« 驚くほど変わりました | トップページ | 直6の終焉 »

エリーゼ、箱根へ

 恒例?の休暇消化の時期がきました。仕事が少し落ち着いたのでたまっている有給を消化するために休んで、エリーゼで箱根へ行ってきました。一人できたのは初めてです。なので、赤ちゃん箱根デビューといって良いでしょう。
 箱根新道が無料になって(有料期間が終了して)、交通量が増えたのでターンパイクからあがっていきました。すると怪しげな車が三台。赤、白、オレンジの三河の仮ナンバーをつけた車です。偽装しています。
102111kopuri0102111kopuri3102111kopuri4102111kopuri5
102111kopuri2
 どうみてもトヨタの発売前の車のテストです。例の小プリウスでしょうか?もうすぐ発売だそうですから、機密性はもうそんなに高くはないでしょうけれど。赤のテープのしましまはなんの意味があるのでしょうねえ。偽装になっていない気が。(^^;

 エリーゼですが・・・体感的な速さはピー(ボクスター・ケイマン)以上です。低いギヤでもアクセル全開に出来ませんでした。ピーが二速ばかりになるの対して、エリーゼだと二速、三速の使い分けでちょうどいいですが、三速だけでもほとんど走れます。これはS1の111Sも同様ですが。
 車の速さは十分ですが、ターンパイクだと少し車の動きが大きい気がしました。サスペンションが少し柔らかいようにも感じます。ピーはそれは感じませんでした。スカイラインだとちょうどいいです。ターンパイクならぴーの方がいいですね。

 それから、これもS1も同じですが、シートが緩いので体が動きます。街乗りだとまったく疲れないエリーゼですが・・お山でまじめに走ったら疲れてしまいました(苦笑)。上半身はなんともなく、下半身の疲労です。でも、しっかり翌朝、上半身、特に腕に疲労性の痛みが(苦笑)。

 年ですねえ。もう人間が車についていけません。(^^;AW位がちょうど良いのでしょうね。でも、今度は車がついてきませんが。(^^;;

 それとエリーゼの乗り心地が全般的に悪化したように感じました。ただし、これはエリーゼが悪くなったのではなく、多分、AWが良くなったために相対的にそう感じるようになっただけでしょう。

|

« 驚くほど変わりました | トップページ | 直6の終焉 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリーゼ、箱根へ:

« 驚くほど変わりました | トップページ | 直6の終焉 »