« 太陽光発電、最初の一年のまとめ | トップページ | 代車ノート »

素人内閣の意図

 野田内閣が誕生しましたが、どじょう内閣ではなく、素人内閣とも言えるような陣容です。勿論、政権をとってまもない民主党に経験者が少ないのは当たり前で、素人大臣が多いのは仕方ないのですが、とはいえ、外務、財務も素人はいかがなものでしょうか?また、先日、野田首相は領土保全、安全保障の重要性を訴えていましたが、防衛大臣は自ら素人宣言の上、とんちんかんなシビリアンコントロール発言まで(ジョークのつもりだったのでしょうけれど)。

 自民党の時代も族議員が大臣になることもあれば、ポスト配分で素人が大臣になることもあったので、民主党固有の問題だとは言いません。ただ、意図があるのか、やむなくこうなかったのか、それに興味があります。

 これはどういう意図なのでしょうか?単に人材が不足しているためでしょうか?でも、それぞれの経歴を見れば、入れ替えるだけでも、もう少し経験者を担当大臣に出来そうな気もします。

 好意的に解釈すれば、大臣は敢えて素人を当て、野田首相の基本方針通りにやらせ、細かい部分は官僚に任せるということでしょうか?下手に経験があると自分の考えや思いを持っていますので、首相の意図しない方向へ動こうとするかもしれません。素人ならそれは余りないので、官僚に任せるしかありません。その上で、大きな方向性だけは首相の考えを官僚に伝え、それから外れようとしている時は軌道修正させる、それを素人大臣に期待しているのかもしれません。
 言い換えると菅前首相らが官僚を敵視し、まともに使えなかったことを反省し、これは官僚を敵視しない、大臣に素人をあてるから、十分仕事をしてくれというメッセージでしょうか?
 こういうと好意的解釈過ぎますかね?

 それにしても、ほとんどの政治家、ほとんどの歴代首相にとって、防衛大臣(防衛庁長官)なんてのはポスト配分のためのポストのようなものなのでしょうけれど、民主党の中ではどちらかと言えば、タカ派と見られる野田首相が、素人を防衛大臣にしたのはなんでなんでしょうねえ。

 しかし、シビリアンコントロールというのは日本人には難しい概念なんでしょうねえ。

|

« 太陽光発電、最初の一年のまとめ | トップページ | 代車ノート »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素人内閣の意図:

« 太陽光発電、最初の一年のまとめ | トップページ | 代車ノート »