み合わせでは乗り心地は良かったですが、標準車+225/40R18がどうかはわかりません。また、標準車もわかりません。常識的にはタイヤが厚い標準車の方が良いとは思いますが、固めた方がすっきりする場合も無くはないです。
 後は値段ですね。ナビ込みで実質311万は、高い!というほど高い訳ではありませんが(86のG-Limitedと同じか86の方が高い位)、FFに300万以上払うのかあと思うとちょっと躊躇します。ただ、FRの1シリーズと比べると標準仕様同士なら、Aクラスの方が安いですし、装備を見てもほとんど差がないか勝っているくらいです。そして、1シリーズには135(500万オーバー)を除けば、パドルがつきません。また、高いといってもA1と同じか、実質安い位です(というか、A1が高すぎる)。ゴルフ梅=トレンドラインと比べれば高いですが、装備・エンジンが近いゴルフ竹=コンフォートラインと比べるとほぼ同じです。装備もエアコンが左右独立式でない点が劣る程度です。
 なので、300万(車両本体価格で)で買える輸入車で比較すれば高くはないです(余談ながら、ル・ボランの2月号で250万で買える輸入車といいつつ絶対買えないA1を含めて、A1をもっとも高く評価する記事がありましたが、ふざけていますね。自分でも250万の縛りを超えているがとか書いていましたし。自分で作ったルールに反する車を含めてそれを高く評価するなら、最初から200万円台で買えるとかにしないと。信頼性無しです、そういう記事とその著者)。
 結局、ベンツとFFという点をどう克服するか、でしょうね。パドル必須だとすると輸入車の中では現状ベストでしょう(値段も含めて)。ゴルフ梅の方が乗り心地・乗り味は好きですが、残念ながらパドルがありません。2ペダル+パドルに限定すれば、国産車でも勝てる車はほとんどないです。オーリスの乗り味・乗り心地は良いですが、中身がCVTなので大減点です。
 ただ、まあ、FFというくくりで見えれば、オーリスRSには勝てないかな。何せ、MTです!だから、相方が運転する可能性をどう考慮するか、でしょう。相方も運転するとしたら・・・・Aクラス、あるかもしれません!次期相方号の候補にもなりえます。ただ、相方が基本4x1.7に収まる小さい車が良いといっているのと私以上にベンツが嫌いなので、そこが苦しいですが。でも、試乗させたら考えを改めるかも??
 ベンツもFFも平気、という方にはお勧め出来ます。(^^)

|

« 尖閣喪失:その2:軍事的解決手段についての補足 | トップページ | それからの三国志 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

梱包がとても丁寧でよかったです。
品物と一緒に入っていた、手書きの一筆には
驚きと感動がありました。
対応には大満足です。
機会があればまた利用したいです。
スーパーコピー https://www.ginzaok.com/wallet/prodetail_id_3899.html

投稿: スーパーコピー | 2019年9月30日 (月) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Aクラス試乗:

« 尖閣喪失:その2:軍事的解決手段についての補足 | トップページ | それからの三国志 »