« 「特集ミッドシップは本当に理想のレイアウトだったのか? Part 3:Toyota MR2 Prototype 国産初の量産ミッドシップに懸けた夢」への疑問 | トップページ | ボクスターS(981)を見てきました »

どっちもどっち

 野田総理・・・いや野田代表。党の方針に反して反対するという連中に、「心から心から心からお願い」してどうします。嫌なら出て行け、反対するなら除名(除籍)だと宣言すべきでしょう。政治生命をかけてやるのなら。

 小沢以下、反対しているグループも。もう今の民主党は本来の民主党ではないというのなら、さっさと離党して真民主党でも作れば良いでしょう。

 結局、どちらも数が減るのが嫌で、最後まで党の分裂を回避したいのでしょうが、代表がそういう態度なら、反対しても大丈夫と思う連中が出ます。どちらも覚悟が足りません。

 今日の投票の後、どうなるかはわかりませんが、反対者に対する断固たる処分を望みます。そして処分される前に自ら離党し、新党結成すべきです。

|

« 「特集ミッドシップは本当に理想のレイアウトだったのか? Part 3:Toyota MR2 Prototype 国産初の量産ミッドシップに懸けた夢」への疑問 | トップページ | ボクスターS(981)を見てきました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どっちもどっち:

« 「特集ミッドシップは本当に理想のレイアウトだったのか? Part 3:Toyota MR2 Prototype 国産初の量産ミッドシップに懸けた夢」への疑問 | トップページ | ボクスターS(981)を見てきました »