« 内閣不信任決議案 | トップページ | エヴォーラS/IPS発表会 »

リーダーシップの欠如

 会社から帰ったら夕刊に菅総理が辞意を表明とあり、なんだ、結局、やめるのか、ならもっと先に言えばいいのにと思ったものの、ニュースで不信任決議案は否決されたと。へ?なんで?今回は解散しろではなく、菅やめろ、のための不信任決議だから、本人が辞めると言った以上、不要じゃない・・・と思ったのは私の早とちりでした。
 菅は震災対応に一定のめどがついたら辞めるといったのであり、何時辞めますとか、すぐ辞めますといった訳ではなかったのです。それって問題の先送りに過ぎないではないですか。不信任決議案は民主党から賛成2人、欠席・棄権15人(小沢含む)。当然、反対しなかった党員への処分・・・のはずが、小沢の処分でがたがた。
 はあ、だから、あなたは辞めろと言われるのですよ。すっきり決着させられないのですか。続けるなら党の分裂・解散総選挙覚悟で続投表明すべきだし、そうでないのなら、さっと辞めるべきです。めどがつくまでということは、めどがつかないといってずるずるやるということでしょう?そのうち辞めますといった人に総理大臣がつとまると思うのですか?
 小沢一派を切り捨てることも明確にできず、鳩山は岡田に嘘つきといっている状態で(ここだけは嘘つき鳩山が正しい。普通に考えれば6月中に辞任でしょう)、問題は何も解決していません。やったのは不信任決議案の可決の阻止、ただそれだけです。
 谷垣にとっては良かったかもしれませんね。下手に可決して解散されたら大変でしたから(苦笑)。

|

« 内閣不信任決議案 | トップページ | エヴォーラS/IPS発表会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーダーシップの欠如:

« 内閣不信任決議案 | トップページ | エヴォーラS/IPS発表会 »