« MiToとトゥインゴRS試乗 | トップページ | AW復活・・・多分 »

乗り心地は難しい

 先日、相方と河口湖・山中湖方面へエリーゼで行ってきました。エリーゼにしたのは、AWはちょっと不安があり、ルーテシアは私が乗りたく無かったからです(片道2時間乗ると疲れ果てるので)。行きは道路がすいていたので中央道経由で行き、特に問題はありませんでしたが、帰りは同志道経由で帰ったところ・・・相方が途中で車酔いしてしまいました。
 通ったことがある方にはわかると思いますが、あの道はアップダウンが結構ある上に、かなり曲がりくねっており、また、だいぶましになったとはいえ、路面も悪く、大きな段差も多い道です。そんなところをエリーゼで走れば当たり前だろうと言われるかもしれませんが・・・私はまったく問題ないのです。道路がすいていたので、途中の休憩無しで2時間弱連続走行で帰ってきましたが、私は疲労感皆無です。もう一往復位軽く出来そうな感じでした。でも、相方はへばってしまいました。
 これがルーテシアだと逆で、相方は平気ですが、私は疲労困憊。ボクスター・ケイマンもルーテシアと同様。ゴルフだと少しはましですが、それでも疲れます。AWだと?ダンパー交換前は相方はエリーゼと同様に駄目でした。私は平気でしたが。今なら相方も平気かもしれません。ただし、相方はAWのシートが駄目です。
 要するにこれは大げさに言えば、私と相方の乗り心地の評価基準の違いを示していると言えます。私はルーテシアの乗り心地はかなり酷い・悪いと思いますが、相方は悪くない、良い方だと考えています。逆にエリーゼは私は乗り心地は良いと思っていますが、相方はやはり悪いと感じるようです。
 何がどう違うのか、その見極めは難しいです。一つ言えるのは、相方が乗り心地について言う場合、車自体よりもシートの影響が大きいように思えるということです。シート次第で、同じ乗り心地の車でも感じ方は変わってきます。それが相方の場合、シートの占める割合が大きいように思います。逆に私はシートよりも車自体の乗り心地が気になるようです。
 また、相方は大きな入力に弱いに対し、私は連続する入力に弱いようです。ガツンと一発で収まれば私は平気ですが、相方にはそれがきついようです。その上、エリーゼのシートはクッションが薄いので(追加クッションで改善はされていますが)、きついようです。私はむしろ、揺れ続けるような動きが苦手です。だから、ガツンと来るのが無ければ、相方は案外硬い足でも文句は言いません。むしろ私の方が硬いのは苦手です。終始、ゴツゴツしているのは駄目です。

 もう一つ言えるのは、ガツンでもゴツでもそれ一発で収まれば私は平気ですが、ガツンガタンゴトン、とか、ゴツゴツゴツとくると駄目みたいです。ユサユサブルブルも同様に駄目ですが、これは相方も同じです。だから、柔らかければ良いかというとそうでもありません。なので、シトロエンのC3は二人とも駄目でした。

 今でも、私は乗り心地がもっとも良いのはS1の111Sだと思っています(S1のSではないのは乗ったことがないのでわかりませんが、ノーマルなら多分、111Sと同様に良いはずです)。でも、相方には最悪でしょう(私が所有して相方が乗ったことがある車の中では)。ガツンの一発は一番きついですから。道志道の橋のジョイントを乗り越える時の衝撃は確かにかなり強かったです(S2はそれはかなり丸くなっています)。おまけにシートにクッションらしいクッションはありませんから、そのまま直接体にきます。でも、S1はいくら強くても、確実に一発で収まりますので、私は平気です。

 多分、自分では硬い足は嫌いだと言いつつ、世間では硬いとされる車を、乗り心地が悪くない・良いと評価することが多いのは、それが理由でしょう。私にとって乗り心地が良い=衝撃が一発または早期に収束する車、ではないかと思います。これを硬い系で乗り心地が良い車と称します。インテR、ルーテシアRS、911もこれに含まれるでしょう。MG-ZTは私は硬いと感じませんでしたが、世間では割合硬いと評価もあるので、こちらに含めておきましょう。

 では、例えば、ゴルフ6の梅はどうでしょう?あれは元々の衝撃が小さく、かつ早期に収束する(一発で収まる訳ではない)のではないかと思います。これが相対的に柔らかい系で乗り心地が良い車と称します。ローバー75はこれでしょう。ゴルフ5のGLiもここに含まれると思います。ゴルフ5のEは乗り心はいまいちでしたが、GLiは良かったです。

 一般的に乗り心地が良い車は後者を示すのでしょうけれど・・・。

 後、疲労感により影響するのは操作性でしょう。やはり適切なドライビングポジションが取れる(合う)車とそうでない車では長時間運転した後の疲労感が違います。どうにも合わない車は買ったりしませんが、やはりルーテシアやゴルフ5はいまいちでしたし、ボクスター・ケイマンも同様です。エリーゼはここが優れており、結果的に疲労感が少ないのだと思います。

 なんにしても、二人とも乗り心地が良いと思える車が欲しいです・・・。ルーテシアで同志道を走るのは悪夢としか思えませんが、もうこの方面へはエリーゼでは行きたがらないでしょうね。AWが大丈夫そうなら、シートを交換するかな?そうすれば、相方もAWで平気でしょうから・・・。AW、大丈夫かなあ?とりあえずは復調してはいますが・・・。ルーテシアをゴルフ6に出来れば良いのですが・・・買ったばかりですからね。駄目だろうな。エリーゼを乗り換える訳にはいかないし・・・。

 うーん、幻の補車計画は、快適車導入計画へ変わるかもしれません(苦笑)。

|

« MiToとトゥインゴRS試乗 | トップページ | AW復活・・・多分 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乗り心地は難しい:

« MiToとトゥインゴRS試乗 | トップページ | AW復活・・・多分 »