« 素人内閣の意図 | トップページ | 本当にフランスから »

代車ノート

 カエルコ=ルーテシアはまだ退院していません。予想に反して重病でした。相方は100万人に一人の難病だといっていますが、そこまでではないにしても、人間で言えば、老人には見られるが、若年者ではまず見られない病気で、現在、ICUに入っている、というところでしょうか。
 悪い部分は分かりましたが、何故そこが悪くなったのかがまだ分かっていません。まだしばらく入院が必要です。何がどうはすべて終わったら報告します。
 なので、代車を出してもらいました。500がいいとか色々言っている人も若干一名いましたが(笑)、それは当然無理で、レンタカーのマーチだと言われました(日産レンタカー)。マーチはCVTですかと聞いたら違うというので、なら、まあいいかと受け入れました。
 それで、翌日の夕方届けてもらったのですが、きたのはノート。はあ?なんで??マーチが空いていなかったのかなあ?これでいきなり朝のお見送りは難しいので事前に練習?しないと。3000km走っていないわりと新しい車です。1.5L。特にグレードを示すものはみつかりませんでした。
 とりあえず時間が無かったので、翌朝はAWでお見送りすることにして、AWを出すのに邪魔にならない位置へ動かすことにしました。そうしたらまずエンジンをかける方法がわかりません。キーにキー(キーシリンダーへ差し込む部分)が無いないのです。単なるリモコン。どこかを押すと出てくるのかと思ってしばらく触っていましたがありません。あ、プッシュスタートかと思ったのですが、それらしいボタンがありません。で、普通ならキーシリンダーがあるであろう場所に何か縦長の穴があいています。ここにこのリモコンみたいなのを差し込んで回すのかと入れてみようとしましたが入りません。結局、それ自体を回すのだろうということに気が付きました。でも、かかりません。あれ??リモコンがそばにないと駄目なのか??何か入れるような空間があるのでそこに入れて、再度触っていたら押し込んで回さないと駄目だということがわかりました。かくしてようやくエンジンがかかりました。夜で暗かったせいで見えにくかったこともありますが、ここまでエンジンかけるのに苦労したのは初めてです。もちろん、わからなければ説明書を読むべきでしょうし、読むべきでした。が、普通は特に何も考えずにやれることなので、なんで?なんで?が先にきてそれに思い当たりませんでした。
 しかし、何故、こんな訳のわからない構造をしているのでしょう?だったらプッシュスタートでもいいでしょうに。うーん、グレードによってはキーをシリンダーに差し込むのもあるのでしょうか?それで、その部分にノブをつけた?まあ、いいです。自分でこんなの買うことはないでしょうから。
 ポジションはまあまああいますが、ステアリングの位置が合わないので動かそうとしましたが動きません。チルトすらないようです。よくみるとレバーがつきそうなくぼみがあるので上位グレードだとついているのかもしれません。ドアミラーはなんかゆがんでみえます。視界を広くするためにひずんだ鏡を使っているにでしょうか?
 さて、発進・・・・あれ?サイドブレーキがないぞ。どうなってんだ?まさか・・・げ!足踏み式パーキングブレーキです。なんで??シフトレバーは普通についているので足踏み式にする理由がわかりません。更にシフトレバーを見るとPNDLしかありません。何故に2がないのでしょう?ODのスイッチもなく、よくみるとSというスイッチが横についています。とりあえずLに入れて一度前にだして、Rに入れてバックさせました。  
 もう、だいたいこの辺でこの車は嫌になっていることはおわかりいただけるでしょう(苦笑)。で、翌朝はAWでお見送りをしました。そして、帰ってから練習・・・したかったのですが、忙しくて出来ず、練習は更にその翌日になってしまいました。
 再度ポジションを確認して発進です。あれ?なんか急に飛び出したような?なんか変な感じです。LからDにシフトアップ。Sを押すと回転が上がるので2速代わりに使えますが、LからSには出来ません。DにしてからでないとSになりません。なのでシフトダウンはできますがシフトアップは出来ないといってよいです。DからLに落とす時にはボタンを押してからでないとレバーが動きません。
 ステアフィールも変です。やたら軽く情報は何も伝わってきません。乗り心地もいいとは言えません。硬い訳ではありませんが、ふらふらする割に大きな衝撃がきます。更にシートはやたらふわふわして5分もしないうちに腰というか背中の下方が痛くなってきました。
 ミッションはやはり変で、発進する際にアクセルを踏むと少し遅れてから急に加速します。また、走行中にアクセル踏んでも回転は上がりますが、速度が変化しません。なにこれ・・・って、これCVTじゃないか!?今ごろ気が付くなと言われそうですが、CVTは駄目だよと念押ししておいたので、CVTがきているとは思わなかったのです。
 CTVだと分かればこの振る舞いは納得出来ます。が、iQのCVTと比べると少なくとも私はiQのCVTの方がましです。iQはレバーを動かすとBSDの三段階で普通にシフトチェンジさせられますから。勿論、中身はCVTですので普通のD2LのトルコンATをマニュアル操作させるのとは違いますが、それでもまだ人間の言うことを聞いてくれます。しかし、こいつはエンブレ効かせられるだけで、シフトアップはまるで言うこと聞きません(CVTだから、そもそもシフトアップではないけれど)。
 まあ、動力性能はルーテシアよりも余裕がある印象は受けました。1100kgで1.5L(調べたら80kW=109ps)なのでまずまずです。ただ、唐突に飛び出す感じが発進する際にぬぐえません。CVTなので当たり前ですが、まず回転が上がってそれから加速始めます。それがCVTだと分かっていてもやはり体が受付けません。
 10分も走らないでやめて帰りました。もう無理・無駄です。こんな車は運転出来ません。それだけで体は痛いし、ひどく疲れてしまいました・・・。
 で、電話して乗らないからいらない、引き取りにきて欲しいと頼みました。このまま置いておいても無駄でもったいないですからね。聞いたら、ルノージャポンが同クラスの車をということで、マーチからノートに変えたそうです。馬鹿じゃない!?ノートで問題ないのなら、ルノーなんか買わないよ!!

 なお、ノートのCVTは、日産のサイトの説明から引用すると
http://www2.nissan.co.jp/NOTE/performance.html
---------------------------------------------------------------------------------------------
エクストロニックCVT

なめらかな変速により、低速からムダなくトルクを伝えるCVT(無段変速機)。

エンジンとの協調制御に加え、ドライバーの運転スタイルや走行状況に応じた最適な変速制御を採用。

パフォーマンスと燃費の両面で効果を発揮します。
--------------------------------------------------------------------------------------------
だそうです。最適な変速制御?それは何かの冗談ですか(苦笑)。

 それから、リップルコントロールショックアブソーバーを使っているのですね。するとノートはマーチの1.5Lではなく、ティーダの変形版なのでしょうか?乗り心地はディーダ同様にうたい文句に反して酷いものでした。
 なお、1.6LのMTなんてのが知らない間に出ていました。へー、です。ま、MTでもあの乗り心地とシートでは駄目ですけど。

 しかし、これは、ルーテシアの乗り心地やドライバビリティに散々文句を言っていた私に対するルノージャポンの工作ですかね?日産の普通の車に乗せて、「ほらほら、これと比べるとルーテシアは素晴らしいでしょう?」と思わせるための(苦笑)。いや、本当に。ルーテシア、見直しました。ルーテシアは不満はありますが、ノートだと乗れませんので。100倍ましです。ゴルフ梅だと1万倍位ましでしょうけど。

|

« 素人内閣の意図 | トップページ | 本当にフランスから »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

乗り心地なんて人それぞれ好み
リップルコントロールを採用して柔らかい設定の
V35スカ前期に乗っていたけど
最初は違和感があるけど慣れると癖になる乗り心地
道路の小さい凹凸は見事なまでに封じ込める
まるで大船に乗ってる気分だが舵は反して良くきれる
不思議な感じの車
走り屋は入力が大きい路面でストロークを使いきる傾向があり
おさまりが悪くタイヤの接地感が悪いと批判していたけども
山坂道をかなり飛ばして走るとそういうネガが出るだけで
普通に走っていれば問題ない
徳大寺有恒先生は試乗で飛ばさずに普通に走っていたので
乗り味はベタ誉めだったよ。

投稿: ひろりん | 2016年10月23日 (日) 20時50分

ひろりんさん、
 ええ、乗り心地の好みは人それぞれです。私にはノートは駄目だったということです。V35は良かったですよ。

投稿: MOY | 2016年10月23日 (日) 22時31分

まぁ、981と987比較して981の乗り心地をあまりよろしくない。987と変わらないと言ってたくらいの人ですからねぇ。
幌の開け閉めまで試したのかどうかまで感想が酷過ぎて読まなかったけれど、987はボディが随分しっかりしたなという印象の後期型ですら明らかに幌の開け閉めでハンドリングの印象が変わるくらいにはボディの変位が変わる=ボディ剛性は少し低い。
981は初期型も初期型、それも初期ロットに乗っても幌の開け閉めでハンドリングの印象がほとんど変わらないほど、ボディの変位が小さい=ボディ剛性は明らかに高くなっている。
987後期型の時点でオープンカーとしてのボディ剛性云々の議論などむはや不毛だろうと思われたが、981型になってさらに進歩した剛性を確保しつつ実にここ最近のとにかく剛性は高めたらOK(笑)というバカげた車作りをしている新型車が多いなか(中には剛性感の演出に長けた某コスプレカーも存在するが)ボディの変位を抑えつつ、異例にしなやかなボディを持つのが981。
ただカタいだけだと距離や経年などでの寿命が短くなる。オープンボディだとなおさら。
なのでこういった巧みな設計と製造をして987よりも1ランクどころか2ランクも3ランクも実力が上がったんじゃないかと思えるほどの981を987と一緒かあまり変わらない。とおっしゃる人だからな…

投稿: ほうほう | 2016年12月 3日 (土) 14時39分

ほうほうさん、
 実際そうだったんだからしょうが無いでしょう、デビュー当初の981は。まあ、当時試乗した個体の問題はあるかもしれません。輸入車、個体差結構あると感じます(必ずそうだとは言わない)。それから987そのものは途中まで(我が家にいたの含む)までは乗り心地は酷評している通り、悪かったですよ。後期型で大幅改善。981も二年目から良くなりましたし、今、我が家にいるのは987と比べるとだいぶまし。これもイヤーモデルが変わる度に複数台試乗して比較した訳では無いので、その時試乗した車や我が家にきたある個体について言えば、です。とはいえ、982と比べると相当落ちますし、19インチや20インチだと乗り心地崩壊しますが。982は良くなりました。音は酷いですが(私の好み)、982なら20インチでもいけるかもしれません。
 ちなみに987のボディ剛性が高いと言った記憶はありません。前後でばらばらに動くと文句は言いましたが。何度も言ったようにケイマンとボクスターでは乗り心地が全然違いました(当然、ケイマンが良かった)。そのケイマンもリアハッチはがたついていましたが。986と比べればかなりましでしょうが。当時、ボクスター(987)の乗り心地が悪いとかボディ剛性が低いという批判は記憶にありませんでしたが、実際乗ったら驚きました。
 982もケイマンはデビュー当時から良かったです。ただ、981を買う前に試乗したケイマンSは何故かいまいちでしたが。これもまた個体差かもしれませんけど(いまいちといってもボクスターよりは当然上)。
 981(デビュー当初)は評論家の先生方が絶賛しているから、期待値が高くなりすぎたというのもあるかもしれません。「なんだ、絶賛されているほど良くないじゃないか」が素直な感想です。類似事例にゴルフ7があります。これも試乗したらゴルフ6梅の方が良く思いました。あくまで「乗り心地」ですが。
 一年目の981の乗り心地が良く感じられたのならそれはそれで良いでしょう。他人の感想を否定するつもりはありません。乗り心地も音も好みで評価は大きく違いますから。ただ、私には乗り心地が良いとはとても思えませんでした。しつこいようですが、981が987後期型(最終型)と大差ないといったのは、一年目の車だけの話です。
 

投稿: MOY | 2016年12月 5日 (月) 22時52分

ところで、コメントをされた皆さん、問題のノートに実際に乗ったことはありますか?先代モデルです、念のため。その上で、あの乗り心地が良いと思われるなら、それはそれでかまいません。乗ったことがないのなら、私がノートの乗り心地が悪い、と評価したことに対して、否定的なコメントは出来ないと思いいますが?

投稿: MOY | 2016年12月 5日 (月) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528857/52683344

この記事へのトラックバック一覧です: 代車ノート:

« 素人内閣の意図 | トップページ | 本当にフランスから »