« 白爺完全!?復活 | トップページ | 幻の補用車計画 »

エリーゼの近況

 赤ん坊がやってきてから、早いもので二ヶ月弱が経過しました。やってきて、東日本大震災がすぐに起きてしまって、しばらく乗っていませんでしたが、その後、AWが入院したりして、最近、わりと良く乗っています。
 なんだかんだいっていた相方もクッション敷けば乗っていて我慢出来るようで、先日は帰りに眠っていました。正直、私はエリーゼの助手席では眠れないと思います。凄いです、相方! 
 高速巡航はうるさいのですが、よくよくみる・。いや、聴くとこれはエンジン音やミッションの音などではなく、風切り音とロードノイズが中心です。速度がある程度に達するとうるさいですが、更にそこから上げても余り変わりません。だから、超高速巡航は意外と平気かもしれません・・・まあ、日本でやることはないし。やる場所もないですけどね。
 とはいえ、やはりうるさいので、高速道路でも80-90km/hでおとなしく追い越し車線以外を走っています。S1もそうでしたが、高速道路ではエリーゼはいつも大人しいです(笑)。一番ペースが速かったので相方のゴルフでしたね。ピーは太郎も次郎も中途半端な速度だとうるさいのでやはり大人しめ。ただし、これらは超高速巡航の方が快適になる車で、日本では道路が車にあいません。
 エンジンは回せばまずまずの音がします。上が少したるい気がしますが、これは余り回していなかったのかなあとも思います。何にしても、やはり1ZZ-FEではなく、2ZZ-GEにして良かったと思います。1ZZでは私は満足出来ないでしょう。
 ただ、低速トルクはやや細い気がします。車重が違うので直接の比較は難しいですが、S1はエンストした記憶がなく、クラッチだけつなげば2速でも3速でもごろごろ走っていきます。111Rは、クラッチをラフにつなぐとエンストすることがあります。とはいえ、ケイマンとくらべればましですし、間違えて3速発進しても発進自体は出来てしまいます(クラッチミートに気を使えば)。
 動力性能は十分以上で、これですら使いきれない位です。シフトフィールは上々です。S1よりも良いですね。
 ハンドリングうんぬんはまだよくわかりません。ただし、やはり高速コーナーではリアが重い気がします。やや重心が高くて外側にひっぱられる感じがします。ステアフィールはS1と似たようなものです。低速が重い(パワステないので)のを除けば、常に軽く、やや曖昧な感じです。ま、エリーゼはどれもこれです(更に言えば昔のヨーロッパも)。
 ボディの剛性感はやはり低いです。ほろを外すとバックミラーがぷるぷる揺れます(笑)。あちこちからがたがたといろいろな音がしています。ただし、実際のボディ剛性が低いかどうかはそうとも言えません。S1の111Sもそうでしたが、音と振動で低いように感じているだけでしょう。

 問題の乗り心地ですが、一般的には乗り心地が良いとは言われないでしょうね。がたごと常にしていますし、がつんがつん来ます。ただ、私の評価では、やはりボクスターよりははるかに良いですし、アルテやSWよりも良いです。とはいえ、過去最良と評価しているS1と比べると重たいせいか、S1ほどは良くはないです。ケイマンと比べるとどうか?ケイマンの方が一般的には乗り心地は良いと評価されるでしょう(エリーゼとの比較では)。ただ、この差はシートに起因している可能性も高いです。ケイマンはボクスターよりはましですが、それでもやはりリアのどたばた感が残っていました。111Rはリアが相対的には重い(重量配分から言えば、ケイマンよりも後ろが重い~)ですが、リアのばたばた感じはありません。前後まとめてゆれています(笑)。
 乗り心地は良いのか、悪いのか?良いと言っても良いでしょう。乗っている時の感じではとても良いとは思えないですが、車を降りれば結論が出ます。111Rは降りた時の疲労感がありません。うるさくて、常にがたがたゆれているのに、です。これはやはり乗り心地が良いからというべきでしょう。ケイマンは逆に運転すると疲れて降りてからもぐったりしてしまいます。相対的には静かでがたがたは揺れないのに、です。結局、シートのクッションで吸収しているだけではないかと思います。エリーゼはそこがありませんので、見た目ひどいように思えますが、本質的にはひどくないから疲れないのだと思います。

 ま、とはいえ、荷物は積めない、乗り降りは大変、という車ですから、町乗りOKとは言い難いですが・・・。それでも、意外と相方と一緒に乗っていけています。旅行にいくには荷物が入り切れないかなあとか言っています。そう言っているということは積めれば旅行に行けると考えているのでしょう。

 あ、全然違う話。気温がだいぶあがってきましたが、サイドシルが本当に熱くなりません。S1ならほっかほかのはずなのに。これは劇的な改善でしょう・・・・やっと普通になっただけですが(苦笑)。

 エアコンは普通に使えてはいます。ただし、送風が弱でも結構な勢いで風が出てくるので、止めたり動かしたりする必要がありました。まあ、この辺はロータスですからね。そう大きな問題ではないでしょう。だって、ボクスター・ケイマンのオートエアコンも結局、人間が調整する必要がありましたから。

 それとラジオとCDしかないオーディオはやはりちとさみしいですね。外部入力端子がないのが痛いです。ナビはカエルコ=ルーテシアについているポータブルを共用する予定です。付け方は色々考えましたが、付属の車載キットを使うのがやはり良いと判断して、追加のキットを買ってつけました。電源コードの長さが意外と短くてぎりぎりでしたが・・・まあ、これはサイドブレーキ後方にソケットがあるエリーゼの構造に起因した問題です。
Elisenavi1
Elisenavi2
それとこのソケット、キーに関係なく電源が供給されるのですね。キーを抜いてもカーナビが動いたままで驚きました(苦笑)。

|

« 白爺完全!?復活 | トップページ | 幻の補用車計画 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリーゼの近況:

« 白爺完全!?復活 | トップページ | 幻の補用車計画 »