« 退職しました | トップページ | 「特集ミッドシップは本当に理想のレイアウトだったのか? Part 3:Toyota MR2 Prototype 国産初の量産ミッドシップに懸けた夢」への疑問 »

マセラッティ コレクション

 通勤場所が変わって、通勤時間が約4倍になったせいで、色々な余裕が無くなってしまいました。まあ、元々が短かったので、今が普通というか、平均的な通勤時間なのでしょうけれど、就職してずっと通勤は楽をしていて、またそれを前提に色々生活が組み立てられていたので、かなりきついです。
 という訳で、もともと不定期にしか書けなかったのに、更に頻度が落ちてしまいました(苦笑)。

 6/13に招待状(召集令状とも言う)がきたので、マセラッティ コレクションなるイベントに行ってきました。都心は近くなったので、こういうイベントには行きやすいといえば、行きやすいですが。

 どういうイベントかはここで紹介されていたのでみてください。
ttp://response.jp/article/2012/06/13/176060.html
 ただし、最後にショールームは敷居が高くて入りづらい人にもこういうイベントでマセラッティに触れて欲しいとイベントの狙いをマセラッティ ジャパンの担当者が語ったとありますが・・・・ショールームの方が敷居は低いと思います。入り口で人が立っていて、各店舗別の受付があって、いらっしゃいませ、といわれるイベントに招待状無しで私はいけません(苦笑)。

 写真はここにもあげておきますが、召集令状・・・招待状をくれたマセラッティ目黒のスタッフブログの方が良く撮れているのでリンクを張っておきます。
http://maseratim.exblog.jp/

 先にいっていた相方と合流。現マセラッティ前ポルシェ担当営業氏に挨拶。思ったよりも販売は順調なようです。彼曰く、このイベントはクロージングイベント(といっていた)で、見せるためのではありませんと。つまり、6月の期末を前に売りさばくためのイベントだという意味です。まあ、その割には商談している人はあまり見かけませんでしたけど。

 ちょうどテーブル席が空いていたので案内されて、お茶と軽いおつまみいただきました。
MoyatuMcafe
物販コーナーにミニカーがありましたが、MCストラダーレのミニカーはなんと4万。うーむ、さすがに手が出ません。

 ビアンコフジのクワトロポルテは確かに綺麗でした。特別価格で販売ということでしたが、私がいった時には既に売れていたようです。
Mcpbfr0Mcpbfr1
 マフラーはラッパですが、ポルシェと違って2本をまとめて一つのラッパにしていたので好感持てます。
Mcpbfr2mf
 なんか前よりもクワトロポルテが格好良く見えます。私の好みが少し変わったのかな?これでもでかいですからね。全長5m超は乗れません。中古なら買えなくもないですけれど(維持費は別)。

 グランカブリオ スポーツも格好いいですね。ただ、でかいのが難点。あ、値段も問題ですが(笑)。広い車庫があってお金があれば乗りたいですね。ATですけど。
Mgc
 MCストラダーレはステッカーはってました。エンジンルームを見ることが出来ましたが、完全なフロントミッドシップ。まあ、全長4.9mのFRですから、4.7L V8といっても収まりますけどね。
Mcs3
Mcs2
 タイヤは意外と薄くないのですよね。まあ、幅が広いせいもありますが、リアで35扁平なので、ゴムの部分は相応の厚みがあります。クアトロポルテ スポーツ GT Sの方が薄いです。
Mcpbfr3ftMcpbfr4rtMcpbfr5Mcpbfr6Mcpbfr7
 ブルガリとマセラッティのコラボモデルの時計が展示されていました。えっと世界200個、日本30個とかいっていました。でも、既に割り当て分完売だそうです。時計は実用品としてしか興味がありませんが、実物はまず見られない代物だったようです。お値段327万円だったかな?うむ、86買えます(笑)。不景気だといっても日本の経済規模の大きさを感じさせられる話です。
Mbrugari

 長居しても仕方ないので帰りましたが、帰り際にホテルの駐車場に一応展示されているボーラとセブリングを見て帰りました。ボーラはこうしてみると低くて小さいですね。外見は綺麗でした。これの維持は大変だろうなあ。
MceburingMboraMbora3Mbora4
 マセラッティももうちょっと小さいのを出してくれると良いのですけどね。クーペも二世代前はずいぶん小さかったんですが・・・どんどん大きくなってしまいました。アルファの4Cのマセラッティ版という話をちらっと聞いたことがありますが、それがでれば、大きさは手頃なんですけどね。まあ、でないかなあ。

|

« 退職しました | トップページ | 「特集ミッドシップは本当に理想のレイアウトだったのか? Part 3:Toyota MR2 Prototype 国産初の量産ミッドシップに懸けた夢」への疑問 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マセラッティ コレクション:

« 退職しました | トップページ | 「特集ミッドシップは本当に理想のレイアウトだったのか? Part 3:Toyota MR2 Prototype 国産初の量産ミッドシップに懸けた夢」への疑問 »