« ピー次郎の問題点 | トップページ | 少しだれてきたかGT5 »

サヨナラ、ピー次郎

 ピー次郎が我が家を去っていきました。
030211byepi
  涙雨でしょうか。昨日までの雨は朝はあがっていませんでした。もう、今日しか乗る機会がないので、会社に乗っていきました。お昼頃やっと雨はあがりましたが、汚れちゃいました。いや、これは涙雨ではありませんね。ピー太郎は雨が好きで、出かけるとしばしば雨を呼んでいました。ピー次郎はそうでもなかったのですが、今年に入ってから雨や雪を良く呼ぶようになりました。ピー達は水遊びが好きなようです。だから、最後にも降らせたのでしょう。
 ピー次郎は下取りではなく、わりと近所にあるポルシェ専門店で買い取ってもらいました。最初は、里帰り(ポルシェセンター横浜=青葉)させるつもりだったのですが、査定額に大きな差がついてしまったので・・・。何せ、専門店が青葉はこれ位でしょうと言った額よりも実際の青葉の査定額は更に低かったのです。その差、35万円。これではしかたありません。

 今回は予定が立て込んでいたり、天気が悪くなったりして、結局、最後に一人でサヨナラドライブとはいきませんでした。111Sの最後と似ています。あの時も時間がなくなってどたばたして、去っていってしまいました・・・。

 更に言えば、最後に洗車する時間も取れず、きれいにしてあげることも出来ませんでした。前回洗車してからそれほどひどく汚れてはいませんが、今日の雨のせいで汚れてしまいました。過去、必ず奇麗にしてから送り出していたのですが・・・心残りです。

 文句は言っていましたが、決して嫌いではありません。ポジションさえ合えば、もっと長く乗っていられたでしょう。また、今の我が家には、エリーゼよりも適していたのも確かです。送迎、買物、旅行まで、人間が二人しか乗れないということを除けば、万能に活躍してくれました。さすがポルシェというべきでしょう。

 ただ、反面、2ドアセダンと化していたのも事実です。運転する楽しさは、正直なところ余りなく、アルテッツァ以下でした。MT/ATを忘れれば、ボクスターの方がまだ楽しみはありました(オープンであるが故に)。安定していて速いものの、面白みに欠ける、そう言わざるを得ません。

 やはり、全てにおいて万能な車はありませんね。楽しくて、実用性にも富む車、やはりそんなものはありません。楽しい割に意外と実用性も高い、か、実用性が高く、その割りに意外に楽しい、まあ、現実にはそれが限度なんでしょう。

 いや、それでも、普通は、ケイマンは「楽しい割に意外と実用性も高い」と言えるのでしょう。私が変人なだけだと思います。これは「楽しい」速度域が問題なのだと思います。ケイマンの「楽しい」速度域は高過ぎて、日本の公道では楽しい領域には入れないのだと思います。サーキットにいけば楽しかったかもしれません。

 これがAWやSW、それにエリーゼ一族であれば、その領域はケイマンよりも速度が低いので、日本の公道でも楽しめます。これが大きな違いでしょう。

 反面、実用性ではそれらはケイマンには勝てません。乗り心地だけは(私の主観では)、111Sなら勝てますが、111Sは実質荷物は積めません(苦笑)。エアコンも無いし、走ることが出来る季節が限られます。SWはこれらの中ではケイマンに近いのですが・・・乗り心地で負けます。それ以外では、もっとも実用性が高い車でした。だから、SWのナンバーは、アルテ、2台のピーに引き継がれたのです。

 まあ、今は昔と違って、相方が買った本当の実用車がいます。だから、まあ、無理に実用性を求めることもないでしょう。

 結局、我が家にきてからの走行距離は6500km程度にとどまりました。考えてみたら、ピー太郎よりも走っていません。まあ、ピー太郎は最初の3000kmは慣らしでしたらね。それを考えると同じ位でしょうか。
030211byepi1

 ピー次郎、今度は、心から愛してくれる人のいる所にいくのだよ、可愛がってもらえますように。

|

« ピー次郎の問題点 | トップページ | 少しだれてきたかGT5 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サヨナラ、ピー次郎:

« ピー次郎の問題点 | トップページ | 少しだれてきたかGT5 »