« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

SLK試乗

 おまえがSLKを買うことがあるのか?と言われたら、出来が良ければ可能性はあると答えましょう。AWはまた入院していまい、老朽化は否めません。いや、その都度修理すれば問題はないのでしょうけれど、やはり、信頼感に欠けます。ルーテシアは私が嫌、エリーゼは相方が困るという状況に変わりはありませんので、二人で快適乗れる車が欲しいという気持はかわりません。SLKは箱根で遊ぶ車ではないでしょうが、実用車としてはよさそうです。また、この手の車は試乗車があるうちに見ておかないと無くなることも多いので、行ってきました。
 試乗車は、SLK200 ブルーエフィシェンシースポーツのレザーパッケージ付きです。価格面からみてこれが売れ筋仕様です。
 質感などはまずまずです。乗り込む前に屋根を開けて見せてくれました。ドアガラスの後ろに三角窓があり、それも下がります。これは初めて見ました。トランクの中にカバーがあってそれを引き出さないとオープンに出来ないそうです。これはオープンにするとトランクの上部に屋根が収納されるためですが、カバーの下の部分の空間は十分あり、間口は狭いですが、オープンのまま出し入れすることはないでしょうから。この手の車としては十分な収容能力があると思います。前後にトランクがあるボクスター・ケイマンには負けますが。ただし、開け閉めするのにはNかPレンジに入っていないと駄目だというのは
残念です。走りながら開け閉めすることが出来るのと出来ないのは大きな違いがあります。ソフトトップではないから難しいとは思いますが(ただし、ある記事によると低速なら走行中でも開け閉め可能と書かれていました。未確認ですが。)。
 開け閉めするためにエンジンをかけてくれましたが、マフラーからぼーぼー。これは
AMGではないのに(苦笑)。
 乗り込んでポジション調整。シートは随分下まで下がります。ペダルはFRらしく右よりです。言い換えると「ガイシャ」の右ハンドルらしいオフセットはありません。おかげでブレーキは左足では踏みにくいです。。ポジションは合ったと思いましたが、なんだか微妙に疲れます。何がどう悪いのかはよくわかりませんが、完全には合っていないようです。 
 ドアミラーはピラーの付け根よりも手前にきています。変わっていますね。空力がどうたらとかいっていましたが。そのスイッチは左右の選択がタッチスイッチみたいにスイッチがでっぱっていません。これも珍しいです。
 さて、試乗・・・ですが、すんなり発進出来ません。シフトレバーを見るとDの左右に+-がありますが、Mというレンジがありません。聞いたら、別のスイッチでスポーツだ、マニュアルだと選択しないといけないと。Mにいれておけばマニュアルモードに入るものの、エンジンを切るとまた元に戻ってしまいます。なので、毎回、Dに入れた上で別スイッチを操作する必要があるのです。これは非常に面倒です。まあ、そんな運転するのは世界で私だけかもしれませんが・・・。ただし、SLKだとパドルがあるのでベンツ独自の左右で+-という意味不明な操作をしないですみます。
 パーキングブレーキは右下のレバー(ノブに近い)です。しかし、走り出すと自動的に解除されます。だったら、そもそもパーキングブレーキのレバーは要らない気がします。Pレンジでパーキングブレーキもかかれば良いような?SLKにもCクラスと同様にブレーキのホールド機能があるので、信号などで停止した際にもパーキングブレーキは不要です。
 で、ようやく走り出しました。ディーラーの敷地から道路へ出ましたが・・・・ 残念ながら何も感じませんでした。じゃあ、乗り心地が酷いのかというとそうでもないです。ただ、路面によっては、なんというか、もっこもっこする時があります。まあ、でも、まずまずです。
 走っていると完全にポジションが合っていないようで、やはり疲れます。途中でステアリングを下げてみましたが、まだしっくりきません。明らかになにがどう悪いというのはないのですが・・・何故でしょう。
 エンジンは、1.8Lのターボです。低速からトルクは結構でる特性のはずですが・・・出足はいがいとのろいです。まあ、アクセルをある程度踏み込まないと加給かからないでしょうから、単なる1.8LのNAですからね。1440kg(二人乗車で実質1600kg程度)あるので、こんなものでしょう。むしろ、ちょっとアクセルを踏んだだけでスロットルをとばっと開ける設定になっていないことを評価しましょう。
 エンジン音そのものは、同じエンジンを搭載したCクラスよりもスポーティに演出してあるということですが・・・・残念ながらうるさくなっただけで、私にはスポーティには感じられません。元々官能的なと言えるエンジンではないので、これならいっそ、静かな方が車とあっている気がします。
 3000回転位でシフトアップして走って見ましたが。変速はのろいです。トルコンATですから仕方無いのでしょうけれど、ボクスター以下です。スポーツモードにすると変速速度が速くなる・・・というようなものはないようです。DCTではありませんからね。
 ブレーキの感触が少し違和感があります。踏んでとまって抜いていった時にカクンとします。ルーテシアがこうなるのですが、それと似ています。これは好きではありません。また、左足でブレーキ踏みにくいので、左足がやることがなく、途中で疲れてきました。この謎の現象も私位でしょうか(苦笑)。
 話を聞いたら、色は黒が多いとのこと。それに次のが白、シルバー。シルバーが相応に多いのがピーと違いますが・・・・日本はどこも似たようなものなのですね。
 ああ、後、SLKはランフラットでした。スペアタイヤがありません。AMGパッケージにするとランフラットではなく、普通のタイヤになってスペアタイヤもつくそうです。それを考えると乗り心地は悪くないです。
 エアディフレクターは、ベースグレーだと網状のものだそうです。スポーツがつかない200だと回転式のものがつきます。ただし、スポーツにレザーパッケージをつけるとその回転式のになり、エアスカーフ(シートの首もとから温風がでる)もつきます。それを考えるとスポーツにレザーが定番になるのはうなづけます。実際の販売台数もほとんどがそれのようです。
 全体を見て、どうか?ちゃんと疲れないポジションに合わせられるとしたら、まあ、後は致命的な問題はないです。トルコンATはのろいですし、エンジンもそれ自体が魅力的なものではありませんが、屋根の開く二人乗りの実用車と考えれば後はまずまずです。後はマニュアルモードに入れるのがめんどうくさいというのもありますが。マニュアルモードは私だけの問題なので人には薦められると思います。Z4と比べるとエンジンはZ4が良いですが、後はいい勝負でしょう。Z4の電気パーキングブレーキよりも、SLKのホールドの方が便利です。
 ただ、私はどうか?マニュアルモードが面倒なのとエンジンがねえ。ルーテシアの代替としてなら良いとは思います。しかし、なんやかんやで総額600万超なので、実際にこの車を購入するとしたらエリーゼからの乗り換えになってしまいます。だったら、他の車にします。ああ、やはり、ベンツは縁がありません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

AW入院

 AWがまた入院してしまいました。今年四回目です(苦笑)。ま、うち二回は検査のはずがそのまま入院になったのですが。過去、これだけ入院した年は無かったように思います。
 朝、会社にAWで行っていたら、信号で停止した際に警告灯がついていることに気が付きました。CoolingFAN、排気温、Chargeの三つが赤く点灯しています。とりあえず水温は正常、エンジンも普通に回っていますが、電圧計が正常なエリアの下限に近いところをさしています(細かい電圧の目盛りはないので)。状況からすると発電出来なくなって、バッテリーのみから電源が供給されている状況に思えます。家よりも会社の方が近かったのでともかく会社まで行きました。
 昼間、ディーラーに相談して・・・のつもりが仕事が忙しくて夕方に。ふと、夜になったらライトつけないといけないことに気が付いて、昼間に行くべきだったと後悔しましたが手遅れです。マニュアルを見るとChargeがつくと、排気音の警告灯もつくと書いています。テスターで電圧を測定すると12.7Vです。
 まあ、電気なのは間違いなさそうです。エンジンかかればディーラーまでは10分程度ですからなんとかなるでしょう。どきどきしつつキーをひねると・・・エンジンは無事にかかりました。しかし、ライトは明らかに暗いです。原因はなんであれ、電圧が低いのは間違いありません。そういえば、この前夜走った時に妙に暗く感じて、目が悪くなったなあ、と思ったのは既に電圧が低下していてライトが暗くなっていただけだったのでしょう。
 途中でとまらないことを祈りつつ、意味があるかどうかわかりませんが、エンジンの回転数は高めにしてディーラーへ向かい、幸い、とまることなく、到着出来ました。ふー。途中ライトを消すと電圧が上がったので、やっぱり、発電出来ていなくてバッテリーから電源が供給されているようです。
 状況を説明して入院させました。結果、やはりオルタネーターが駄目で、交換ではなく、リペアキットによる修理と今回負担がかかったバッテリーの交換で無事に退院してきました。たいしたことがなくて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落合監督、後は頼みます

 西口は登板の機会を与えられずに終わりました。日本シリーズでの勝利無し記録は今年は終わりません。主観的に見ると、ぎりぎり3位に滑り込んで、CS第一ステージを連勝して突破したのは、この気分を私に味合わせるためだったのではないかとも思えます、とっとと大阪帰れ・・中略・・ホークにまた三連敗させるために。これは私にとっては最悪の結果です。これなら、4位に終わった方がまだましでした。
 こうなれば後は日本シリーズで4連敗してもらうしかありません。落合監督、後は頼みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »