« 居るべき場所へ | トップページ | 我が家は運が良かった »

ロータスとトヨタは正しく、ポルシェは間違っている

 エリーゼとケイマンの最大の違いは運転環境=ドライビングポジションにあります。シートの問題も大きいですが、一番の問題はペダルです。エリーゼ、そしてAWは、ブレーキとクラッチペダルがアクセルペダルよりも手前に位置しています(アクセルだけが少し低い)。しかし、ケイマンでは、アクセルペダルはオルガン式なので単純には言いにくいですが、おおむね同じ高さです。この結果、エリーゼやAWはクラッチに足を合わせるとアクセルもちょうど良いのに対して、ケイマンは、クラッチに足を合わせるとアクセルが近過ぎます。逆にアクセルに合わせるとクラッチが遠過ぎて届きません。
 写真だとわかりにくいですが。
エリーゼ
031010elise

AW
031010aw
ケイマン
031010p
 これは右ハンドルだからで、左ハンドルなら問題ない、という話ではなく、左右関係ありません。
 ロータスとトヨタは正しいですが、ポルシェはどういう姿勢が正しいかをまったく理解していないように思われます。少なくとも私の体型では、ポルシェでは絶対に正しいポジションをとれません。ですから、無理がかかり、運転が疲れるのです。

 厳密に言えば、エリーゼはシートバックの調節が出来ないので、足を合わせると少し手が遠くてストレートアーム気味になってしまいますし、シフトレバーもやや遠いです。でも、これは許容範囲内です。ワンノッチシートを前に出せば解消出来ますし、それでも、足はつらいというほど近くはなりません。AWはシートの調整が出来るので何等問題はありません。シート自体はエリーゼの方がAWよりも良いですが。

 ケイマンはシートも良くなくて、腰かおしりが痛くなります(姿勢次第)。肩もシートからはみ出しますし。

 昔のポルシェは知りませんが、今のポルシェはその過半が2ペダルですので、もうすっかりどうすべきかを忘れてしまっているのでしょう(笑)。ま、GT3なんかだとこの辺が違うのかもしれませんが。

 

|

« 居るべき場所へ | トップページ | 我が家は運が良かった »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロータスとトヨタは正しく、ポルシェは間違っている:

« 居るべき場所へ | トップページ | 我が家は運が良かった »