« トゥインゴ ゴルディーニRS試乗 | トップページ | ドライビングポジション »

ロードスター試乗

 仮称快適車を色々考えると、条件から言えばもっとも適している車はどれかは明らかです。それはロードスターです。少しだけはみ出して3ナンバーですが、ほぼAWと同じ大きさで、NAの前輪を駆動しない車です。他の候補(新車の)は全てFFですから、もう悩む必要すらないはずです。
 しかし、ロードスターには大きな問題があるのです。その問題は車自体の出来不出来の話ではありません。それは相方の視点に立つとAWもエリーゼも不要になり、ロードスター1台で何故いけないのだ、という話が出てくるということです。相方にとって、エリーゼの唯一の取り柄はオープンに出来ることです。ですので、オープンに出来る普通(相方から見て)の車があれば、エリーゼの存在意義は相方にとっては無くなります。
 客観的にはそれは極めて正しい指摘です。ロードスターに出来て、AWやエリーゼに出来ないことはありますが、その逆は極めて限られます。フィーリングの類を除けば、エリーゼが絶対的な速さで勝ることとブレーキ性能で勝ること位です。AWは・・・全長4m未満でフェリー料金が安い位?(^^;
 勿論、それは機能、性能という点からの話であって、操作性や好き嫌い・フィーリング、相性などなどから言えば話は違います。AWのステアフィールと4AG(最近は調子の良い時の・・と書かないといけないのが悲しい)のフィーリングと音は私に取っては世界一です。エリーゼもエンジンの絶対性能はそう差はなくても、やはり2ZZはマツダの直四には負けません。両者ともMRでハンドリングでFRに勝ります。頭の重いFRではMRには勝てません(絶対的なコーナリング速度の優劣ではなく、フィーリングの話)。
 同様の理由で程度の良い中古のMR-Sが見つかったとしても、同じ問題が生じます。相方からするとロードスターの方がより良いでしょうが(MR-Sはリアのトランクがないから)、それでもAWやエリーゼよりは望ましいでしょうから(苦笑)。私からするとロードスターよりはましですが(MRなので)、やはりエンジンが寂しいです。
 そういう理由で、快適車計画においては、ロードスターは具合が悪いのです。なので、それを選ばない理由を作らなければなりません(苦笑)。
 車そのものに求めるとすると、フロントミッドシップのFRであるため、RX-8ほどではなくても、足下が右側へオフセットしているので、MRと比較するとポジションが合いません。ただし、実際には許容範囲内ではあります(RX-8よりはまし))。
 もう一つは価格にするしかないでしょう。野ざらしになるので幌は具合が悪いです。なので、RHTを選ばざるをえません。そうすると総額300万オーバーです。3台目(私自身の)の車にしては高価です。だから、高くて買えない、だから候補に入らないと称することは可能です。
 しかし、このロードスターは高いから駄目、は、別の問題を生みます。それは同価格の他の候補も自動的に同じ理由で脱落するのです。例えば、ミニは不可です。車両で約200万位の車にしないとロードスターにしない理由が苦しくなるからです(苦笑)。

 まあ、でも、乗ってみないと分かりません。マイナー前に試乗した際には相方からもーもーカーと言われて却下されています(試乗車がATだったせいかどうかはっきしりしませんが、エンジン音がこもっていたので、まるで牛みたいだと言われたのです)。試乗したら、そもそも候補から脱落することだってありえます。

 という訳で、ちょうとRSのRHT、6MTの試乗車が少し離れたディーラーにあることがわかったので試乗させてもらってきました。。この時期に試乗してきた理由はもう一つあります。それは次期ロードスターがどうやら私の好みとは更に違う方向へいきそうだということです。800kg台を目指すはニュース流した側が勝手にいっているにしても、まあ、NB並に軽量化を目指してはいるのでしょう。それは良いのですが問題はエンジンです。1.4LのターボだとかSKYACTIVEだとか。どちらにしても私の好みではありません。

 なので、ロードスターが試乗してみて良い車であれば、フルモデルチェンジ前に検討しなければならないのです。いつまで試乗車があるかも分かりませんし、あるうちにと思って行ってきました。

 前置きがやたら長くなってしまいました(苦笑)。さて、試乗です。試乗車は1万km弱ほど走った固体です。乗り込んだら・・・なんだか内装がやれた印象を受けます。そんなに古いとは思いませんが・・・・この辺はやっぱりマツダ(失礼)。
 シートはまあまあ。テレスコはありませんが、ポジションもとりあえず合いました。ただし、やはり、右側にオフセットしているように感じます。まあ、でも、それを除けば問題ないです。
 さて、発進・・・うん?なんかクラッチの感触が変です。MTを試乗する時(普段の運転もほぼそうですが)、発進する際にはアクセルは踏まずにクラッチをじわっとつないで発進させます。で、この時ストールしたり、ストールしそうになってアクセル踏む場合もあるのですが、今回はそれともちょっと違います。まあ、方向がどっちと言えば、低速トルクが不足してストールしかけた方向なのだと思いますが、なんとも言えない違和感を感じました。なんででしょう?
 敷地から道路へ・・うーん、残念、何も感じません。良い車だとここでおっと思わせてくれますし、ひどい車はここで試乗をやめたくなるのですが、時に何も感じませんでした。まあ、少なくとも悪くはないとは言えますが。
 マイナーチェンジ前の試乗した時は乗り心地が良かったのですが、それと比べるといろいろな動きに角が立っている気がします。タイヤかなあ。RSなので、205/45R17ですからね。まあ、その後も、乗り心地が悪いというほどではないですが、タイヤがもうちょっとおとなしい方がより良いだろうなと感じました。
 シフトフィールは良好です。ただし、振動がきます・・ま、これはFRですからね。ステアフィールが良くなっていました。インフォメーションは少なめですが、やたら軽いパワステでないだけましです。昔のNA8Cはひどかったですからねえ。パワーウインドウをあきらめればパワステ無しに出来たのですが、パワーウインドウだけはいつでも欲しいので、パワステ付きにしたらひどいものでした。それから比べると劇的な進歩です。もっとも、乗り手がパワステ付きの車に慣れてきたというのもあるかもしれません。当時はパワステ無しの車しか乗っていませんでしたので(笑)。
 さて、問題のエンジン音ですが・・・なるほど、これがサウンドエンハンサーの効果ですか。低中速でアクセルを踏むと確かに「サウンド」が聞こえてきます。良い悪いで言えば、良いでしょう。ただ、明らかに作られた音です。この辺が4AGとは違いますし、また、ルーテシアRSなんかとも違います。ある意味ではフェラーリに近いでしょうね。LFAにも。ただ、あそこまでやってくれれば、作られた、チューニングされた音だといっても、素直に良い音と言えますが・・・。
 1速で上まで回してみました。昔より回ることは回ります。が、上まで回すと馬脚を表すというか、ああ、この瞬間がマツダだね(笑)。はい、上の音は同じです。お世辞にも良い音とは言えません。まあ、SWの3S-GEと比べるとどんぐりの背比べかなと思いますが。

 結論から言えば、ロードスターは私には合わないようです。消去法で選べば残るかもしれませんが、積極的に選びたい車ではありませんでした。条件から言えば、最適なんですが・・・・。そうすると仮称快適車は、エンジンをとってFFにしないと仕方ないのでしょうか・・・。

|

« トゥインゴ ゴルディーニRS試乗 | トップページ | ドライビングポジション »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロードスター試乗:

« トゥインゴ ゴルディーニRS試乗 | トップページ | ドライビングポジション »