« 乗ってみたーじゅ? | トップページ | イプシロン試乗 »

メガーヌRS試乗

 ルノーに寄った時にメガーヌRSの右ハンドルの試乗車があったので試乗させてもらいました。一時期、右MTが豊富だったルノーですが、今はカングーを除けば、メガーヌRSしかありません(ああ、後、ルーテシアの限定車が残っているかもしれない)。
 左ハンドルは微妙にポジションが合わず、試乗しませんでした。で、待望の右ハンドルですが・・・やっぱりいまいち。なんかしっくりきません。左ハンドルよりはだいぶましなんですが・・・・。まあ、だいたいあわせました。
 車自体は右ハンドルになっただけでほとんどかわりません。ただ、ドアの内張りがカーボン調のビニールになってしまっています。カーボン調の樹脂のパネルはほかにも使われていますが・・・・このビニールはなんでこんなの使ったのでしょうね?質感台無しです。布かビニールレザーにすればいいのに。
Mrsdoor
 さて、試乗です。発進・・・ありゃ、いきなりエンスト。(^^;これはどういうこと?クラッチは重いと言えば重いですが、エリーゼと比べると大差ありません。MT車の試乗の最初の発進はアクセル踏まずにクラッチだけつないで発進させてみます。そうしたら、あっさりエンストしました。ターボとはいえ、2Lですし、低速トルクがそんなに薄いということはないはずですが?営業氏からクラッチのストロークがやたら短いので難しいですと。クラッチペダルのストロークは普通なんですが、実際にクラッチが動くのはほんの少しです。ええっと、ペダルが10動くとしたら、2位でしょうか?遊びが多いのです。なので、普通の感覚でつなぐと半クラッチではなく、いきなりどんとつないだことになってしまいます。なので、アイドリング発進は無理なので、アクセル少し踏みつつつないでくださいといわれました。普段MTを乗っている人の方が難しいようですとも。MTを運転出来なくはないけど、普段乗っていない人の方がこういうものだと思うので難しくないそうです。クラッチを切るのもかなり唐突に切れます。別に切るのはそれでかまわないのですけれど、感覚的には違和感があります。
 走りだすとやはり脚は硬いです。そりゃあ、スポールではなく、カップですからね、柔らかいはずがありません。ただ、不快感はそれほどありません。まあ、路面が荒れているとゆすぶられますけれど、シートのホールド性が良いこともあり、耐えられます。乗り心地が良いとまではいいませんが、そう悪くはないです。同じRSで比較するとルーテシアが一番良くて、トウィンゴが一番悪いでしょう。メガーヌはその中間です。トウィンゴも耐えられないほど酷くはなかったです。むしろ、普通のルーテシアやトウィンゴの方が乗り心地は悪いです。
 クラッチ操作が難しいので、正直余り変速しませんでした(苦笑)。シフトフィールはまあまあ(FFとしては)。他の操作性は悪くはないです。エンジンは・・・・ほとんどまわしませんでした。アクセルも余り踏まなかったので、多分、ずっと過給はかからず、NAエンジンとして走っていたと思います。まあ、街乗りだとそんなもんでしょう。酷く路面が荒れていたり、大きな段差が続くのでなければ、実用に耐えると思います。その気になって踏めば速いでしょうし。
 ただ、やはりかなり大きいですね。幅があるし、全長も短いとはいえません。狭いところでは気を使います(GSほどではないにせよ)。
 過去もっとも大人しく走った試乗でした(笑)。結論?我が家には残念ながら不要です。これならほかにいくらでも選択肢があります。大きすぎるし、馬力もありすぎます。それにこのクラッチは慣れればまあ平気でしょうけど、好みにはあいません。
 あーあ、やっぱり、RSだとルーテシアRSですね。今あればなあ・・・・。

|

« 乗ってみたーじゅ? | トップページ | イプシロン試乗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メガーヌRS試乗:

« 乗ってみたーじゅ? | トップページ | イプシロン試乗 »