« 落合監督、後は頼みます | トップページ | SLK試乗 »

AW入院

 AWがまた入院してしまいました。今年四回目です(苦笑)。ま、うち二回は検査のはずがそのまま入院になったのですが。過去、これだけ入院した年は無かったように思います。
 朝、会社にAWで行っていたら、信号で停止した際に警告灯がついていることに気が付きました。CoolingFAN、排気温、Chargeの三つが赤く点灯しています。とりあえず水温は正常、エンジンも普通に回っていますが、電圧計が正常なエリアの下限に近いところをさしています(細かい電圧の目盛りはないので)。状況からすると発電出来なくなって、バッテリーのみから電源が供給されている状況に思えます。家よりも会社の方が近かったのでともかく会社まで行きました。
 昼間、ディーラーに相談して・・・のつもりが仕事が忙しくて夕方に。ふと、夜になったらライトつけないといけないことに気が付いて、昼間に行くべきだったと後悔しましたが手遅れです。マニュアルを見るとChargeがつくと、排気音の警告灯もつくと書いています。テスターで電圧を測定すると12.7Vです。
 まあ、電気なのは間違いなさそうです。エンジンかかればディーラーまでは10分程度ですからなんとかなるでしょう。どきどきしつつキーをひねると・・・エンジンは無事にかかりました。しかし、ライトは明らかに暗いです。原因はなんであれ、電圧が低いのは間違いありません。そういえば、この前夜走った時に妙に暗く感じて、目が悪くなったなあ、と思ったのは既に電圧が低下していてライトが暗くなっていただけだったのでしょう。
 途中でとまらないことを祈りつつ、意味があるかどうかわかりませんが、エンジンの回転数は高めにしてディーラーへ向かい、幸い、とまることなく、到着出来ました。ふー。途中ライトを消すと電圧が上がったので、やっぱり、発電出来ていなくてバッテリーから電源が供給されているようです。
 状況を説明して入院させました。結果、やはりオルタネーターが駄目で、交換ではなく、リペアキットによる修理と今回負担がかかったバッテリーの交換で無事に退院してきました。たいしたことがなくて良かったです。

|

« 落合監督、後は頼みます | トップページ | SLK試乗 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AW入院:

« 落合監督、後は頼みます | トップページ | SLK試乗 »