« 日本では絶賛だけれど | トップページ | エリーゼの車検とAWの入院 »

ガーガーライオン復活

 プジョー208を試乗してきました。次期相方号の候補というか、どれだけよくなかった興味があったのと1.2LのMTも出たので見に行ってきました。
 試乗車はCieloでしたが、PremiumとAllureの展示車もあり、GT以外を全て見ることが出来ました。
 まずはPremium。といってもATの一番安いグレードです。ただし、装備は充実していて、普通に使う分には十分です。
フロントグリルがちょっと面白いです。樹脂の無塗装ですが、中に少しきらきらするものが混ぜられています。全体としてデザインは悪くはないと思います。207よりははるかに良いでしょう。でも、なんかパネルのチリがあっていないような?こういうものかもしれませんが・・・・・。
 座ってみるとシートはまあそれなり。大きくはないですが、不満はありません。ただし、バックレストの調整はダイヤルではなくレバーです。シートリフターは余り上下動きません。テレスコとチルトがあるので、ポジションはあいました。珍しいのはメーターがステアリングの上側にあることです。私がポジションあわせるとステアリングが邪魔でメーターが見えなくなることが多いのですが、これはそれがありません。ただし、ステアリング自体は駄目です。小さめで楕円形。普通のグレードなんですけどねえ。私は真円で少し細身のが好きです。余り直系が大きすぎるのは嫌ですが、小さすぎるのも問題です。要するにAWがそういうステアリングだからなんですけどね。エリーゼだとちと小さいですが、それほど太くはありませんね。後、987もわりあい細めで直径も極端に小さくありません。
 エアコンは左右独立式。Bセグでは珍しいです。インテリアのデザインは良いと思います。ただし、個々の部品の質感はそう高くはありません。まあ、コストはそれほどかけずに意匠で安っぽく見えないようにした、と言えるでしょう。大きなLCDパネルがついていますが、ナビが標準という訳ではなく、現状はオーディオのディスプレイに過ぎません。試乗車にはポータブルナビが別途ついていました。でも、この後、ここにナビを表示させることが出来るようになるそうです(3月位とか)。ふーん、だったら今買うのは損ですね。もっとも、我が家は今はポータルナビを使いまわしているので関係ありませんが。外部音声入力端子はついていましたし。
 後部座席もそれなり。十分座れますが、まあ、Bセグの車ですから、大人4人乗って長距離乗ればきついでしょう。トランクスペースもまあ標準。不足はないと思います。
 次に1.2LのMTのAllureを見ました。もし、私が自分で208を買うとしたらこれです。あれ?3ドア?あ、勘違いしていました。208はMTだと全部3ドアだそうです。あらあ、そうなんだ。じゃあ、私が足車に買うことはないですね。3ドアはドアが大きいので好きじゃないです。クーペならまだしも・・・。ホイールはサイズは同じですがデザインが少し違います。それとこれだけリアがドラムブレーキ。
 ペダルは少し右側(左ではなく)へオフセットしていますが、まあ、許容範囲内です。クラッチを踏む左足の膝裏が少し圧迫されますが、とまって状態で操作する限りは問題ないです。シフトフィールうんぬんという代物ではありませんけどね。なお、単に安いグレードではないです。シートはハーフレザーでスポーティ。装備も(リアのドラムブレーキを除けば)Premiumとほぼ同じです。

 試乗車はATで一番高いCielo。グラスルーフつき。シートもハーフレザーで、雪の結晶みたいな模様がついています。ただし、アップリケみたいに上から張りつけているので、そのうち剥がれそう。ホイールは少し違いますが塗装だけかな?さて、試乗です。1.6L NAで、4ATとメカ的には一番普通の仕様です。
 アイドルではまずまず静かです。さて、発進。アクセルを少し踏むとやたら勢い良く進みます。確かに軽くなってはいますが、それは207と比べての話で、ルーテシアと比べると大差ありません。でも、ルーテシアが1速ではなかなか速度が上がらないに、208はぐいっと加速していきます。なんか怪しいですね。それで、エンジンが温まってから、上まで回してみました。しかし、今度は伸びません。加速が良く感じるのは最初だけです。つまりこれは、ちょっとアクセルを踏んだだけで、スロットルをがばっと開けてごまかしているということでしょう。なんだかなあ。4ATの変速速度は並です。ルーテシアの方が速いかかもしれません。ショックは大きいですけれど。走っていると結構、エンジン音が聞こえてきて、はっきり言えば、うるさいです。
 問題の乗り心地ですが・・・・悪いです。荒っぽいというべきでしょうか?ドッタン、バッタン、ガタガタ、ユサユサ。いやあ、こりゃ、どうしたことでしょう?今時こんな車を出しますか?ルーテシアよりもはるかに悪いですよ。
 総じて、207から進化したというよりも、206に戻った気がします。昔、相方に、206は、ガーガーライオンと呼ばれましたが、ガーガーライオン復活です(苦笑)。直四でこれだと、直三はどうなるのでしょう?でも、まあ、MTで乗ればそれなりに良いのかもしれませんね。昔のスターレットみたいに=206みたいにMTでエンジン引っ張り気味にまわして走ればそれはそれで結構いいかもしれません。
 でも、我が家で208を買うことは、少なくとも現状のままではないでしょう。乗り心地が悪すぎますし、スロットルの設定も好みにあいません。MTがあるけれど、3ドアですし。
 そういえば、評論家の評価はどうだったかな?余り読んだ記憶がありませんね。試乗して酷くて書けなかった?

 なお、写真がないのはなんとなく撮影しにくい雰囲気だったからです。まあ、それに買うことはないなと思ったので、文章だけでいいや、と思ったというのも本音です(苦笑)。

|

« 日本では絶賛だけれど | トップページ | エリーゼの車検とAWの入院 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーガーライオン復活:

« 日本では絶賛だけれど | トップページ | エリーゼの車検とAWの入院 »