« ルノーのMT | トップページ | 退職したはずなのに »

例の車

 実質的にはとっくの前に見送り決定していましたが、名残惜しさがあって形式的には未決定扱いにしていましたが、先日、確認したら、売れていました。めでたくというべきでしょうか?
 具体的には何も述べていませんでしたが、決定したので紹介します。検討していた車とは、アルファロメオ アルフェッタGT-Vです。意外かもしれませんが、この車のスタイリングは大好きです。以前にも見に行ったりしたこともあったのですが、程度が良いのがなく、縁がありませんでした。
 しかし、今回は程度は文句ありませんでした。外装の細かい傷はありますが、内装は年式考えると恐ろしく綺麗で、乗るのを躊躇する位でした。中に乗ってシートに座って見ると所謂中古車臭はしません。新しい車みたいです。実質ワンオーナー(家族間での名義変更のみ)で、大事に乗られていたことがわかる車です。レストアした綺麗さではなく、オリジナルを維持した綺麗さでした。

 ただし、問題が一つありました。それは左ハンドルだったということです。それさえ克服すれば、そう高い値段でもありませんでしたし(アルフェッタとしては高いでしょうけど)、購入することは出来ました。それとこれは問題ではないのですけれど、踏ん切りがつかなかった理由がもう二つ。一つは品川5xナンバーであったことです。シングルナンバーと違い、余り注意が払われていないので、5xナンバーはどんどん減っているように思います。私は品川管内に居住していませんから、ナンバーが変わってしまいます。もう一つは、エリーゼを下取りに出すことは出来ないので、追加するしかありません。そうなると車庫に入れられません(エリーゼを外に出す訳にはいきませんので)。ボディカバーはかけるにしてもやはり古いアルファロメオですので、不安があります。どちらも、気にすることはないといえば、その通りなんですが・・・・左ハンドルということもあって、踏ん切りつきませんでした。

 次の車検までとりあえず乗って、それからその後どうするかを考えるという手もあったとは思います。車屋にも言われましたし、普段3台目(我が家で4台目)追加に難色を示す相方も格好良いねといって気にって、車検まで乗るのもいいんじゃないと言っていました。しかし、そういう乗りつぶすような乗り方はしたくありません。だって、好きな車ですから。もう少し程度が悪ければ(値段を考えれば納得出来る)、そういう選択も出来たかもしれませんが・・・。

 ジュリアやらもっと古いアルファロメオと違い、アルフェッタGT-Vはこれまで余り尊重されてきていない車です。ですので、程度が良いアルフェッタGT-Vはそうそう残っていないでしょう(少なくとも日本には)。ですから、これはやはり品川5xを引き継げてかつ車庫で保管出来る人が所有すべき車だと思います。もちろん、私が購入しないからといってそういう人が購入してくれるとは限りません。最終的に購入したのがどこの誰かはわかりません。安いFRのアルファロメととして購入され、今頃野ざらしになっているかもしれません。または、変な改造をされてしまうかもしれません。それならまだ私が買った方がましではないか、そう思うこともありました。
 やはり左ハンドルであることと、車庫に収められないことの二点が克服できませんでした。また、今、我が家に必要なのは、快適で実用的なMT車であって、趣味の車ではありません。アルフェッタGT-Vだと趣味車にまたなってしまいます。エアコンがないというのは秋から春ならそう問題はないでしょうが、信頼性は・・・AWよりもやはり低いと考えるべきでしょう。キャブですし、やはり手間はかかります。延々悩み続けていましたが、踏み切れませんでした。

 今は、ちゃんとナンバー引き継げて車庫保管出来る人に引き取られていったことを祈るのみです。

 まあ、同程度の車はもう出てこないでしょうね。もし、右ハンドルで出てきたら・・・その時は買いたいですが・・・車庫問題は解決しませんね・・・。

 第三者的に見れば、エリーゼとアルフェッタを入れ替えて、別途実用的な小型のMTを追加するのが一番良いのでしょうね。エリーゼがどうこうではなく、趣味車1台と実用車1台というのが正しいでしょう。あ、AWは別格なので、AWに加えて、という意味です。エリーゼを手放せないのなら(手放せません)、あきらめるしかありません。AWも含めて、趣味車3台はやっぱりおかしいですね(笑)。え?一人で趣味車2台でも、既におかしい?(^^;

|

« ルノーのMT | トップページ | 退職したはずなのに »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 例の車:

« ルノーのMT | トップページ | 退職したはずなのに »