« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

色々な対応

 緊急高速人員輸送車導入計画発動のため、また色々見て回っています。そうすると、各販売店での対応の差が目に付きます。良い方も悪い方も実名は出しません。

ある中古車販売店
 しばらく前に気が付いた車。車種は珍しくありませんが、右のMTというのは珍しいので、気になっていました。ただ、多分、すぐ売れるだろうなと思っていたら、そこのサイトのストックリストやGooにずっと掲載されたままでSOLDに変わりません。ちょっと走行距離が多いので、実物は値段の割には良くないのかなとも思いましたが、まあ、見に行ってみようと思い、中古車なので電話して確認してみました。最初に電話に出た人は、「ありがとうございます。担当者にかわりますので、少々お待ち下さい。」と良い感じです。で、担当者にかわると「はい」「XXXの右のMTは、まだありますか?あれば見に行きたいのですが」「あー、もうとっくに売れました」「そうですか・・・。Gooなどにまだ載っていたので」「・・・・」。最後の無反応は、なんだよ、もう売れてないよ、とっとと電話を切れよという感じ。あくまで私の印象で向こうがどういうつもりだったかはわかりませんけどね。でも、「もうとっくに売れました」はないでしょう。それから、最後には「そうですか、すみません、訂正します」とでも、口だけでも言えよ・・・。また、問い合わせくるよ!

ある正規ディーラー
 認定中古車を見に行きました。現行モデルで、普通なら中古は買いませんが、年式新しく、装備と値段を考えるとお買い得感があったもので。で、予想はしていましたが、やはり試乗車上がり。実物を見ると色がやはり好みではなく、うーん、やはりこれはないかなと思ったのですが、そうすると、営業氏が、「新車なら色が選べます。減税・補助金ありますし(補助金は中古にはでない)、今なら(年度末が近いので)、新車でも総額ではほとんど同じに出来ます。」と新車の購入を勧めてきました。なるほど、まあ、確かにそう言われるとそうですね。年度末なので値引きやおまけ(ナビとかETCとか)を考えれば、総額ではそう変わらないでしょう。中古といっても年式が新しいので取得税は払わないといけませんし。
 その時は次ぎの予定があったので、じゃあ、中古か新車か考えてみますといって帰りました。道路に出る時に誘導して、見送ってくれました。ここまではよかったのですが、何か忘れています。そう、対応してくれた営業氏、あなたはだーれ?名刺くれないと駄目でしょうが(苦笑)。もし、私が新車買うかなと思ってそこへ再度いったとしても、前回の人の姿が見えなければ、名前が判らないから、その時出てきた人から買いますよ。それでいいのかな?個人のノルマはなく、販売店全体で成績があがれば良いのでしょうか?

別のある正規ディーラー
 ここへは昨年末位にでた新車を見に行きました。今回はちょっと予算オーバーかなと思っていましたが、実物が良ければ考えてみようという位でした。入ったら受付の女性が出迎えてくれて、ぷらっと見にきたのですけれどというと、ありがとうございます、そちらに展示車がございます、カタログはいかがですかと。おお、なかなかいい対応です。
 この分なら、くるなと思って展示車を見ていたら、はい、ちゃんと営業氏がやってきました。そしてちゃんと名刺をだして、XXと申します、よろしくお願いしますと挨拶。こうでないと!営業は!!
 ただ、この車。ディーラーの対応は良かったのですが、車自体は、好みに合わず、残念ながら、購入することはありません。ちょっとかわいそうというか、申し訳ない気持ちです。でも、車が駄目だとどうしようもないですからね。あれで安い車ならいいのですけど・・・結構高いのですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクスター(981)

 現状、エリーゼに問題は無いので(いや、荷物が余り積めないとか、夏はトランクが酷く暑くなるとか、相方にはガツンガツンくるのがつらいとか、高速巡航すると風切り音がうるさくてラジオも聞こえないとか、あるにはありますが・・・私にとっては、ここが嫌だという点が無いという意味で)、乗り換える予定はないのですが、3台目の追加が無理だなら、高速人員輸送車計画を完遂するためには乗り換えも検討しなければなりません。あくまで、検討、ですが。
 この場合、NAのMRという条件が加えられます。基本はMT、最悪DCTも許容というところです。まあ、そうなると候補は、ボクスター・ケイマンとエヴォーラ位しかありません。NSXも条件には合致しますが、もはや古いですし、そのわりに値段は高いです。アルファロメオの4Cは、まだ本当に発売されるかどうかわかりませんし、ターボでDCTですから、よほど実物が良くないと(そして相対的に価格も安くなければ)。
 で、987はMTだと右足が疲れるので駄目です(だからケイマンから乗り換えたので)。また、MY09以前のボクスターは乗り心地が酷いので当然駄目です(ピー太郎で酷い目にあった)。つまり、987だとするとMY10以降のPDKなら可能性がある、という程度です。
 エヴォーラは予算オーバー(苦笑)。それと車庫に入れたら幅が広いので乗り降りが非常に難しいと思われます(うちの車庫は幅が狭いので)。
 では、新型ボクスターはどうでしょう?911が991になったように、ボクスターも987の次は981に戻るそうです。まあ、それだけ大幅なモデルチェンジだと言いたいのでしょうけれど、ポルシェのこの番号の付け方は脈絡がない意味不明ですね。911のビックマイナーチェンジ版は992になるのでしょうが、その次はまた番号が飛ぶのでしょうか?993は3世代前で既に使っているので。

 それはそれとしてまだ世界で未発表のはずですが、既にボクスターのサイトが立ち上がっています。最近は発表・発売前でも情報を出してくることが多いですね(スクープへ対抗?)。 細かい仕様・スペックやら価格などはまだ出ていませんが、結構詳しくでています。
http://www.porsche.com/microsite/boxster/japan.aspx?ws=1

 顔は991と同じようなパナメーラ顔ですが、サイドとリアはカレラGT風?
 リアスポイラーは987は金属の棒(円筒)で支えられていましたが、ちょっとGTウイング風の穴が空いた板にかわっていますね。これは格好いい。
 既に色も判っていますが・・・・緑が無い!うう、今度、もし、ボクスターを買うことがあったら、緑にベージュ内装のVスペ風にするつもりだったのに。緑ははやらないのですかね。でも、MY09以降ではカタログなどでよく使われていましたが・・・。そうすると青系のどちらかシルバーか。いっそ黄色という手も(ソリッドカラーで安い)。相方はマホガニーが好きそうですけれど、営業に止められそう(笑)。
 インテリアは991と同様にパナメーラ風。まあ、これは車の前半分を共用するのは997/987と共通なのでしょう。そのため、981には大問題が発生しています。そう、サイドブレーキが無いのです!991は電気式パーキングブレーキに変更されており、ステアリングの左下くらいのスイッチで操作します。アクセルを踏むと自動的に解除されるようです。わざわざレバーを戻さないで良いので楽だということも出来ますが、サイドブレーキとパーキングブレーキは似ているようで違います。パーキングブレーキはあくまでパーキングブレーキにしかなりませんが、サイドブレーキは補助ブレーキになるし、補助ステアリング(笑)にもなります。これは大問題。
 Z4でそうなって、BMWよ、おまえもか!と思ったのですが、991/981でポルシェもついにそうなってしまいました。これがベンツ辺りだとそれが当然だと思うのですけれど(顧客層の違いで)。まさか、ロータスはそういうことないですよねえ?
 それからキー。今度はキーを差し込んで回すのではないようです。ボタンではないもののノブを回してかけるように見えます。
 三連メーターは同じ(991が五連メーターなのに少ないのも)ですが、一番右はアナログメーターからLCDパネルに変更されています。まあ、壊れなければこれは有用でしょう。
 写真で見る限りは質感はあがったようですが、これは何せポルシェ。実物を見てみないとわかりません(苦笑)。それからPDKの場合、パドル標準になって、あの変なシフトアップダウンのスイッチは止めたのかと思ったら・・・・前と同じステアリングの写真もありました。どうやら、オプションのスポーツステアリングを選ばないとパドルがないのは同じようです。ステアリングスイッチ自体は私は嫌いではないのですが(左右でアップダウン出来るのは実際便利でした)、PDKのあのスイッチだけは間違えて触ってしまうし、非常に使いにくいです。せめてトルコンの時代のと同じにして欲しいです。スポーツステアリング必須ですね、PDKだと。あ、当然、991と同じく、電動パワステに変わっています。これは実際にさわらないと判りません。パワステレスオプション設定してくれ!私位か?選ぶのは(笑)。
 シートは名称がちょっと変わったものの、実態は987と同じように見えます。うーん、ここも987の問題点の一つだったんですが・・・まあ、実際に座ってみないとわかりませんが。まあ、電動シートはスイッチ増えているし、背中の部分の縫い目が円状から横線に変わってはいますが。
 エンジンは2.7Lに逆戻り、ということは途中のマイナーチェンジで2.9Lになるんですね!(^O^)ただし、出力は195kW(265PS)/280Nmなので、10馬力アップ、トルクは10Nm減少です。つまり、排気量が減った分ほどはトルクは減少していないので、上で馬力は出るようになったということです。ここは私好み。とはいえ、245馬力で十分でしたけどね。それでもまだ余っている位。200馬力あればいいです、私は。3.4Lはほとんど変わらず(5馬力増えているけど、トルク変わらず)。
 991と違って、MTは6速。ギヤ比は不明。意味のある6速に変わっているといいけど、中身は同じかなあ?987は6速も5速も日本で使うと同じでしたから(4速が4速と5速に分けられただけ、後は大差ない)。
 アイドリングストップも装備。MTはニュートラルにしてクラッチから足を離すと止まって、再度クラッチを踏むとかかるので問題ありませんが、PDKはブレーキを離すとかかってしまうので、サイドひいてとまっていると止まらないかもしれません・・・ああ、サイドがそもそもないか(苦笑)。パーキングブレーキだとどうでしょう?ブレーキを踏んでいる間、止まるとあるのでやはり駄目かな?
 PDKにはコースティングが装備。つまり巡航中にエンジンブレーキ不要、加速も不要の時にクラッチを離して空走させる機能です。MTならニュートラルにすることで今でも実行可能。私はこれは好きではないのですが、エコランには有効らしいです。
 ダイナミックトラクションマウントは981にもオプション装着可能になっています。997の後期で導入されたものですね。ポルシェ・トルク・ベクトリング(PTV)というのもあるようですが、LSDを使って左右のトルク配分をダイナミックにかえるものらしいです。そうするとLSDは機械式ではなく、電気式??
 スポーツクロノパッケージはあいかわらずオプション設定されています・・・ということはPDKには必須。何せ、PDKの変速速度は、スポーツではトルコンと大差ありませんからね。まあ、それは987の話なので、981は違うかもしれませんが。

 最後にこれもお勧めと現行モデルのカーコンフィギュレータへのリンクもあります(笑)。

 まあ、この情報から総合的に判断すると我が家には981は不要で、買うなら987の中古を安く、でしょう。価格は991が997から値上げされたことを考えると981も987の最終型よりも値上げされるのでしょうね。ユーロはどんどん下がっているのですけどねえ。

 乗り心地が987の最終型と比べても劇的に改善されていて、電動パワステに違和感がなく、ドライビングポジションが改善(正確に言えば、私に合うようになっている)されていれば、検討しますけれど。しかし、それでもサイドブレーキを失ったというのは大きな問題です。後は装備・性能で言えば、981でなければならないという点は私から見るとありませんから。
 内装の質感は上がっているようですが(写真での比較)、986と987の差ほどではないでしょう。986の内装は酷いですから(値段との兼ね合いでみて)。内装は結構重視はしますが、それだけで選ばないことはあっても、それだけで選ぶことはまずありません。車はやはり、まず走りと操作性ですから。

 ただ、987の中古と言っても、最終型でないと駄目ですが。987はMYごとに色々な差がありますけれど、大きく分けると前期型(ベースが2.7L、ATがトルコンA)と後期型(ベースが2.9L、3.4Lが直噴、ATがPDK)があります。それぞれ更に前期型と後期型に分けることも出来ますので、概ね、1、2、3、4型に分類出来ます。

1型:2.7Lと3.2L(ケイマンは最初から3.4L)
2型:ボクスターSが3.4Lへ
3型:外観変更(主にヘッドライト回り)2.7Lと3.4L、ATがPDK
4型:オプションでパドルが選択可能、乗り心地大幅改善

 3型と4型はほとんど同じなんですが、私から見るとまったく別物です。

 ただ、MTなら、ケイマンはどれでもほとんど同じです。ATなら、あのスイッチでOKなら、3型でもいいでしょう。しかし、ボクスターは1、2、3と4型で大違い。ATだともう987は4型のみですね。1、2、3型とは比べられません。

 ということでなんにしても、ボクスターなら4型でないといけなので、中古でといってもタマは限られます。何せ、私は右でないと駄目ですから。(^O^)

 やはり、3台目の987ということはなさそうです。まあ、でも、追加は駄目、エリーゼはもう我慢ならんと相方が言いだした時には、987の4型の中古を探すしかないでしょう。981だと高過ぎるし、サイドブレーキがないので。試乗車が用意されたら見には行きます。乗り心地がどれだけ違うかは確認したいですしね(991は大幅改善という話を聞きます)。
 世間で981の評価が高ければ987の中古の値段が下がるので、もし、必要になった時には助かります。そういう意味では、981が987よりも大幅に改善されていることを期待します(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォーカスST170未遂事件

 雪が降りましたね。昨夜、歯医者に行ったのですが、行きには雨だったのに途中から窓の外に白いのが見えだして帰りにはそこらへんうっすらと積もってました。幸い降雪量は大したことはなったのですが、反面、早々にあがったせいで、朝、凍結して、車の除雪はちと手間取りました。雪ならすっと落ちますが、凍ってしまっていると落ちませんからね。まあ、主要道路は問題なく通行できたので無事に相方を駅まで送っていけましたが。

 さて、タイトルです。AWの現役引退(正確には今期限りでの引退を表明で、まだ引退していません)のため、緊急高速人員輸送車導入計画を発動しました。で、色々と見ています。エリーゼの乗り換えはあり得ないので、3台目(家全体では4台目)を追加します。そのため、予算に限りがあり、今回は中古車で見ています。

 4mx1.7mに収まり、MTで、乗り心地が良く、二人分の旅行荷物とお土産が詰めて、高速巡航をこなす、前輪を駆動しない、NAの車、なんて条件で探すとほとんどありません(苦笑)。新車でもありません。今回は、これらの条件の中で、必須なのは、「乗り心地が良く、二人分の旅行荷物とお土産が詰めて、高速巡航をこなす」です。
 MR-Sが有力でしたが、荷物が積めず脱落(それ以外は、概ね条件を満たしていたし、MRだったし、W一族だったので、実に惜しいです)。MRで見ると後はMG-F位しかないものの、これは古くて難しい(高速人員輸送車ではなく、趣味車なら問題なさそうですが)。後はNBのロードスター位(NCは高いし、4x1.7mに収まらない)。
 結局、「前輪を駆動しない」も諦めないと仕方ないようです。とかやっていたら、フォーカスST170の出物があったのです。アルテッツァを導入した際(つまり、第一次人員輸送車導入計画)に検討したものの、FFという点で踏み切れず、そうこうしているうちに売り切れてしまい、縁がなかったなあと後から後悔した車です。
 やや古く、走行距離も年式相応というところですが、外装はそのわりにはまずまずで(小傷はあるし、ライトは曇っているけれど)、シートのサイドのレザー部分のしわに目をつぶれば、内装もまずまずです。値段も二桁で安いので、3台目に追加するにはちょうどいいかなと思いました。
 しかし・・・しばしば発生する問題により、未遂に終わりました。ドライビングポジションが合わないのです。何が悪いかというとシートが高すぎるのです。このため、どう調整しても右足の裏がシート前縁に圧迫されます。アクセルを踏むと右足をシートの押さえつけるようになってしまいます。クラッチとブレーキはまあまあでしたが。シートの高さ調整機能はあるにはありますが、上下するのでなく、座面の角度が変わるというかお尻の部分だけ上下するタイプなので、役に立ちません。持ち上げれば少しましですが今度は体が前にずり落ちてしまいます。
 試乗させてもらいましたが・・・ちょっと走っただけで脚が疲れてしまいました。駄目です。残念ながら・・・・・・。あーあ、惜しい、実に惜しい。賞味期限は短いかもしれないにせよ、ST170に乗れると思っていただけに、残念です。元の値段が安いので気にせずとりあえず買ってみて、慣れても駄目なら手放すという手もあったかもしれませんが・・・・嫌になって手放すというのはもう嫌なので断念しました。
 後、STなのでちょっと乗り心地が硬いというのもありました。大きな入力に対してはいいのですが、わりと路面が良いところで細かく揺れ続ける感じがしました。まあ、でも、ピー太郎(ボクスター)やアルテ、SWよりはかなりまし。ピー次郎(ケイマン)と比べると少し落ちる位かな?ガツンガツンは割合平気ですが、細かく揺さぶられるのは苦手なので、この乗り心地だと結果的にポジションが問題なくてもそのうち手放したかな?
 ただ、ダンパー、ブッシュ、タイヤを交換して、アライメント調整すれば改善出来たようにも思います。タイヤも溝はあったものの5年は経過したものでしたし、ダンパー、ブッシュは恐らく交換していないでしょうから。けれど、ポジションはどうにもなりません。エアバッグ内蔵なのでシートは交換出来ませんから(不可能ではないけれど、私はやらない)。ペダルの下駄はかせたら(って、表現がおかしいなあ)、なんとかなったかなあ?
 残念です。これまでの未遂事件は悩んでいる内に売れてしまったのですが、今回は、買う寸前までいって最後に確認で試乗して駄目になってしまいました。まあ、やはり、車、特に中古車は試乗しないと買えないというのを改めて痛感しました。
 あー、しかし、やっぱり惜しい・・・・。多分、相方号がゴルフのままだったらST170買っても良かったと思います。高速巡航はゴルフに任せれば良いですから・・・・あ、もっとも、その時にはそもそも高速人員輸送車導入計画自体が不要か(笑)。MG-Fでもいいですね、それなら。(^^;

 という訳で、相対的に安価に追加出来る高速人員輸送車をまだしばらく探すことになりそうです。とはいえ、めぼしい候補はだいたい見たもののやはり良いのはなく、やっぱり安くすませようというのは無理がありますね(苦笑)。

 ということがあった直前に、86の価格情報が出てきましたね。2月2日発売だそうで。
http://response.jp/article/2012/01/23/168792.html
 標準グレードのGで241万は、事前の情報よりも10万ほど安いです。標準グレードに無くて欲しいものはオプション(トルセンLSD、オートライト(おまけでHID付き)、本革巻ステアリング、シフトノブ、サイドブレーキ)でつけても合計255万程度です。革巻きステアリングはウレタンのままでも平気ですけど、2万なのでだったらつけた方がいいでしょう。2スピーカーですが、純正ナビつけたら一緒にGTと同じ6スピーカーになるのではないかな?ディーラーオプションもあるだろうし、別に2スピーカーでもいいです(オーディオマニアではないので)。
 GTで279万ですが、GTでないと駄目なのは左右独立オートエアコンとデジタル速度計位(後は無くてもいいもの)。17インチになってしまいます。薄いタイヤは嫌いです。暑がりと寒がりの我が家にとってはあこがれの左右独立オートエアコンですが・・・そのためだけに17インチを我慢した上に24万の余計に払うのはちょっと。だったら、いっそ、シートヒーターがつくGT Limitedでしょう(297万)。でも、エアコンとシートヒーターのために42万払うと思ったらやっぱりもったいないか。
 まあ、17インチと16インチの差次第ですかね。こればかりは実際に試乗してみないと。私の好み通り、タイヤが薄くない16インチの方が良ければG+オプション、17インチの方が何故か良ければGT/GT Limitedでしょう。
 って、3台目に255万(総額でいえば、300万程度)はやっぱり無理があるけど。(^^;

 86でもう一つ
 http://response.jp/article/2012/01/23/168823.html
 「40代以上でのスポーツカーに興味がある男性」が実際の購入層になりそうだとのこと。まあ、やっぱりそうなってしまうのかなあ。AE86の現役時代を知っている(体験している)世代がどうしても中心になるのでしょうね。でも、ある程度、数さえ出れば、中古でもっと若い人が乗ることも出来ますからね。なにはともあれ、ある程度の数(少なくとも年に数千台は)は売れてくれないと。

 というか、86を望んだ人は買うのは義務と言っても良いのではありませんか?欲しい欲しいといってメーカーが出したら買わないのはおかしいでしょう。まあ、私は86よりもAWの再来が欲しいのですけれど・・・。86が売れたら、あのエンジン使った小型のMRを出して・・・・くれたりはしないか(苦笑)。
 まあ、でも、公約は出来ませんが、予算の都合が付けばというか、新車で買うとしたら高速人員輸送車の最有力候補であるのは間違いありません。もう少し後なら、なんとかなるかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさか、ポロが!?

 話が前後しますが、VWからDMがきていて、抽選やるからいこうよと相方にいっていて、当初はいくといっていたのですが、その時になって料理しているから、一人いってもらってこいと言われてしまいました。
 それで仕方なく一人でいってきました。相方がいかないと余り意味はないのですが。フェアのせいで、混雑していて担当営業(相方がかった時の営業の後任の後任の後任の後任。しかし、よく異動するなあ。たかが5年弱なのに)は忙しくて商談中。色々見ていて帰ろうかなと思ったら、終わったようなので、、ちょっと挨拶して、ポロの試乗出来ますかと聞いたら、次の予定があるので同乗できないので、20分ほど一人で乗ってきてくださいと言われました。ラッキー!
 という訳で、一人でポロを試乗しました。コンフォートラインです。ポジションは問題ありません。左足でブレーキも楽に踏めます。右足でも当然問題なくブレーキは踏めます。ステアリングとの位置関係も良好。ここはゴルフVよりも良いかもしれません。ゴルフVはステアリングの位置が高すぎるように感じましたので。アイドリング中は前よりも静かでゴルフと同等に感じますが、これは我が家の車がどれも皆相応に騒がしいからかもしれません。
 さて、発進。DSGなのでがさごそ感はやはりあります。走り出すと急にエンジン系の音は大きくなり、ポロらしくなります。やはりここはゴルフとやはり違います。以前、試乗した時には乗り心地は悪いとまでは言わないけれど、やや上下振動が大きいかなと感じましたが・・・・あれ?なんか結構いいです。大きな入力が加わってもルーテシアみたいに大きな衝撃がきません。凹凸がある路面(ドリフト対策路面みたいなやつ)場所を走ってもうまくいなしています。あれ?ポロってここまで乗り心地良かったっけ?また改良されたのでしょうか?ゴルフ5も最初はまったく駄目だったのが後期になると良くなっていましたし、現行ポロも最初の1.4のNAよりも1.2ターボになった時に随分違っていたし。まあ、でも、乗り心地はルーテシアに慣れたせいで良く感じたのかもしれません。
 エンジンです。一人乗りなので相対的に軽いため、動きは軽快です。音は快音とはいいませんが、不快ではありません。ゴルフ梅ほど良い音には聞こえませんが、前回試乗した時よりも良くなった気がします。そして、良くまわります。レブリミットが6000程度なのが残念です。そこで自動的にシフトアップされてしまいます。7000位回せる気がしますが・・・・。動力性能は一人乗りだと十分というか、このクラスとしては速いと言える位です。
 ステアリングはあいかわらず軽いです。これは前から変わりません。私の好みにあわないのはここですね。ブレーキは普通。
 で、タイトルの意味ですが・・・・走らせていると、なんとまあ、驚いたことに、実に楽しいのです!VWですよ!それも普通のポロ。GTiではなく、一番安い実用車。なのに一人で乗っていると実に軽快に走り、乗り心地も良く、そしてある程度突っ込んでいっても不安感ありません。不覚です。まさか、ポロが楽しいと感じるなんて。
 相方と営業氏乗せて試乗した時には楽しいとは感じませんでした。このクラスとしては良くできた車だなあとは思いましたが。それが一人で乗ると実に楽しいです。一般道の試乗ですから、速度はそれほど出していません。ただし、エンジンが軽やかに回るので、エコカーらしくなく(笑)、低いギアで上まで回して走らせました。そうするとこれが実に楽しいです。ターボの存在は感じません。この軽やかな回転感は小排気量エンジンのそれです(ピストンやクランクなどなどの個々のエンジン内の部品が軽い感じ)。それでいて、トルクは十分出ています。このエンジン、やはりいいです。ゴルフ梅もいいですが、ポロのこの感じ、いいです。
 いや、参りました。VWを運転して楽しいと感じることがあるとは思いませんでした。ステアリングとシフトノブ、サイドブレーキなどがウレタンなのと鉄チンホイール+ホイールカバーであることを我慢すれば200万ちょっとでこの車は買えます。プリウスと同じ位かな?値段は同じ程度でも、プリウスとは比べ物になりません。ハイブリッドがどうたらは別にして、プリウスは乗り心地が悪すぎますから。
 このままMTがあったらもっといいのでしょうね。DSGなのでそんなに悪くはないのですけれど、やはりシフトダウンを拒否されたり、渋滞(一部右折でつまった)の中の低速走行だとがさごそ感が気になるので、MTだったら、もっといいでしょう。もう少し軽くなるはずですし。
 相方、これにしてくれないかなあ。乗せたら、ルーテシアとの余りの違いに驚くと思うのだけど。なんとかまた連れて行って試乗させないと!そして今度は運転させましょう!

 ちょっと違いますが、ゴルフ梅にアイドリングストップが追加されたそうです。
http://www.volkswagen.co.jp/information/news/2012/20120116/
 一部装備の見直しで価格は264万(従来の梅より+1万)に抑えたと書かれていて、何が省かれたのかなと見てみましたが、気が付いたのは、フロントフォグが無くなっているだけでした。その結果、スタティックコーナリングライトも無くなっています(ステアリングを切った時にそっちのフォグをつける機能だと思います。ルーテシアにもついています)。見た目がフロントフォグがあった方がいいかな?でも、洗車する時邪魔だし、無くてもなんの問題もありませんね。ゴルフで霧の箱根を攻めたりはしませんから(笑)。
 燃費はどうでもいいのですが、停止してサイドブレーキをひいていれば、アイドリングストップするのなら、こっちがいいです。ブレーキを踏んでいるとクラッチを切るので静かなんですが、サイドブレーキを引いてブレーキを話すとDSGのクラッチがつかなるので振動が出てきます。それそのものは2ペダルではごくごく普通の話ですが、ブレーキを踏んでいる時に非常に静かなので、アイドリングストップが持続すればそれと同じ効果が得られます。そのために、いいなと、と思ったのです。アイドリングストップ自体は無駄なガソリン使わないですむのでそれはそれで良いことですが、2ペダルとの相性は余り良いと思いません。ブレーキから足を離してアクセルペダルを踏んでからエンジンがかかるのが多いので、これだとワンテンポ遅れます。MTだったら、クラッチを踏み込んだ際にかかるので、違和感がまったくないのですが。

 ただねえ、ポロにしてもゴルフにしても、私が自分の三台目の車として買うかというとね。FFにターボにAT(2ペダル)でしょう?絶対買わないと昔、言っていた条件、三つ全て満たしているのですよね(苦笑)。まあ、ターボは乗った感じ、ターボを感じないのでいいですけどね。どっちでもいいから、ルーテシアと入れ替えてくれないかなあ。でも、色がねえ。地味な色しかないですからね。ポロの黄色は廃止されてしまったし。

 更にもう一つ。
 阪神淡路大震災から17年ですか。そうか、あれから、もうそんなに経ったのですね。朝、ニュースを見ないで会社にいって、当時開発中だったPCのTV(TVチューナー内蔵PCのテストのためにアンテナ引いていたので)で高速道路が横倒しになっている映像を見た時の衝撃は去年の津波の映像よりも大きかったです。叔母の家も倒壊しました。幸い怪我人は親類にはいませんでしたが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AW退院

 入院が遅れたのと迎えにいくのが遅れてしまいましたが、無事、退院しました。現象は解消しました。センサー系ではなく、スロットルボディではないかという診断でしたが、部品がない(新品がない)ので、清掃とケミカルで様子を見ることになりました。いわば、内科的治療でしばらく療養というところでしょうか。バルブが綺麗になるとかいうのとメタルトリートメントとかいうのを入れられました。個人的には余り好きではないのですが、一応、ディーラーが使うものなので、少なくとも害は無いだろうと考えて同意しました。効果も余り無いとは思いますが、まあ、古い車なので、多少は効くかな?
 テストのために少し走りましたが、大丈夫です。アイドリングもわりと安定しています。しばらく走ってからしばらくとめて再度エンジンをかけましたが普通にかかります。帰ってきてから、再度エンジンかけてみましたがこれも大丈夫でした。一応、治ったようです。多分、ケミカルよりもスロットルバルブの清掃が効いているのだとは思いますが。
 とはいえ、またいつ体調・・・・車調を崩すかわかりません。やはりいよいよ現役引退かなあ・・・。その場合、代わりの車が必要ですが、これがまた悩ましいところです。私の3台目、我が家では4台目になるので・・・・さすがに家族二人に車4台は多い?まあ、もっとも、元々一人で3台でしたが(笑)。後、実用的で外置き出来る車が条件なので、Midshipは難しいです。幌を気にせず、MR-Sがいいかなと思っていましたが、先日久しぶりに実物を見たら、荷物がほとんど積めません。エリーゼの方が積める位です。フロントはスペアタイヤのせいで狭く、シート後方はカバーがついているせいで、旅行鞄も入りません。カバーを外せばシートの後ろになんとか二人分の旅行鞄は入るかもしれませんが、お土産はフロントトランクのわずかな空間にしか積めません。エリーゼならトランクに旅行鞄は二個押し込めます。お土産はシート後方の空間にしか入りませんが、それでも、MR-Sよりはましです。
 後はMG-Fですけれど、これも古いし、ローバーでしょう?信頼性は今のAWよりはましとしても、安心して長距離ドライブ・旅行にいけるという車かというと・・・。リアのトランクもAWよりは広いもののフロントにはトランクありませんからね。
 ビート、AZ-1は、搭載能力はMR-S以下だし、信頼性もAWに近く、そもそもそれらなら車庫に入れないと。NSXは性能・能力に問題はないですが、やたら高いので、追加は無理です(タマが多いのは古いしね)。
 MR以外だと候補は色々ありますけれど・・・FRでMTとか言い出すとこれもまた少ないのですよね。3台目の追加なので高いのは買えません。ロードスターは好みにあいませんし、RX-8は乗り心地が・・・。E46の6発なんかいいと思いますが、ATしかないし、内装の劣化が酷いのが多いし。
 まあ、乗り心地と実用性を考えたらFFで我慢するしかないのでしょうね。そうなると・・・やっぱりなんかねえ。やはり自分でFFを買うというのは。ゴルフ・ポロなら乗り心地・実用性文句なしですが、MTではないし、5ドアハッチバックが2台並ぶのはさすがに変でしょう(苦笑)。
 かとってエリーゼを今更乗り換えることもしたくないですし、候補も結局、ボクスター・ケイマンしかありません。どちらも駄目だった車ですからねえ・・・。まあ、ボクスターのMY10以降なら乗り心地は改善されていますし、PDKで我慢すれば、ケイマンででた右足が疲れる現象は出ないかなあ。ピー太郎は乗り心地は悪かったものの、右足の疲れる現象は出ませんでしたから。でも、エリーゼからまた2ペダルのボクスターはねえ。エヴォーラならいいのでしょうけど、車庫に入らないかもしれないのと高くて買えません(苦笑)。
 結局、すっきりこれだ!というのはありません。しばらくは近場はAW、遠出はエリーゼかなあ。エリーゼで遠出って間違っている気はしますが(苦笑)。でも、もう一度何か発作が起きたら、本当に引退を考えないといけないです。
 あ、念のため申し上げて起きますが、AWは引退しても我が家に残りますし、登録抹消したりもしません。実用車として引退するだけです。イベント用のクラシックカーみたいな存在になると考えて下さい。月に一度は動かします。
 相方からは引退させるなら、例えば、妹のところで預かってもらえとか言われましたが(苦笑)。以前は、走れなくなったら実家に持って行って保管かなと思っていたこともありましたが、実家が先になくなってしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バリはたいしたことはなかった

 あ、ヴァイオリンの話です。「ストラディバリウス」のことを私は「バリ」と呼んでます。世間一般的では、名器とされていますが、私は基本的にはバリの音が嫌いです(合わない)。
 現代のヴァオリンとの比較試験の結果、現代の物の方が評価が高かったという研究結果の記事が読売新聞にでていました。Web版は以下。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120104-OYT1T00304.htm

 ほほほ、私は正しかった!と言いたいところですが、元の記事を見て頂ければわかるようにこの研究はバリだけではなく、グルネリも試して同様の評価(現代の楽器と比べて優れている訳ではない)になっています。

 まあ、私の「嫌い」は好みの問題であって、絶対的な評価ではありません。古いものですから、保管状態、整備・調律状態によって当然音はかわってくるでしょうし、演奏者との組み合わせで最終的に音は決まるはずです。しかし、「バリ」だから素晴らしいというのは間違いです。私の好み中心とはいえ、ろくでもない音のバリが多く存在しています。

 ただし、逆にバリだから駄目という訳でもありません。ドルフィンとデュランティは確かに素晴らしい音でした。もっともこれも演奏者との組み合わせでの話で、誰がドルフィンやデュランティをひいても素晴らしい音になるとは限りませんが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: その他

 とりあえず最後です。
 まず、86とBRZ
86Brz1
 86はお昼過ぎだったのに対して、BRZは夕方だったという違いはありますが、人の数が随分違いました。スバルのブースについた時にはデジカメの電池が尽きて携帯のカメラだったため、ホワイトバランスがめちゃめちゃだったり、ぶれたりしてまともな写真は少なかったのが残念。電池があればもっと色々撮影出来たのですが・・・。

 ポルシェ。991のお披露目ですが、後はおもしろいのありません。
99119912
 911に違いはありませんが、なんとなくパナメーラちっく。ボクスターケイマンもこの顔になるのか、それとも今度は顔が違うのでしょうか?室内はドアが開いていなかったのでとれませんでしたが、パナメーラと似た感じです。

 最後にロータス。
  EliseCR SPS。シングルクラッチのAMTのようです。
Elisecr   
 シフトレバーがないのは違和感あります。この車で2ペダルがどれだけ受け入れられるでしょうか?エキシージでDCTだったら、タイム優先でありだとは思いますが。
Elisecr1Elisecr2   

 EliseS。といっても、このSはStandardのSではなく、SprintまたはSportのS。1.8L+SC。2ZZ-GEの代わりの高出力(高回転型)NAエンジンがないので普通の1.8にSCをつけたもの。
Elises
   中央の黒はエヴォーラIPSですが、珍しくないので単体の写真は無しElises3    
   タイヤは本来は普通のものがつくそうです。
Elises2
 こんなのもありましたが・・・ロータスらしくないです。今後はこういう路線でいくそうですけれど。
Lotus

 

 ようやくだいたい予定していた写真の掲載が終わりました。部品メーカーの部品の写真はたくさんありますが、写真だけみても余りおもしろくないのでやめました。バルブだけとかピストンリングだけとかスリーブだけとかインジェクターだけとか、実物を見ているとおもしろいのですが。

 次回は2日休みをとって、もっとじっくり見たいと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: マーチ

 マーチです・・・多分。実際はサスペンションメーカーの展示ですが。
March1March2March3March4March5March6March7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: NGKとNTK

NGKとNTK
といっても、写真のほとんどはフェラーリのF1用V8エンジンです。

Ngk1Ngk2Ngkntk1Ngkntn

F1エンジン
Ngkfe1Ngkfe2Ngkfe3Ngkfe4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: MIRAGE

  三菱のミラージュです。参考出展でしたが日本でも販売されるとか。見た感じでは安い車としては悪くなさそうに思えました。
Mirage0Mirage1Mirage2Mirage3Mirage4

エンジンは新型の3気筒
Mirage5_2
Mirage6Mirage7Mirage8Mirage9



| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: GRMN

  MR-Sベールの3.5L HVエンジン搭載のGRMN SPORTS HYBRID CONCEPTII

Grmn1Grmn2Grmn3Grmn4Grmn5Grmn6Grmn7

 別の場所でも
Grmn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: GS

 LEXUS GS・・・ですが、LHDというシステムの説明用のモデルの写真。

 フロントはともかく、リアのデザインは失敗でしょう。マークXと同じようなリア(ということは3シリーズと似ている)になぜしたのでしょう Gs0Gs1Gs2Gs3Gs4Gs5Gs6Gs7Gs8Gs10Gs9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: Skyactive

 Skyactiveです。ほとんどエンジン。

 

Skyactive-G
Skyactiveg1Skyactiveg2Skyactiveg3Skyactiveg4Skyactiveg5

Skyactive-D
Skyactived1Skyactived2Skyactived3Skyactived4

CX5
Cx51Cx52Cx53Cx54Cx55Cx56




| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: クロスボーvsラディカル

 KTMです。バイクは興味はないので、クロスボーのみですが。
Ktm1Ktm2Ktm3Ktm4Ktm5Ktm6Ktm7Ktm8Ktm9Ktm10

ラディカル。クロスボーが乗用車に見えます(笑)。
Radical1Radical2Radical3Radical4Radical5Radical6Radical7Radical8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: アウディ

 アウディ・・・といってもほとんどエンジン(笑)。
 A1の5ドア。
Audia10_2
Audia11

 いつぞや、ターンパイクを通行止めにしてくれたEtron
Audia1e1_2
Audia1e2

さて、エンジン・・・・の前にデフ
Audidef

W12
Audiw12Audiw121Audiw122Audiw123Audiw124Audiw125

V8
Audiv8Audiv81Audiv82Audiv84 Audiv85Audiv86

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: VW

 VWです。といっても、ほとんどがエンジンの写真ですが(笑)。

 1.2L TSI。ターボ嫌いの私が珍しく気に入った実用車用ターボエンジンです。これはSOHC。
Vwe12Vwe122Vwe126

 1.4L TSI。これはDOHC。
Vwe143

 1.4L TSIのHV
Vwe14hv

  DSG
Vwdsg1Vwdsg3

 ショーカーの写真はあまり撮っていませんが、これは否定的な意味で乗せます。一人乗りのEV。都市部での通勤用ということですが、後ろが見えないのは余りに酷いです。
NilsNils3Nils2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: 豊田合成

 樹脂系部品屋さんですが、エアバック中心の展示
Tg1 

  搭乗者ではなく、歩行者保護用のエアバッグ
Tg2Tg3Tg4   

 左が暗くてわかりにくいですが、右が軽いです。こういう部品単位のサプライヤーの軽量化の努力があって車が軽量化出来ますね。
Tg5Tg6Tg7Tg8Tg9Tg10Tg11      
 これは内装用のショーカーではなく、エアバッグシミュレーター。時間があれば体験してて見たかった。       
Tg12Tg13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: シート関連

 シート関係の色々
 まずは、ニッパツ。鉄人28号を使ったCMやっているバネ屋さんですが、シートまるごと作ったりもしているそうです。
Nippatu29
Nippatu
シートから離れますが、微細バネ。線にしかみえません。
Bisaibane1
しかし、おもりを支えている台(柱状のもの)を下げると右はバネであることがわかります。
Bisaibane2

 今仙電機製作所:シートのメカ屋
Imasen1Imasen2Imasen3Imasen4ImasenImasen6Imasen7Imasen8 Imasen9Imasen10Imasen11Imasen12Imasen13


 

 富士機工
Sheet1Sheet2Sheet3Fk1Fk2

 シートではないですが、同じメーカーのATのシフター
Shifter1Shifter2 Shifter3

 シートそのものではなく、糸屋さん。七色の糸による柄。
Basisseat1Basisseat2 Basisseat3

 他にもシート関係はたくさんありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: 豊田紡織

 シートや内装のメーカーですが、それら用にショーカーも展示してました。
Tb0Tb01
携帯にデータをいれておくとシートが自動的に調整される仕組みのデモ。EV時代用にといっていましたが、別にすぐに実用化してもおかしくありません。要するにシートのメモリーを携帯のデータに置き換えたものですが。ただ、まあ、自分の車だとメモリーが2,3あれば十分ではありますが。
Tb02

Tb3Tbshowcar

ヘッドの樹脂カバーもつくっているのですね。

Tb1 Tb2      
内装各種ですが、トヨタ系のメーカーながらドイツメーカーにも供給しています。
Tb4Tb5Tb6  

シートのカットモデル。構造が良く判ります。
Tb7Tb8Tb9Tb10Tb11Tb12   

 背中の部分が網になったシート。座ったら私には具合が良かったです。まだ、採用されたものではなく、現段階ではデモ用だそうですが。
Tb13Tb14

 86用のシート二種。どちらも座った感じは良かったです。
Tb1586Tb1686

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011:JATCO

今度はJATCOです。当然、CVTがほとんど。

まずはFR用AT
Jatcofrat1

同じくFRのHV用
Jatcohvfr1Jatcohvfr2

FF用軽小型CVT:新型の変速比の高いもの
Jatcocffcvt1 
FF用小型CVT                          Jatcosffcvt1

中容量CVT
Jatcomffcvt1Jatcomlcvt1Jatcomlcvt2

FF用大容量CVT
Jatcolffcvt1Jatcolffcvt2

CVTの構造説明
Jatcocvt1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: アイシンその2:トランスミッション

 アイシンのトランスミッションの色々です。トランスミッション・・・好きです・・・あ、単体で見るのが。使うのは勿論、MTに限りますが!
86用の6速MT
Aisin86mt0Aisin86mt1Aisin86mt2Aisin86mt3

中容量FF用の6速MT
Aisinffmt0Aisinffmt1Aisinffmt2Aisinffmt3

中容量FF用の6速AT。うちに前にいたゴルフVで使っていたものよりも一世代新しい物
フィアット500でも採用されているとあるけれど?
Aisinffat0Aisinffat1Aisinffat2Aisinffat3

 大嫌いなFF用CVT。しかし、小型軽量(トルコンATと比べて)なのは明かで、コストも低いはず。だと日本では(CVTがいやがられていないので)、小型車はCVTになるのは仕方ないのでしょう。トルコンの4ATと比べれば燃費は良いでしょうから。
Aisinffcvt0Aisinffcvt1Aisinffcvt2
もっと嫌いな?HV用
Aisinhvt0Aisinhvt1

HV用だけれど、これはFR
Aisinhvfr0Aisinhvfr1Aisinhvfr2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: アイシンその1

GSだと思いますが(すみません、確認しそこねました)、自社製品がどこで使われているかの説明のためのモデルです。結果的に内部の構造が色々わかります。
Aisinct2001Aisinct2002Aisinct2004Aisinct2005Aisinct2006Aisinct2007Aisinct2008Aisinct2009Aisinct20010Aisinct20011Aisinct20012Aisinct20013Aisinct20014Aisinct20015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011: Change

 韓国製の小型EVです。AD MOTORSとう社名。まあ、性能はたいしたことないので、屋根付き原付程度のものですけれど、市販されています。
 カタログもありました。市販車です。220.5万(補助金は47万なので賞味は173.5万)。後部は荷台でハードトップ(13.65万のオプション)もつきます。二人乗りのミジェットというところでしょうか。現状左ハンドルだけですが、来年からは右ハンドルも発売されるそうです。全長3.22m。8色あり結構カラフル。安っぽいですし、性能は大したことはないですが(最高速度60km/h、航続距離100km)、レザーシートにシートヒーターまでついています(ヒーター使うと航続距離短くなるか(笑))。販売元はNPO法人日本自動車公正検定協会というところ。
http://ev.nafca.jp/
Mdev1   
リアは標準だと荷台で、そのカバー(ハードトップ)はオプション。
Mdev3   
実際の室内の質感は写真で見るよりも低いです。
Mdev2 Mdev6_2
リアサスは・・・まあ、こういう簡単なもの。 
Mdev4Mdev5

  EVだと確かに従来の自動車メーカーとは違う会社の参入はやりやすようです。もっともこの車が売れるかというと需要とあわないようにも思います。軽自動車並の性能は必要でしょう。
 または、もっと小型で一人乗りに徹するか。むろん、二人乗れる方が一人乗りよりは良いのですけれど、航続距離100kmはいいとして、最高速度60km/hだとどうでしょう?農地で使う軽トラの代わりにはなる、または街中の配達用には使えるかもしれませんが、もう少し余裕が欲しいところです。もしくは値段が補助金無しで100万位か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011:k.o7

曙ブレーキのブースにあったk.o7です。
K072K073K074K075
これは明らかにエリーゼ部品多数。
K076K077   
シートも同じですね。
K078K079

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011:LFAジオラマ

 LFAの実際の製造に携わっている方々が作られたものだそうです。暗くてうまく撮影出来ていなかったのもあり、向きがばらばらです。
Lfakb0Lfakb1Lfakb2Lfakb3Lfakb4Lfakb5Lfakb6Lfakb7Lfakb8Lfakb9Lfakb10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー2011:LFA

 レクサスLFAです。黄色いニュルブルリンクパッケージは、まあ、あちこちで写真があがっているでしょうから、違うのを中心に。写真並べただけですみません。
Lfan2
外板やドアなどを外して内部が見られるように展示されていました。
Lfa1Lfa2Lfa3Lfa4Lfa5Lfa6Lfa7Lfa8Lfa9Lfa10Lfa11Lfa12Lfa13Lfa14Lfa15Lfa16Lfa17Lfa18Lfa19Lfa20Lfa21Lfa22Lfa23Lfa24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三日目にして・・・・

 今日はAWで宮ヶ瀬に行ってきました。特に目的があった訳ではありませんが、ちょっとドライブに行くのにちょうどいいので。旧車(カニ目とかSとかナローとか)集団とすれ違ったり、現地にいったらミニ(BMWではない)の集団やらTR3だか4だかとかがいたり。
 帰りにちょっとお茶して、さて、帰ろうと思ってエンジンをかけたら・・・かかりません。あれ?再度キーを回したら、かかった・・・と思ったらストンと止まりました。うげげ、これはどうみてもおかしい。AWでエンジンかからないとするとバッテリー上がりかスターターですが、電圧正常だし、そもそもセルは元気に回っています。
 再度、キーを回して同時にアクセルを煽ったらかかりましたが・・・・アクセルを離したらまたストンととまってしまいました。まさか、初めて自走で帰れない?ともかく、再度アクセルを煽りつつキーを回してかけて、しばらく(といっても5秒かそこらですが)煽っていたら・・・今度はとまらずなんとかアイドリングしています。やや不安定ですが、なんとかなりそうです。
 その後は、多少アイドリングの回転数がばらつくものの、無事に帰ってきた。しかし、車庫に入れて、一度エンジン切ってから、再度、キーだけ回してエンジンかけてみたら見事に!?止まりました。年始早々に今年の1回目の入院決定です(苦笑)。
 なんとか走れたし、まあいいかあ。再現性があるので治るでしょう。現象が消えてしまったらいつまた再発するかわかりませんが。もっとも、入院させる時に完全にかからなくなったらそれはそれで厄介ですが(苦笑)。
 そういえば、大晦日に走らせた時からなんかレスポンス悪かったんですよね。シフトダウンで回転の上がりが悪くて、なんか変な感じでしたが・・・前兆現象だったかなあ。

 はー、しばらく元気で走っていたのですが・・・。そういえば、前回は八ヶ岳に行った後でした。今回は大晦日にみなとみらいにいって、その後宮ヶ瀬に行った後。うーん、長距離乗った後になんかトラブルです。もうこれではAWで遠出はやりにくいですね。大丈夫であっても、相方がいやがります。こまったなあ。懸案の高速巡航車の導入時期が早まるかもしれません。ふー、参りました。いや、AWのシートを交換すれば(シートだけは劣化が著しいので)、しばらくは高速巡航車として使えるかなとも思っていましたが、無理ですね。

 もちろん、エリーゼを違う車にするのが正解なんですけどね。でも、それやるとどうせまたエリーゼに乗りたくなるのは目に見えていますから。かといってAWを入れ替えはありえないし、カエルコの入れ替えは相方が同意しないし。3台目かあ。どうするかなあ。新年早々悩ましいです。まあ、その前にAWがきちんと治ってくれないと。部品無かったりすると・・・・まあ、エンジン周りだから大丈夫・・・だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年の始めに

 皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 恒例の年越しコンサートは、まあ、概ねいつもの通りでした。
2011
   ピアノの菊池洋子氏、テノールの小原啓楼氏は特に良かったと思います。毎年問題のあれは、今年はたまたま席が1階の中央近辺でやや距離があったがためか、それともパワーが落ちたのか、破壊力は低く、耳を閉じる必要は余りありませんでした。ふー、来年・・いや今年の年末には、もう辞めるか、もっとパワーが落ちていることを期待します。しかし、曲目はどっかの誰かに喧嘩うってんのかというものでした。どっかの誰かはその場にいましたがどう思っているのでしょうね。気にしていないのか?それともオレの方がうまいぜと思っていたのか?
 カウントダウンは祝典序曲「1812」。私が最初に買ったクラッシックのCDは1812ですし、他にも納められているものもあり、もっとも良く聞いている曲です。まあ、あくまでCDの演奏との比較、ではありますが、出足は少し遅かった気がします。それとやや音がそろっていないように感じることもありました。途中からまいて、最後は、じゃーーーーんで終わりなので、うまく合わせていましたが、今度はちょっと早すぎたような?まあ、遅れると取り返しが付かないので、途中でややペースを上げないとしかたないとは思います。
2012

 元日はこれまたいつものように義父のところにいって、珍しく、ちょっと飲み過ぎてしまいました。

 さて、それでは今年は良い一年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »