« ささやかな貢献 | トップページ | 身近な被害 »

安定化を祈りつつ

 福島第一原発の状況はまだ安定したとはいえず、予断を許しません。現場では多くの人がまさに命がけで戦っています。
 直接、我々に出来ることは限られますが、今は、やるべきは節電と買い占めの防止(無意味なほどのガソリン給油も含む)です。節電は東京電力・東北電力管内に済んでいれば、自らの生活に直接影響してきます。節電により計画停電しないですませば、それだけ自分達も助かります。

 所謂、自粛、ですが、個人的には原発の状況次第だと考えています。特に事故や新たな災害が起きなければ、それ以上、状態が悪化しないようになり、安定すれば(燃料棒が十分冷える、放射線が外部にまったくでかくなるという意味ではなく、あくまで、状況が悪化しなくなること)、復興フェイズへ移行出来ると考えます。
 もう一つは電力供給の状態です。計画停電が不要になることも(とりあえずにしても)大きなイベント再開の条件でしょう。
 大きなイベントを行うと人が一カ所に集まります。もし、万一、急激に原発の状態が悪化して、避難という話が出たとすると、それは混乱を招きます。また、電力消費が大きいイベントを計画停電しつつ行うのも理解は得られないでしょう。ですから、それは、原発が落ち着いたとしても、電力状況が改善されるまでは控えるべきだと考えます。
 プロ野球は開幕するのなら、当分の間は、関東や東北での試合は行うべきではないでしょう。行うとしても、セパ合わせて1試合か、精々、それぞれ1試合にとどめるべきだと考えます。

 ただし、個人レベルの行動は、必ずしも自粛しなければならないとは思いません。電力消費を増加させることでなければ、問題はないでしょう。例えば、東京電力・東北電力管轄以外への旅行を計画したとしたら、それは行くべきとすら考えます。少なくともその間、電力消費は下がります。電力消費さえ抑えるのなら、個人レベルでは余り自粛自粛言うことはないでしょう。

 自動車は・・・・燃料次第でしょうね。スタンドの行列はそろそろ解消するとは思いますが、まあ、余り派手に消費するのは好ましいとは言えないでしょうね。とりあえず、我が家は給油はまだ我慢しています(苦笑)。スタンドで普通に影響出来るようになれば、まあ、通常に戻っても良いのではないかと考えます。

 なお、GT5は節電のため、中断中です。PS3とモニターの消費電力はびびたるものだとは思いますが・・・。

|

« ささやかな貢献 | トップページ | 身近な被害 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安定化を祈りつつ:

« ささやかな貢献 | トップページ | 身近な被害 »