« JAPAN LOTUS DAY 2012 | トップページ | ゴルフ7はやはり我が家では買えないなあ »

オーリスRS S Package試乗

 メガネッツにRSの試乗車があることが分かったので、試乗させてもらってきました。205/55R16の標準タイヤ・・・は期待していませんでしたが、またまたモデリスタのエアロに225/40R18のタイヤつき。(^^;
 前回気がつきませんでしたが、メーターの数字の向きが全部上ではないのですね。数字は全て外を向いていますから、場所によっては横を向いたり斜め下を向いたりしています。ユニークですが、見やすいかというと?まあ、問題というほどではありませんが。
Orsmeter
 シートはRSなので少しサイドサポートが高く、赤いステッチ入り。後はカーボン調の加飾など。好きじゃないですけど、我慢できないというものではありません。内装の質感は86よりは良いです。
Orssheat
 リアサスはちゃんとダブルウィッシュボーン。マフラーにはマフラーカッターついていますが、無くてもいいんじゃないかなあ。
OrslrsusOrsrrsusOrsrappa
 シートに座ってポジション合わせ・・・・うーん、うーん、難しい。CVTを試乗した時にはこの手の車にしてはシートは低くて良いと思ったのですが、MTだとなんだか高く感じます。色々試すとシートそのものが高いというよりも後ろ(お尻側)が低いのに前縁が高いようです。その結果、ひざの裏から持ち上げてられて、脚を曲げないといけません。そうすると今度はクラッチペダルの角度と足の角度があわなくてやり難いです。更にクラッチが遠く、ブレーキ・アクセルが近いので、どちらにあわせてもうまくいきません。ケイマンと同じ現象です(シートはケイマンの方が低いけど)。
 エンジンは外で聞いていると相応に音量が大きかったのですが、中に乗ると静かです。カローラとは違いますね。さて、発進。クラッチだけで問題なく進みます。おっ!敷地から道路へ出ましたが、225/40R18とは思えません。良い感じです。
 道路を走っても乗り心地は良いです。180Gよりも更に乗り心地は良い気がします。路面が荒れていてもうまく吸収しています。18インチでこれなら、標準の16インチならもっと良いでしょうね。これはなかなかのものです。入力された衝撃をうまく吸収してくれて、安定しています。頭も動きません。
 エンジンのレスポンスが悪いという評価も見ましたが、実際に運転してみると特に問題は感じません。クラッチを操作する左脚の膝裏が圧迫される問題を除けば操作性も問題ありません。シフトフィールもFRみたいなかちっとした感じはありませんが、問題はありません。RSといっても、我が家では実用車候補ですから、この程度で十分です。
 エンジンは期待していなかったのですが、意外と音も悪くありません。結構、スポーティ。1速で上まで引っ張ってみましたが、軽く回りまし、音質も悪くないです。レブリミットは6400回転位で低いですけれど、これは仕方ないでしょう。音は86の演出した音と比べても、私は自然でこっちの方が好きです。2ZR-FAEは、私の嫌いなバルブマチックですが、知らなければ気がつかないでしょう。ふむ、これは拾い物です。わざわざハイオク仕様にしなくても、180Gと同じレギュラー仕様でいいんじゃないかと思いましたが、その価値はありそうです。評論を見るとエンジンがぬるい、物足らないとか書かれていたのが多いですが、まあ、それは「RS」としてみての話でしょう。
 戻ってきてバックさせたらバックモニターがついていてガイドの線もでて相方が感動していました。まあ、これはディーラーオプションで、別にオーリスでなくてもありますけどね。私は別になくても良いです。

 さて、実用車(RSという名前は忘れて、そうですね、180GTと考えて)として見れば、欠点は一つだけです。繰り返し述べているようにシートの前縁が高くてクラッチが踏み難い、ブレーキ、アクセルがクラッチと比べると近すぎることにより、というクラッチ操作がやややり難いという点だけです。ケイマンはそのせいで長く乗ると疲れたので、これも同じかもしれません。シートを交換するか、なんらかの方法で下げれば解消しそうな気がします。または、ケイマンでも試みましたが、クラッチペダルに下駄をはかせるかです。
 相方の不満は私と逆?でシートが低く、ダッシュボードが高いので周りが良く見えないという点です。86も同じですけれど、スポーツカー系だとそういうことが時々あるようです。エリーゼはダッシュボードも低いので問題は無いですが。それと車が大きい(ゴルフ級なので)というのが不満ではあるようです。
 まあ、でも、オーリスRS、良いです。シートは最悪交換してしまえば良いですから。もしくは、それが本当に良いかは別にして、何かしらのクッションを敷くという手もあるでしょう。お尻が上がれば、膝の圧迫は減るでしょう。また、助手席の相方も体が上に上がるので視界はよくなるでしょう。低反発ウレタンでうまく成形すれば、シートを交換しなくても済むかもしれません。

 残る問題はFFだということただそれだけです。あ、お金の問題はまた別の話です(苦笑)。自分で実用車とはいえ、FFを買うふんぎりがつくかどうか。(^^;ただ、FFは嫌だと言い出すと86か320位しかないんですよねえ。MTだと。カローラは駄目でしたし。320は値段が高いのでとりあえずおいとくとして、86とオーリスRSを比較すると車の出来はオーリスRSが上だと思います。

 まあ、AWが今は元気なのですぐには必要ありませんし、もし、相方がルーテシアを買い換えてくれたら追加で導入する必要もありません。ただ、AWは寒くなるとまた調子悪くなるでしょうし、相方は乗り換えるつもりはないようですので、そう遠くない将来に必要になるのではないかと思っています。そういう時にFFさえ我慢すればMTの実用車が買えることが分かったのは大きな収穫です。もちろん、FFでよければスイフトスポーツも良いです。やはりちょっとスポーツに振りすぎている気がします。後、よく出来ているとはいえやはりリアがトーションビームですので、路面の状況によってはオーリスが勝るでしょう。

|

« JAPAN LOTUS DAY 2012 | トップページ | ゴルフ7はやはり我が家では買えないなあ »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーリスRS S Package試乗:

« JAPAN LOTUS DAY 2012 | トップページ | ゴルフ7はやはり我が家では買えないなあ »