« ボクスターS(981)試乗 | トップページ | 写真よりはまとも »

DAIKANYAMA T-SITE

 金曜日、一日だけ休暇が取れたので、これにいってきました。
http://www.lotus-cars.jp/mailnews/mailnews201208/
 ここは、これまで一度行ってみようと思いつつ、なかなか行くきっかけがありませんでした。ナビに電話番号を入れたら登録されていなくて、住所をメモしていなかったので焦りましたが、なんとか無事に到着しました(その辺を何周したかは内緒です(苦笑)。

 妙に「おしゃれ」で蔦谷には見えませんね。さて、エリーゼSですが・・・まあ、これはTMS2011でも見ましたからね。特に目新しくはないですが、一応近くで見たのは初めてです。赤で、スポーツパックとツーリングパック付きの豪華?仕様。これが広報車だそうです。
Elises
 シートはいいですね。このシートは好きです。まあ、ノーマルも悪くはありませんが。 ツーリングパックのおかげで一応内装は革・・・とはいえ、ダッシュボードは同じです。ああ、ただ、ステアリングポストの右側の小物入れの中にも中敷きがついていましたが(写真は撮り損ねました)。
ElisessheetElisesroom
 エンジンルームはカバーがついていますが・・・カバーの下を見てもやっぱり上へ伸びていて重心が高くなっていそうです・・・。トランクが狭くなっている(排気系を除けて斜めになっている)のはこの顔になってからであって、エリーゼSだけではないですが。
Elisesengine
 ラッパはこんな感じ。ポルシェよりはましですね。
Elisesrappa

 説明員としてきていた人と色々話をしましたが、安全関連規制のため、今のエリーゼがどれだけ続けられるかわからないそうです。歩行者保護の規制が年々厳しくなっているそうです。MRなのでボンネットは平気ですが(ルーテシアRSはこれにひっかかって日本で新車が販売出来なくなりました)、脚にぶつかった場合跳ね上げて人はフロントガラスにぶつかったりした場合にどうかとか、そういう規制が厳しくなっているそうで。
 新しいエキシージSの話も少ししましたが、実際に納車されるようになるのはまだかなり時間はかかりそうです。年末か年明けでしょうか。値段はやはりエヴォーラと同じ位。ロードスターは格好いいですけど、まあ、やっぱり我が家には意味がないですね。ホイールベースが伸びているので直進安定性は向上しているし、高速コーナーも良くなっているだろうといことですが、何せ、エリーゼのホイールベースを伸ばして、スーパーチャージャー付きのV6を突っ込んでいますからね。S2は元々リアヘビーですが、これは4:6どころか、3:7に近いでしょうね。そこをどうロータスが仕上げたか興味深いです。

 フェアはグッズやらビデオやらありましたが、ミニカーはあまりなく、結局、タオルを買っただけです。後は洋書のエリーゼ本とヘインズのAWのマニュアルを買っただけでした。AWのマニュアルは修理書を持っているので入らないといえばいらないのですが、写真も載っているのでまあいいかなと。

 元リンドバーグの本コーナーを除けば、余り興味がある本は売っていませんでした。うーん、まあ、何かイベントがないとくることはないかなあ。

|

« ボクスターS(981)試乗 | トップページ | 写真よりはまとも »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAIKANYAMA T-SITE:

« ボクスターS(981)試乗 | トップページ | 写真よりはまとも »