« スズキ歴史館:製造編 | トップページ | スズキ歴史館:歴史編その2 »

スズキ歴史館:歴史編その1

 さて、3階です。
120426sh3f
 最初の展示は自動織機。そう、スズキはトヨタと同様に最初は織機メーカーだったのです。創始者の鈴木道雄氏が自動織機メーカーである鈴木式織機株式会社を起こし、それが今のスズキに発展したそうです。
120426shshokki0120426shshokki1120426shshokki2120426shshokki3120426shshokki4120426shshokki5120426shshokki6120426shshokki7

 

疲れてきたのと時間がないのと自動織機は、以前豊田で見たのでざっと流しました。当時の広告を壁に展示していたのは珍しかったです。工員募集のポスターに扶桑また伊勢型のような戦艦が描かれていたのもありました。1950年代までは織機をやっていたそうです。
120426shsyokkicm0120426shsyokkicm120426shsyokkicm1
 実は戦前にも自動車の開発計画があったそうです。織機には半永久的な寿命があり、一度購入したところからは二度と注文がこないという悩みがありました。国産車が(小型や三輪車とはいえ)普及がすすんできたため、1936年にまず二輪車のエンジン開発を試み、試作に成功します。そして、英国からオースチンセブンを購入してそれを手本に1939年に4サイクル4気筒750ccエンジンを搭載したFRの試作車を完成させたそうです。しかし、戦争の拡大による軍需産業化への圧力により約4年で断念せざるをえなくなったそうです。

 二輪車の歴史から。織機メーカー時代に自転車で走っていて遠州の空っ風に負けた役員が自転車にエンジンをつけたものを開発しようと決意したそうです。1952年に最初の原動機付き自転車、パワーフリーE2を発売。36cc、1馬力のエンジンで、自転車なのでペダルをこいで進むことも出来ます。当時25000円なのでそれほど安いものでもないですね。
120426shpowerfree
 それから本格的な自動二輪へと発展したそうです。最初の自動二輪は1954年に発売した最高出力2馬力、90ccのエンジンを搭載したコレダCO。当時の価格は125000円だったそうです。かなり高いように思います。これは量産車では日本で初めて速度計がついた二輪だとか。この名前、「アルト」の逸話からすると、「これだ!」から来ている可能性が高いような・・・。特にそういう説明はありませんでしたが。 コレダの名前はかなり後まで使われています。
120426shcoreda
 1956年に万国を出発して、約二年かけて47000kmを走破し、パリへ到達したダイヤモンドフリーのその時の実車が展示されていました。これは原動機付きの自転車です。
120426shdiamond

 

で、その他展示品はたくさんありましたが、二輪は興味が余り無いのでざっと流しました。すみません。
120426shbike

 それから今度は四輪の開発へ。1955年10月に発売された日本で最初の軽四輪乗用車「スズライト」の実物と映像を使い開発の様子の説明がありました。空冷二気筒エンジン、359cc、15.1馬力、42万円だったそうです。これはFFです。名前の由来は「スズキ」の「スズ」と軽いと光明の「ライト」からきているそうです。
120426shsjk
 1953年4月18日に将来自動車が会社の運命を左右するとして役員会で四輪自動車の開発を決定。しかし、開発は難航し、一時は開発陣から無理です、やめましょうと社長へ提言されたそうです。一晩考えた社長はやはりやると続行し、1955年10月にようやく二台の試作車が完成。難関だった箱根越えテストをクリアし、東京へ。当時のヤナセの社長に乗ってもらい、良い車だから是非販売すべしと助言を得て、ついに販売にこぎ着けたそうです。箱根越えの再現映像で、パワーが無くなり、マフラーがつまったかなといってマフラーを外しているように見えましたが・・・まさか実話??
120426shsuzurite120426shsuzurite2 120426shsuzurite3120426shsuzurite4120426shsuzurite5
 ここで舞台が回転し、量産車が登場し、浜松市内の個人医院へ納車されたという映像が。なるほど、なかなかうまい演出です。 
120426shsuzurite6doctor
 その先にはスズライト一族が展示されていました。
120426shsuzurite7followo   
 1959年に登場したスズライトTL。21馬力、34.5万円。1960年には5824台を生産したそうです。
120426shsuzuritetl120426shsuzuritetl1120426shsuzuritetl2120426shsuzuritetl3

 スクーター免許で乗れますという販売用のポスターがありましたが、昔の軽はそうでしたね。
120426shsuzurite8cm120426shsuzurite9cm1
 1962年に登場したその後長らく使われる「フロンテ」の名称を初めて冠したスズライトフロンテTLA。フロンティアスピリットにFFの意味も込めた造語だそうです。ボール型等速ジョイントを最初に使った車だそうです。359ccで21馬力、38万円。
120426shfronte1120426shfronte2120426shfronte3120426shfronte4120426shfronte5

 1965年に登場したスズライト フロンテFEA-2。22馬力、38万円。第一回日本グランプリ自動車レースの軽四輪部門で、1位、2位、4位と上位を独占。

120426shfrontefea120426shfrontefea2120426shfrontefea3
 そして今度は「キャリイ」。1961年に登場した軽トラで今でも生産が続く、50年以上の歴史を誇る「キャリイ」の初期モデル。価格は29.5万円。トラックなのでFRです。
120426shcarry120426shcarry2120426shcarry3120426shcarry4120426shcarry6cm 
 1959年の伊勢湾台風で本社工場は製造中の車30台もろともに倒壊し、壊滅的な打撃を受けたそうです。それと本格的な量産車種であるスズライトキャリイFBを生産するには手狭ということで、豊川に新工場が建設されたそうで(この指揮をとったのが現会長兼社長の鈴木修氏)。月産300台からスタートし、800台に到達したそうです。
 スズライトキャリイ劇場というコーナーでは実車と映像で、当時酒屋で使われていたキャリイの展示をしていました。帰る祖母を孫娘が駅まで一緒に歩いていたところに遭遇し、乗っていくかい?と声をかけたシーンでまさか荷台に・・・と思いましたが、助手席に祖母だけが乗って、孫娘とはそこで別れました。でした。あーよかった(笑)。でも、当時だったら荷台に平気で乗せたりしたのでしょうね。
120426shcarry5120426shcarry7

 これで3階の北側が終わりです。まだまだありますが、長くなったので、一度終わりにして、歴史編その2へ続きます。

|

« スズキ歴史館:製造編 | トップページ | スズキ歴史館:歴史編その2 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スズキ歴史館:歴史編その1:

« スズキ歴史館:製造編 | トップページ | スズキ歴史館:歴史編その2 »