« インドはやっぱりいいんだ | トップページ | スズキ歴史館:開発編 »

BRZ/86再試乗

 GW前半終了しましたが、皆さんいかがお過ごしですか?意外と渋滞は酷くはなかったようですね。普通の三連休程度。まあ、後半が勝負でしょうか?でも、お天気悪そうです。
 さて、前回余りに乗り心地が悪かったBRZですが、それはBRZか、個体の問題か、それとも試乗コースとの相性か、それを確かめるために最寄りのスバルにいって試乗してきました。最寄りといっても、最近、近所のスバルのお店へ減っていて、車で15分位かかるのですけど。
 ここの試乗車はSのAT・・・のはずでしたが、いったらあったのはSのMT。時々入れ替えるそうです。MT大歓迎です。
 さて、発進。うん?この前よりも良い感じ。少なくともディーラー前の片側一車線ですが幅が広い道路(国道ではなく、県道ですが)を走る限りは、前回のようにゆさぶられ続けることはありません。しかし、路面が荒れてくるとやはりかなり揺れます。リアがばたばたする感じをやはり受けました。まあ、前回は車全体がゆさゆさぶるぶるでリアだけがばたばたどころではありませんでしたから、かなりましです。
 乗り心地の確認ですし、試乗ですから、おとなしく走っていたら、捕まらない程度に踏んでいいですよと言われてしまいました(苦笑)。速度はそれほど上げず、アクセルを踏み込んで走ってみるとやはり吸気音が響きます。まあ、全体としてATよりもMTの方がまだ音はましな気がします。それでも、音で買うほどのものではありません。インプレッサなどのと音は違いますかと聞いてみると、BRZは他とはちょっと違う音ですとの回答。確かに昔試乗したかなり前のSTI(試乗だけで疲れ果てたハードな車だった)やレンタカーで1日借りたことがある先代インプレッサの1.5などと比べると音は違います。BRZの方が荒っぽい気がします。とはいえ、出来の良い直四の方が私の好みです。
 86では気になりませんでしたが、BRZではシフトレバーは上下は良いのですけど、左右はやや距離がありすぎる気がしてきました。えっと、つまり、2速から3速に入れるとして、上下のストロークはそう長くはないのですか、左から右への移動距離が長めに感じたという意味です。実際には86との違いはないはずなので、2回目で慣れてきて、最初に気が付かなかった点に気が付くようになったということなのでしょうけど。
 例によってエリーゼで走った時との相対的な差で言えば、最初に試乗したRのATにオプションつけた車よりもましで、86に近い気がします。ただし、路面の影響をかなり受けやすい印象も受けました。いわば、相性が悪い路面だと急激に乗り心地が悪化します。どっちがいいかと言えば、やはり86の方がましな気がします。前回も述べたように正確にはまったく同じ道を走らせないと判りませんが・・・。まあ、でも、どちらを選ぶと言えば、やはり86でしょうか。BRZの方が乗り心地が良いという評価もあるようですが。

 で、次は86です・・・といっても試乗したのは私ではなく、相方です。前回、助手席に乗れなかったので、今回は相方の試乗にメガネッツ厚木にまたいってきました。ATもあるので運転しないかと再度確認しましたが、運転しないというので、営業氏に運転してもらい、相方は助手席で試乗しました。ちょうどGT Limited(17インチのMT)は試乗中だったので、G(16インチのAT)です。まあ、ここの試乗コースだと差はないので問題ないでしょう。
 ついでに私は後部座席(助手席の後ろ)に乗ってみました。乗り降りはそう大変ではありません。エリーゼに普通に乗る方がよほど大変(苦笑)。足下は確かに狭いです。が、幸い相方が小柄なのでなんとか乗れます。シートの下につま先が入れば普通に乗れますが、シートを極力低くマウントしているのでそれは難しいのでしょうね。ヘッドクリアランスはぎりぎり。でも、CR-Zの様に首を横に曲げないと乗れないということはありません。ヘッドレストがないのは安全上問題ですが、おかげで首を後ろへ倒すことが出来ます。そうするとリアのガラスから空が見えて、グラスルーフの気分(笑)。窮屈ではありますが、30分程度なら耐えられそうです。例えば、A1は後部座席にヘッドレストありますが、後頭部が先にルーフ後端にぶつかってヘッドレストが意味がない、というのと比べるとある意味ましです。A1も2+2とはいえ、あちらは86よりも人を乗せることを考えているはずですが・・・。なお、誰も乗らないし、乗ってもシートベルトなんかしないせいか、シートベルトの受けが埋もれていて探し出すのに苦労しました。
 さて、発進。へー、意外と平気。後部座席の乗り心地のチューニングなんかまったくやっていないと思いますが、乗った感じは前部座席とほぼ同じです。むしろ、後軸荷重が増えたせいか、リアのばたつきが減った気すらします。試乗程度(最後に渋滞にはまって20分位は乗っていました)では、問題なく座っていられます。ヘッドレストがないので事故に遭遇した時に首が怖いですが、それを除けば、助手席に座る人が小柄でシートを前に出してもらえるのなら、普通に乗れます。BMWミニの後部座席の方が酷いでしょう。
 ヘッドレストつけてくれると良いのですけど・・・・まあ、でも、チャイルドシート+子供はあるにしても、試乗以外で大人が乗ることはやはりほとんどないかなあ。

 肝心の相方評価は、この値段でこれなら上出来とのこと。乗り心地もルーテシアよりも良いので問題はないそうです(概して乗り心地の評価は私よりも甘い)。音も相方は結構良いとのこと。が、しかし、一つだけ大きな問題が。それは相方は小柄なので低い86のシートだと外が余り良く見えないそうです。助手席にシートリフターがあれば問題解決(運転席でシートを上げたら問題なかったとのこと)なのですが、ありません。うーむ、そういうところでひっかかりましたか。これは参りました。
 運転席と助手席を入れ替える手もありますが、シートベルトの受けがシート側についているので、それを左右入れ替え出来ないとシートの入れ替えも出来ません。スペーサーかましてかさ上げする手もありますが、2cmは上げたいというので、さすがに強度に不安を覚えます。理想的には左ハンドル用の運転席を取り付けることですが・・・・。
 はてさて、どうしたものか。でも、マイナーチェンジなどで助手席シートリフターがついたりは・・・しないよなあ。まあ、でも、市販車としては極めて低くマウントされているが故に同様の要望は多いかもしれませんし、そうするとつく・・・かも??
 意外な要因で、保留、です。(^^;

|

« インドはやっぱりいいんだ | トップページ | スズキ歴史館:開発編 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BRZ/86再試乗:

« インドはやっぱりいいんだ | トップページ | スズキ歴史館:開発編 »