« 来た、買った、食べた!? | トップページ | up!試乗 »

縦割り行政(軍政?)

 通勤時に「告白的「航空化学戦」始末記 空白の戦記II」光人社NF文庫を読んだのですが、その中に出本鹿之助著「艦隊主計長「南方戦線」行状記」が含まれています。この著者は大佐でアンボンで主計長をしていたのですが、補給に苦労した話が書かれています。それはそれで良いのですけれど、その中で、海軍はなんとかなったが、陸軍はちゃんと考えていないから駄目だったとか、食料求めて違う島へいった、何しにきたんだなどという記述がありました。
 これはある個人の考えではありますが、でも、当時の海軍全般でそういう感じ方をした可能性はあるのだろうなと思います。海軍は海軍、陸軍は陸軍ですから。でも、本来はこれはおかしいのですよねえ。陸軍も悪いのですけれど、あるべき姿を言えば、海上輸送による補給の責任は海軍が負うべきです。でも、実際には依頼された護衛は行っても補給そのものの責任を負うという考え方はなかったようです。
 だから陸軍がしまいには輸送用の潜水艦を開発したりしまった訳です。陸軍空母は元々は強襲揚陸艦なのでちょっと違うでしょうけれど。そう、そこもね。日本では上陸作戦の主体は陸軍でした。だから、揚陸艦艇も陸軍が保有していました(海軍のもありますが)。これも本来はおかしな話でしょう。
 まあ、陸軍が自分でやりたがったということも確かにあるとは思いますが・・・・根本は統帥権の独立にあるでしょうね。陸軍の統帥権、海軍の統帥権どちらも天皇しかもっていません。なので、陸海軍に命令を出せる人物は天皇だけです(法的には)。それがほっとても縦割りになる役所・官僚(軍も明らかに官僚組織です)が、統帥権の独立により、完全に並列、真っ二つに分かれてしまっています。組織の名称は別にして、天皇に直属する統合組織があり、その下に陸海軍があればもう少し違ったのではないかと思います。もちろん、理想は統帥権の独立をやめて、首相に権限を委譲出来れば良いですが。
 では、現在はどうか?形式的には整っていますが、海自に離島でへの補給を行う責任があるという意識があるのかどうか?素人部外者にはわかりません(見えていません)。もちろん、戦前と違って輸送艦は陸自ではなく海自しかもっていませんが・・・。、

 

|

« 来た、買った、食べた!? | トップページ | up!試乗 »

戦史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縦割り行政(軍政?):

« 来た、買った、食べた!? | トップページ | up!試乗 »