« T530を買いましたが・・・ | トップページ | 衆議院選挙制度改革 »

低走行距離が良いとは限らない

 先日ある中古車を見に行きました。個体が特定出来る可能性があるので車名は書きませんが、もうだいぶ古くなってきた(クラシックカーというほどで古い訳ではありません)オープンカーで中古の価格が上昇している車、とだけ書いておきます。

 走行距離が少なく(1万km未満)、車庫保管の極上車という触れ込みで、売値は新車当時の価格とほぼ同じでした。野外の展示場とは別に敷地の端にガレージがあり、その車はその中に保管されていました。そこには色々な車が保管されていましたが(売り物)、その車種はそれ一台だけでした。でも、私にはそれが本当に目的の車だとは信じられず、他にもあるのではないかと探してしまいました。
 埃をかぶって全体的に薄汚れており、タイヤは空気が減ってへこんでおり、泥だらけ。ホイールも汚れたままです。下回りにはくもの巣がはっています。リアスクリーンも白濁しており(ガラスではなくビニール)、幌も綺麗とはいえません。フロントスクリーンの周りの黒く塗装されている部分は塗装がひび割れています。
 走行距離うんぬん以前にこれが売り物だというのが信じられません。私は買い取り希望の連絡を受けて、個人の車庫に確認にきた業者ではありません。しかし、これでは車庫で長いこと寝ていた(放置されていた)車を買い取り査定にきた業者がみた車と同じです。
 車検や点検のステッカーをから判断すると車検が切れてから約4年経過しています。車検が残っている状態で買い取られてそれからここで4年寝ているのかどうかはわかりませんが、少なくとも4年間走っていないのは確かでしょう。状況からして、ここで4年寝ていたと考える方が自然です。
 ただし、ボディの塗装面だけは確かに綺麗です。でも、これは本当にオリジナルの塗装でしょうか?残念ながらそこまで見極める「目」を私は持ちません。が、なんとなく塗りなおしたような印象を受けます。それだけ、ボディの塗装だけが綺麗なのです。まあ、とはいえ、ここにきてから塗りなおしたのではないでしょうが。多分、相対的に耐久性が高い塗装面だけは屋内保管のおかげで劣化しなかった、と考えるべきでしょう。
 幌は最近交換したといっていましたが、最近というのは5年前?10年前でしょうか?少なくとも買い取られてきた後ではないでしょう。リアのビニールのスクリーンは白濁していますし、幌そのものも綺麗とはいえません。

 室内を見てみると汚いとまでは言いませんが、低走行の極上車という感じではありません。確かにシートの生地が擦り切れたりはしていませんが、室内のあちこちに細かい傷は結構あります。そして全体的な印象が良くありません。メーターを見ると走行距離は確かに1万km未満です。でも、そのメーターも中で結露してそれから乾燥したような後があり、綺麗ではありません。

 もちろん、屋外で長期間放置していたような車と比べれば綺麗でしょう。走行距離も嘘ではないかもしれません。しかし、新車価格と同じ値段で売る極上車、では決してありません。これは単に「走行距離が少ない屋内で長期間放置されていた車」に過ぎません。

 正直に高いというと、今この車種は良いタマがほとんどありませんからと言われました。それはわかります。わかりますが、じゃあ、何故、こんな状態で放置されているのでしょう?ここへ来た時にはどういう状態であったかはもはやわかりません。しかし、現状から言えば、持ってきてこの保管場所にいれて、そのままずっとそのまま、としか思えません。

 もちろん、内装が期待ほど綺麗ではなかったとはいえ、相対的には状態は良い方でしょう。塗装もとりあえず(それがオリジナルかどうかは別にして)綺麗です。しかし、この車をまともに走らせるには後いくらかかるのでしょう?エンジンはまともに動くのでしょうか?各部配管はそのまま使えるのでしょうか?ガソリンタンクの中はどうなっているのでしょう?ブッシュはもう全部つぶれて駄目になっているのではないでしょうか?
 これを買って綺麗に仕上げれば(売り文句に嘘がないのなら)、それは良い状態に出来るでしょう。でも、じゃあ、数十万で売られている走行距離10万km程度の同じ車を同様に仕上げた時と比べてどうでしょう?ボディ(モノコック)の劣化の違いはあるかもしれませんが、どうせフルレストアするなら、その時に手は打てます。レストアにかかる費用も考えれば、相当高くつくでしょう。

 それになにより、この車はもう死んでいるのと同じです。過走行の車であっても死んではいません。あちこち不具合があったとしてもとりあえず走れる車と比べれば、この車はもう死んでいます。このままでは走りません。

 何故、この車はこうなってしまったのでしょう?元の持ち主が車庫で長期間眠らせてたのを手放してきたばかり・・・ではないでしょう。ここにきてから相当の時間が経過していると思います。もしかすると来たばかりの頃は車検も切れていなくて元気に走っていたのかもしれません。そうだとしたら、この車はこの業者に殺されたことになるでしょう。
 もちろん、買い手がいままでついていなかったということを考えると最初からこれに近い状態だったのかもしれません。ただ、私にはなんとなく、相場が上がるまで売りに出さずに保管していたのではないかと思えてなりません。買い取った時の価格はそう高いものではなく、相場が上がってきたので数年放置してから売りに出した、そういう風に思えてなりません。

 もし、そうではなく、わりと最近、放置されていた車を買い取ったのだとしてたら、何故、そのままここに放置しているのでしょう?私だったら、タイヤやホイールを洗い、空気を入れます。下回りも綺麗にします。言い方が悪いかもしれませんが、もっとぱっと見綺麗に見えるように仕上げます。
 もし、そういう風に綺麗に仕上げられていたら、私も騙された?かもしれません。しかし、あの状態であの値段で売れるとは思えません。可愛そうにあの車はやはりあの業者に殺されてしまったとしか思えません。

 車は生物ではなくあくまで機械ですが、でも、やはり生きていると思います。生きているからにはいつか死にます。それは事故の場合もあるでしょうし、病気(故障)の場合もあるでしょう(治してもらえずに殺される)。しかし、それ以上に、適度に走らせないといけない、ずっと走らせないでおくと死ぬ、ということを言いたいのです。
 エンジンもサスペンションも車の稼動部分全てがある程度定期的に動かさないと駄目になります。もちろん、生物ではなく機械ですから、部品を交換すれば生き返ります。そこが生物と違うところです。でも、いくら車庫保管でもずっと放置していたら死にます。死んだ車はそのまま勝手に生き返ったりはしません。

 室内外は見た目綺麗で走行距離も少ないワンオーナー車庫保管の極上車を買っても、ブッシュは変形し、ホースはひび割れ、コネクターの端子は錆びたり異物が入り込んで接触不良を起こしており、エンジン内部はオイルが完全に抜け落ちて、そのオイルも劣化してどろどろ。ガソリンタンクの中ももはやガソリンとはいえなようなものが入っている、そういう状態かもしれません。
 もうそれは死んだ車です。そうですね、生物に例えれば剥製かホルマリン付けの標本みたいなものでしょう。博物館においていくか、お金をかけて生き返らせるか、そのどちらかでしょう。ああ、あなたの車庫においておくのもいいかもしれませんね。死んだままでよければ。

|

« T530を買いましたが・・・ | トップページ | 衆議院選挙制度改革 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

連コメ失礼します。 この前買ったNR-Aはもうすぐ17万キロです。  あまりにも調子が良い♪ので永らく乗ることにし 燃料フィルターとクラッチを交換しました!!

投稿: tame | 2012年8月24日 (金) 15時56分

tamaさん、
 17万kmですか。それはすごいですね。うちの白じいことAWはやっと12万kmになりそうです。まあ、途中で複数台所有になったせいもありますが。
 走行で劣化する部分と経年劣化する部分もありますし、走り方にもよりますから、一概に10万kmオーバーならだめとは言えないですよね。

投稿: | 2012年8月31日 (金) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低走行距離が良いとは限らない:

« T530を買いましたが・・・ | トップページ | 衆議院選挙制度改革 »