« 東京モーターショー2011:西館編 | トップページ | 無能な怠け者か、有能なら »

東京モーターショー2011:東館編

 西館と東館この間、結構距離がありますね。で、入ってポルシェのブース。991を見ましたが、なんかぱっと見パナメーラ。ただ、横から見たりしているとやっぱり911かなと。まあ、これもそのうち普通に見られるのでさっと流して終わり。ビートルもいましたが、これも同様に流して終わり。が、その先で、VWのエンジンが展示されていてそこでしばらくひっかかりました(苦笑)。
 そしてロータス。展示はエリーゼIPS、エヴォーラIPS、エリーゼSの3台で少しさみしいです。何故か顔見知りの某ディーラーの某氏がいました。借り出されたそうで。 エリーゼIPSはシフトレバーがないとなんか不思議。やっぱエリーゼはMTでないとね。トルコンではなく、AMTらしいです。エリーゼSはSCの後継。タイヤがSタイヤだったのであれえと思ったら、某氏いわく、これ間違いだそうですと。ははは。エキシージじゃないですからね。しかし、1ZZのエリーゼにSとつけたのは失敗でしたね。SはSprintかSportのSでしょう。隣にグッズのブースもありました。まあ、ちらっと見て終わり。余りロータスらしくないですし。今の路線ではありますが。
 KTMでクロスボーを見て、豊田紡織のブースでまたひっかかりました。変なショーカーがありましたが、これは内装などの展示用。携帯(スマホ)を使って、自分の設定を携帯にいれておいて(アプリを入れて)、ステアリング脇にセットするとシートの設定が自動的にかわるもののデモです。EV時代に向けてということでしたが、今でも出来ますね。
 色々な内装材が展示されていましたが、ベンツ、BMW、VWなどにも供給しているのですね。
 まあシートも。で、86用のファブリックとレザー・アルカンタラのコンビシートがおいてあり、座ることが出来ました。なかなかいいです。それとは別に背もたれ部分が網(大ざっぱにいえばハンモック?)になっているシートのデモも。座ってみましたが、私はいいと思いました。背中というか腰の部分が圧迫されることが多いのですが、これだとそういうことがありません。
 この辺には他にもまた部品メーカーの展示が色々あったのですが、時間はないし、デジカメの電池も減ってきました。駆け足で見ていくしかありませんでした。もっとゆっくりみていたかったのですが。ホンダのブースで小型EVスポーツのショーカーをちらっと見ました。確かにビートっぽいです。形はかなり違いますが、見ればビートを連想します。
 スズキでスイフトスポーツをちらっと見ました。これはもう少しじっくり見ておきたかったのですが、時間がありません。三菱でミラージュをちらっと見ました。意外と安っぽい感じはせず、これなら日本でも売れそうです。
 それからぐるっと回ってアウディ。流すつもりがまたエンジンがあったのでそこでひっかかりました(苦笑)。それからシート屋さんやらまた部品メーカーの展示。
 さて、これで東館の半分が終わりました。東館の残り半分です。関東自動車にあったFS HYBRID CONCEPT。うーん、これはやっぱり格好が・・・。高級車っていっても、これはねえ。まあ、中が良ければ外観は余りきにならにあのかもしれませんが。
 マツダのブースは、ショーカーのKODOだけは見ました。でかいし、余りどういうい車ではありませんね。あ、後、RX-8もちらっと撮影。次は、日産のブース。おや、またエンジンが。フーガHVのエンジンとミッション。で、ここで電池が尽きました(苦笑)。そういえば、ここもショーカーあったと思いますが、見ていませんね(苦笑)。次はルノーへ。変なショーカーがあります。私には意味不明。シートはハンモック。ウインドがあってディーラーで見たからいいやと思ったら、あれは実はゴルディーニでした。まあ、そのうち導入されるでしょう。メガーヌのオープンもありましたが。
 そして、スバルへ。S206も展示されていましたが、時間がないのでちらっとみただけ。そして、BRZ。ありゃ?回りに人がそれほどいないし、ターンテーブルの上で回る白とそばで見ることが出来る青の二台がありました。電池があれば・・・。写真は仕方無いですが、残り時間を使って見ました。トランクの底は浅いですね。でも、タイヤ4本積むためのトランクスルーのおかげで、二人乗りなら十分荷物は積めますね。写真で見るとルノー風(ルーテシアRS風)に見えた顔ですが、実物だとそうでもないです。また、結構小さく感じます。まあ、今の車が大きいですからね。幅はややありますが、長さはゴルフV程度に過ぎません。車高がまあまあ低いせいもあり、小さく見えるようです。結構いいですね。、
 ここで時間切れ。約8時間、撮影写真約2100枚。しかも、1/4はまともに見ていません(苦笑)。しかし、世界のモーターショーの中では規模は小さい方で、東京モーターショーとしても前回は別にすると相対的には小規模だったのですよね。うーむ、大規模なモーターショーだと、まともに見て回ると何日かかるのだろう?
 おもしろかったのは平日ということもあり、素人とは思えない人が結構いたこと。メモを取りながら話を聞いている人をあちこちで見かけましたが、趣味には思えませんね。後、工業高校か高専の生徒らしい集団もいました。外国人は余り見かけませんでしたね。中国語は時々聞こえましたが。
 思ったよりもずっと楽しかった(特に部品サプライヤーのブース)ので、次回は二日休暇を取って二日いきましょう。そうすればもっと説明員と話をする時間も取れますし、車ももう少しゆっくり見ることが出来るでしょう。

|

« 東京モーターショー2011:西館編 | トップページ | 無能な怠け者か、有能なら »

東京モーターショー2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京モーターショー2011:東館編:

« 東京モーターショー2011:西館編 | トップページ | 無能な怠け者か、有能なら »