« 光学迷彩がいよいよ実現!? | トップページ | とりあえず、これで良し »

ルーテシア vs up!

 前に書こうかと思って時間がなく後回しになっていました。先日、up!の試乗に行った際には相方号のルーテシアで行ったのですが、試乗を終えてルーテシアに乗って帰った時に感じたことです。
 大概の車(我が家が試乗に行く)と比べるとルーテシアは負けているので、さっきの方が良かったなとという風に感じるのですが、今回は少し違いました。乗り心地そのものはup!の方が良いと思いますが、ただ、乗り味という意味で言えば、up!の試乗の感想にも書いたように、up!はなんか軽いです(軽薄というと言いすぎかもしれませんが)。それに比べて、実際に200kgほどルーテシアは重たいのですが、重厚さを感じます。ルーテシアに普段乗っているとそういう風には感じませんが、up!の試乗直後にはそう感じました。単なる車重によるものではないことは前回述べた通りです。
 この差が何によるものかはよくわかりません。ボディ剛性?サスペンションの取り付け部剛性??最大の問題が乗り心地のルーテシアが何故up!よりも良く感じられるのか(乗り心地自体ではありませんが)、私にはわかりません。うーん、違いはボディなんでしょうか?ルーテシアの乗り心地が悪い原因はサスペンションにあるように思われます。なので、ボディ自体はup!よりもルーテシアの方が強いのかもしれません。up!は軽量に作られていますが、それは何かを犠牲にして成り立っているのかもしれません。
 そういう部分は素人にはわかりませんので、自動車評論家の方々にお願いしたいのですが・・・まあ、これが絶賛の嵐でほとんどあてになりません。AMTとしては最良だなんてたわごと言う人もいるくらいで(スーパースポーツ系のシングルクラッチのAMTを除けば、私はMR-Sが最良だと思います。ただし、あれは「D]がなく、常にマニュアルモードで変速しないといけないので、悪い部分が出ないだけかもしれませんが)、批判されているのは精々、リアにパワーウインドウがない(どころか窓がチルト式)とか運転席側にパワーウインドウのスイッチがないとかその程度です。
 私が読んだ中では唯一、沢村慎太郎氏が批判的というか、さめた見方をしている位です。日本メーカーが驚愕しているとかいって持ち上げているだろうけど、トヨタのエンジニアが驚いていたのはコストのかけかたではなく、そういう考え方もあるのかという部分だとカーマガジンの11月号で述べています。それは直3の騒音対策のためにエンジンルームに穴を開けない設計をしている点だと。いつものように言葉足らずでそれが何を意味するのかよくわかりませんが、確かにアイドル状態で静かなのは確かです。もっともAMTの長所で停止しているとクラッチを切るので、トルコンAT/CVTのようにぶるぶるとした振動がないということもあると思いますが。そして、最後には小さく軽く走って愉しいという要素は薄いとも書いています。

 話が少しそれました。up!と比べるとルーテシアはパワフル、特にトルクが厚く感じました。まあ、これはスペック通りの違いではありますが。普段は出足がのろく、低速トルクが薄く感じますが、伊達に排気量が60%多い訳ではないでしょう。up!だけ乗っている分にはそれほど遅くは感じませんけれど、絶対的にはやはり非力です。
 トランスミッションは、up!最大の弱点ですが、ルーテシアも古臭い4ATなので、良い勝負です(苦笑)。ルーテシアのATは変速ショックも大きいですし、ギヤも離れすぎです。
 シートはup!の勝ちですね。大きさも負けていませんし、ルーテシアにみたいにすぐにあちこち痛くなったり、疲れたりしません。後部座席も2人乗り、3人乗りの違いはありますが、2人で乗ることを前提にすると大差ないと思います。ルーテシアももともと広いわけではありませんから。
 装備はHigh up!のシートヒーターとエマージェンシーブレーキを除けば、ルーテシアが充実していますが、元々一クラス上ですから当然でしょう。
 up!はルーテシアの代替になり得るか?我が家に限定すれば、なり得るでしょう。up!の弱点は我が家ではそれほど問題になりませんから。より小さいというのは大きな利点で相方ももしルーテシアを買い換えるならup!は候補の一つだといってます。
 私?私は・・・なんかあの軽い乗り味が気になるのですよね。Aセグの車としては出来は良いのでしょうし、ほかにもっと酷いのはいくらでもあるとは思いますが・・・・。でも、例えば、スプラッシュはエマージェンシーブレーキを除けば、装備でも同等かそれ以上でより安いです。乗り心地を我慢できればiQという手もあります。1.3ならMTもあります。なんか、こう、ゴルフやポロと違って、up!には気が乗りません。比較のためにスプラッシュとミラージュを試乗してきたいのですが、CVTで、DBSしかないのでまず間違いなく購入することはないため、行っていません。

 

|

« 光学迷彩がいよいよ実現!? | トップページ | とりあえず、これで良し »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルーテシア vs up!:

« 光学迷彩がいよいよ実現!? | トップページ | とりあえず、これで良し »