« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

ミッドウェー海戦を思い出す

 福島第一原発はまだ状況が安定しません。色々と東電や政府を批判している人が多いですが、今、「どうあるべきだった」かを言っても仕方ないでしょう。その前に、今後どうすべきかを議論すべきです。「どうあるべきだった」かは、その後で良いと思います。稼働中や停止中の他の原発に施すべき追加の対策の議論は必要でしょうし、それには「どうあるべき」かを考えないといけないです。しかし、ああしていなかったから被害がでたんだ、だから悪い、と今、言っても何も解決はしません。原因究明、どうすればそれが防げたかの議論には、ある程度、「責任を問わない」ということも必要でしょう。免責せよという訳ではありませんが、責任問題よりも技術的な原因究明が優先されるべきだと考えます。日本では事故の際に、原因究明よりも責任問題が優先されていることが多いようにも思えます。

 それはそれとして、ふとミッドウェー海戦を思い出しました。色々な意味で、似ている部分がありますね。まずは、帝国海軍の最初の大敗=日本の原発での最初の大きな事故・災害という点。四隻の空母を集中配置していて、それが奇襲され、全て沈められた=六基の原発を集中配備していて、それが地震と津波により、全て被害を受けたという点。5、6号機はとりあえずなんとかなっていますが、これは飛龍でしょう。1、2、3、4号機が、赤城、加賀、蒼龍で。
 それから艦載機の誘爆=燃料保管プールにあった使用済み核燃料からの水素爆発ということも言えるでしょう。公式にはまだそういう結論になっていないようですが、1、3号機の水素爆発も原子炉本体ではなく、燃料保管プールから生じた水素によるものではないかと私は考えます。直接受けた被害も本来なら空母が沈むほどではなかったのに誘爆などにより最終的に沈没にいたった=地震・津波による被害では原子炉そのものには大きな被害は生じなかったが、その後、被害が拡大していったということも言えます。

 ミッドウェー海戦に例えるのなら、南雲第一航空艦隊司令長官=東電、山本連合艦隊司令長官=管首相というところでしょうか・・・・。

 最終的にミッドウェー海戦と同じ結末になって欲しくはありませんし、なってはいけません。爆撃を受けた空母は燃えてはいますが、まだ、沈んではいません。なんとか日本へ帰還しなければなりません。また、飛龍が爆撃を受けることも避けなければ!

 ただ、史実のミッドウェー海戦は世間一般で言われるほど、大きな打撃だったとは考えてはいません。致命的だったのはやはりソロモンでの消耗戦であり、空母機動部隊が一番大きな被害を被ったのは、戦術的勝利を収めた南太平洋海戦だったと思います。ミッドウェーの被害は空母と航空機は大きかったものの、搭乗員の被害はそれほどでもありません(少なかった訳ではないですが)。だから、ミッドウェーで負けた後でも、南太平洋海戦まではほぼ互角に近い戦いが出来ていました。それが南太平洋海戦での航空機・搭乗員の大消耗により、その後は、空母戦らしい戦いが出来なくなったのですから。

 そういう意味では、万一、ミッドウェー海戦で負けても、ソロモンでの消耗戦に突入しないようにすれば、致命的ではない、と言うことが出来るかもしれません・・・・それで勝てる・負けないとは言えませんが・・・。

 少し違う話ですが、東電はこのような災害が発生した時に備えたロボットを所有していないように思われるのはショックでした。米軍やフランスのアルバ社から投入された(される)ようですが。これは・・・・原発は安全だと言い続けたためなんでしょうか・・・・。
 それと民間のUAVで撮影が行われたようですが、陸自の観測無人ヘリは使えなかったのでしょうか?
http://www.mod.go.jp/gsdf/equipment/ce/4_5.html
 こういう時にこそUAVだと思いますが・・・。この手の無人機材は技術はあるはずなのに装備が遅れている分野に思えますが。やっぱりこれはアトムが悪いのでしょうか(苦笑)。

 「安全神話」について言いたいこともありますが、それはまた後日に。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ガソリン狂想曲が終わり、渋滞帰る

 週末、ガソリンスタンドはいつもの状態に戻っていました。カエルコも並ばずにお腹一杯にすることが出来ました。(^^)
 ただし、それと共に交通量も増えていつものように渋滞が始まってしまいました。この前の三連休はガソリンスタンド前の局所的な渋滞を除けは、どうろはすいていましたが。まあ、とはいえ、以前と比べるとまだ交通量は少ないですが。
 ああ、ただ、いくつかのスタンドでまだ行列が出来ているのを見かけました・・・ただし、これは給油ではなく、洗車機待ちの行列です。花粉が猛烈に放出されていて、外にいるカエルコも黄色い粉だらけです。だから、今度は洗車機に車が集まっているようで。

 ただ、福島第一原発は残念ながらまだ普通の状態に戻るまでの道のりは遠そうです。電源が回復し、徐々に回復はしているものの、放射性物質は明らかに漏れだしています。どれだけ燃料棒が傷ついているのか・・・。ただ、それを除けば、体制は改善されているので、良くなる、収まっていくと信じたいです。

 暗いニュースが多いせいで、原発だけではなく、相方もかなり不安定。我が家は計画停電の影響を除けば、普段の生活をおくることが出来ていますが、それでもこれです・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白爺不調

 デスビを交換したAWですが・・・逆に不調に陥ってしまいました。アイドルも安定していませんが、それは前から時々あったことなので、関連性ははっきりしません。問題なのはアクセルを踏んでいった時です。スムーズに回転があがらず、かと思ったら、急に上がり出します。パワーは無くても、レスポンスと上まで回ることが取り柄の4AGなのに、回らないし、アクセスに対する応答が一様でなく、全般的には「にぶい」です。明らかに何かがおかしいです。デスビの交換作業が影響しているのか、たまたまついにどこかが壊れたのかはわかりませんが、要入院です。

 もう少し様子を見てから・・・あ、この様子はガソリン事情であってAWの調子ではないです、カエルコに給油できないとAWが必要なので・・・問題ない時期に再入院させる予定です。壊れていたとして、その部品があるといいのですけれど・・・。

 原発は、放射性物質に汚染されていたと思われる水につかって作業して作業員三人が被爆、負傷。これは不注意だったと言わざるを得ないでしょう。対策をとった上で作業は再開されると思いますが、まだまだ危うい綱渡りが続きそうです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震が続く

 昨日は朝から何度も地震。今朝も起きる前から地震。いずれも被害がでるようなものではないのですが、さすがにこれだけ頻発するとこたえます。会社からの帰りに駅のホームにいたら地震を感知したので運転を見合わせますと。この時もすぐに動き出しましたが。また、不思議なことも昨日は8:47に緊急地震速報のメールがきて、その後揺れたのに、確認すると地震が起きた記録がありません。緊急地震速報の精度が大きく低下しているのはわかっていますが、記録がないとはこれいかに?確かに揺れたと思ったのですが・・・・。昨夜、寝る前にも揺れたと思いましたが、これも該当する記録がありません。地震が続きすぎて感覚が狂って揺れていなくても揺れたように感じてしまうのでしょうか・・・・。

 水道水の放射性物質が幼児向けの基準を超えた話は、雨のせいで、今回に関しては一時的なものでしょう。ただし、原発を押さえ込まないとこの状態が持続してしまいます。電源接続は終わったようですので、今日、大きく進展することを期待したいと思います。現場で戦っている皆様に感謝と声援を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身近な被害

 相方が愛用していたマルハニチロダイレクトから、宮城にあるコールセンターや発送センターが大きな被害を受けたので休業しますとDMがきていました。やはりそうでしたか・・・。
 また、会社で某社と連絡のメールをした際に被害はありませんでしたかと書いてみたら、千葉の倉庫が大きな被害を受けたとのこと。また、自社の千葉の某事業所へ貸し出したものをそろそろ返して下さいと連絡したら、オフィスが立ち入り禁止状態なのでしばらく返却出来ませんと。高層階で被害が出ていると聞いていましたが、ちょうどそこにオフィスがあったようで・・・。
 津波や原発に比べると大したことはありませんが・・・・。

 原発は電源の接続には成功したそうでまずは一安心。ただし、本格的に稼働するようになるにはまだしばらく点検・修理が必要ですから、まだまだ予断を許しません。

 今朝は続けて地震が起きています。いずれも我が家では揺れたという程度ですし、最高で震度5強で特に被害は出ていないようですが、30分足らずに間に4回も揺れると・・・・。

 暗い話ばかりでもなんですね。近所のスタンドはまだ行列はありますが、開いているところが増えてきましたし、行列も短くなってきました。そろそろ元に戻りそうです。ようやく給油出来るかな?カエルコはついに燃料警告灯がついてしまいましたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安定化を祈りつつ

 福島第一原発の状況はまだ安定したとはいえず、予断を許しません。現場では多くの人がまさに命がけで戦っています。
 直接、我々に出来ることは限られますが、今は、やるべきは節電と買い占めの防止(無意味なほどのガソリン給油も含む)です。節電は東京電力・東北電力管内に済んでいれば、自らの生活に直接影響してきます。節電により計画停電しないですませば、それだけ自分達も助かります。

 所謂、自粛、ですが、個人的には原発の状況次第だと考えています。特に事故や新たな災害が起きなければ、それ以上、状態が悪化しないようになり、安定すれば(燃料棒が十分冷える、放射線が外部にまったくでかくなるという意味ではなく、あくまで、状況が悪化しなくなること)、復興フェイズへ移行出来ると考えます。
 もう一つは電力供給の状態です。計画停電が不要になることも(とりあえずにしても)大きなイベント再開の条件でしょう。
 大きなイベントを行うと人が一カ所に集まります。もし、万一、急激に原発の状態が悪化して、避難という話が出たとすると、それは混乱を招きます。また、電力消費が大きいイベントを計画停電しつつ行うのも理解は得られないでしょう。ですから、それは、原発が落ち着いたとしても、電力状況が改善されるまでは控えるべきだと考えます。
 プロ野球は開幕するのなら、当分の間は、関東や東北での試合は行うべきではないでしょう。行うとしても、セパ合わせて1試合か、精々、それぞれ1試合にとどめるべきだと考えます。

 ただし、個人レベルの行動は、必ずしも自粛しなければならないとは思いません。電力消費を増加させることでなければ、問題はないでしょう。例えば、東京電力・東北電力管轄以外への旅行を計画したとしたら、それは行くべきとすら考えます。少なくともその間、電力消費は下がります。電力消費さえ抑えるのなら、個人レベルでは余り自粛自粛言うことはないでしょう。

 自動車は・・・・燃料次第でしょうね。スタンドの行列はそろそろ解消するとは思いますが、まあ、余り派手に消費するのは好ましいとは言えないでしょうね。とりあえず、我が家は給油はまだ我慢しています(苦笑)。スタンドで普通に影響出来るようになれば、まあ、通常に戻っても良いのではないかと考えます。

 なお、GT5は節電のため、中断中です。PS3とモニターの消費電力はびびたるものだとは思いますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささやかな貢献

12日 17.8
13日 17.8
14日 16.3
15日 4.6
16日 16.8
17日 15.5
18日 19.3
19日 17.8
20日 16.0

 地震発生翌日からの我が家の太陽光発電システムによる一日の発電量です(単位はkWh)。15日は天気が悪かったので駄目でしたが、それ以外は日照時間も長くなってきて、天気も概ね良好でしたので、4kWのシステムにしてはまずまずの発電量です。
 とはいえ、昼間にしか発電出来ないですし、1時間当たりに直すと1kWhにも届きません。東電が失った20GW(2000万kWと新聞に書かれていましたが、kW=電力の単位という認識があるからなんでしょうかね)の供給能力と比較すると約2000万分の一にもなりません。

 それでも、一年前なら確実に我が家の日中の消費分だけ電力消費量が増加していました。実にささやかではありますが、たまたま昨年、太陽光発電システムを設置したことによる貢献です。

 福島第一原発の放水作業は継続され、燃料保管プールへの放水は一定の効果があがっているようです。電力の供給再開の準備も進んでいます。がれきの撤去にドーザーブレードをつけた74式を投入するそうですが、何故に駒門から?第六戦車大隊にはドーザーブレード付きがないのでしょうか?それともトランスポーターなどが被害を受けて輸送出来ないのでしょうか?いずれにしても、うまく作業が行われることを祈ります。事故などありませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白爺帰る

 旅行に行く時=地震前にAWを12ヶ月点検のためディーラーに預けていきました。そうしたら、デスビの付け根からオイル漏れしていることがわかり、交換することになり、部品の入荷待ちもあって、ようやく今日、帰ってきました。実は右フロントのダンパーのオイル漏れも見つかったのですが、残念ながら部品がありません。ダンパーは社外品で何か探して交換する予定です。

 カエルコの燃料が残り少なく不安でしたが、これでとりあえず、人は二人しか乗れないものの、普通に乗れる車が増えました。ま、AWも残り燃料は40%程度ですけれど。(^^;燃料の残りが一番多いのは赤ん坊で80%程度はありますが、まあ、これではさすがにお買い物には行けません(苦笑)。

 お買い物といえば、乳製品が激減しています。スーパーやコンビニから牛乳が消えて、ヨーグルトもほとんどありません。もっとも、買い物へいったのは夕方(AWを引き取って帰ってきてから、いったので)でしたから、朝行けば無い訳ではないようですが。

 ガソリンスタンドは相変わらず、閉店か行列ですね。反面、スタンドの行列を除けば、交通量は少なく渋滞もありません。それとタンクローリーが走っているのを何度も見かけました。普段よりも明らかに多いと思います。そろそろ落ち着いてきてくれるのではないかなあと思いたいです。そろそろカエルコに給油したいです。

 自衛隊、警察、消防による放水作戦は継続され、一定の効果があがったようで、良かったです。継続的に放水する体制もとられたということですし、送電線の敷設も終わりつつあるようです。電源が回復すれば、状況は改善されるはずです。残された機器が正常に動作することを祈りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事と健闘を祈るしかない

 福島第一原発では、自衛隊、警察、そして東電による決死の作業が続いています。CH-47による放水は、簡単な計算でもわかるように、焼け石に水、と言わざるを得ません。手間の割に効果は極めて限定され、効率が悪すぎます。しかし、それでも、少しは時間が得られるでしょう。その得られた時間で次の作業までの準備が出来る可能性はあります。警察による放水は水が放射線が強すぎて近づけず、水が届かなかったために中止され、その後、自衛隊の消防車(航空機事故用の)による放水は実施されました。新聞によると厚木基地からも行っているそうです。ただし、放射線が強いので、当初予定した連結しての連続放水は行えず、車内タンク分だけの放水にとどまったとのことです。これもまた、総量からすると焼け石に水に近いと言わざるを得ないでしょう。しかし、これにより、ある程度の改善は出来たと信じたいです。

 原発が安定すれば、停止している五号機、六号機の発電へ向けての作業も行えます。しかし、安定しないと福島第二原発含めて、原発は動かせません。それは夏に向けて発電能力が需要に対して絶望的なまでに不足することを意味します。
 また、ここ一週間、長くても数週間で安定した状態に持ち込めないとそれは悲劇的な結末を迎えてしまう可能性が高いことを意味します。押さえ込めないと最終的には現地で作業が行えなくなります。それはとりあえずある程度はおちついてきている他の原子炉でも問題が再発し、また、停止している五号機、六号機の使用済み核燃料も問題を起こすことを意味します。被害がどれだけに及ぶかは素人の私にはわかりません。100kmでも安全ではない可能性は高いと思います。

 ただし、以上は、私は原発反対を主張しているのではありません。総力を挙げての決死の作業が続いています。これにより必ずや安定した状態に持ち込めると信じています。言いたいのは、今、すぐに大きな危機が発生する訳ではないにしても、失敗すると重大な危機に陥る、その瀬戸際にあるということです。
逆に、これらの原発が安定すれば、復興フェイズへ移行出来ます。そうすれば、今よりも良く方向へ向かいだします。良い方向へ向かうということは人々が希望を持てるということです。

 また、原発とは直接は関係ありせんが、戦後初の予備役動員も行われました。被災地では雪が降っています。食料、水、燃料が不足するなか、避難所で多くの人が耐えています。

 一方の我が家は夕方からの停電に備えて泥縄としか言えない対応状況で、他人を批判出来る状態ではありません。気温が下がっているので、大規模停電が発生する可能性があるとのことで、相方は早く帰って良いと言われたので普段よりも一時間以上早く帰ってきて、私もそれに合わせて早めに帰宅しました。停電前に先にお風呂に入って(エコキュートなので基本的にはためているお湯を湯船にはるだけですが、停電するとそれも出来なくなります)、パンで夕食をすませて、停電に備えました。

 たかが停電でどたばたしているのが恥ずかしくなります。停電するといっても、限定された時間で、食事は出来て、お風呂にも入れて、布団で寝ることが出来ます。

 今、出来ることは、原発対応、救助、復旧に従事されている方々、避難生活を送っている方々の無事と健闘を祈ることしかありません。後は、なるべく節電に努めるしか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泥縄

 我が家は知らない間に4グループへトレード?されていました。うーむ、いつかわったのだろう?同じ町名でも番地でグループがばらばらになっていました。そうすると今夜は停電の順番です。昨夜からの冷え込みを考えると暖房のために電力需要の増加は確実で、停電は確実でしょう。
 会社に行く前に用意をしておかないとと思って懐中電灯をチェックしたら・・・・電池式は全滅(苦笑)。昔、お山にもっていった蛍光灯式のは電池カバーが無くなっていて使えず。防災グッズとしてもらったラジオ内蔵のは何故か動作せず。さっきまで中をばらして修理を試みていましたが、点灯しない理由が判明せず断念。スイッチを入れると導通テストでは問題ないのに、電球がつきません。
 結果的に、今、我が家にあるのは、手回し発電式の懐中電灯のみです(苦笑)。電池に困ることはありませんが、これはLED式で明るさがさすがに足りません。(^^;AWの中に懐中電灯が入っていますが・・・・そのAWは実は12ヶ月点検で入庫させたら、問題が発覚して部品待ち入庫中のままです。
 うーむ、今夜はこのLED一つが頼りだ(爆)。備えがいかになかったがわかります。まあ、ラジオは電池共々確保していますが(さすが!?元BCL少年!?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難しいのだけれど

 今日は我が家の地区は午後停電の予定です。二人とも出勤しているので、自分達の生活にはまったくなんの影響もありません。ただ、問題が一つ。今は雲がありますが、天気予報はこれから晴れるようです。そうするとせっかく、太陽光パネルで発電しても、送電出来ずに無駄になってしまいます。普段は平日昼間の消費電力はわずかなので、たかだか十数kwh程度(快晴だともう少しいけると思う)とはいえ、少しは貢献出来るのですが・・・。
 停電しても、送電出来ると一番良いのですが、同じ線でやっているので、不可能です。何か良い解決方法があれば良いのですが・・・・やっぱ、無理だなあ。東電へ売電している時、結局、同じ経路の他の場所で消費しているだけですからね。停電したら、電気の行き場がありません。また、仮に自宅にいて自立運転させても、小電力しか使えませんから、冷蔵庫も動かせません。携帯の充電やらラジオ位、まあ、TV位は平気でしょうが。

 恐らく、今後数年以内に太陽光発電はある程度のバッテリーを組み合わせて、自立運転でももっと電気を使えたり、ある程度は、日が暮れた後にも電気をためておいて使えるような製品が出てくるのではないでしょうか?勿論、その分、値段も高くはなるでしょう。でも、売れると思いますが。

 なお、当初の予定表では勤務先は今日の午後から今週いっぱいは実質的に駄目なはずでした。停電になる前に色々な機器のシャットダウンの時間を確保するために、開始予定時刻から2時間前に店じまいするので、一日二回予定されていると、立ち上げる時間も考えるとほぼ一日落とすしかないからです。
 それが急に昨日の夕方の停電が回避され、今日以降も当座ないと言われました。逆に自宅では予定通り停電が始まっていたようです(太陽光発電の発電実績が午後遅く、急に0になっていたので)。謎です。鉄道会社へ供給することになったようなのですが、同じ送電路で送電されていて、停電しなくなったのでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅い

 ニュースの見出しは「政府と東電が一体で統合対策本部」とでていて、計画停電対策かと思ったら違いました。原発事故対応です。 
http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/yomiuri-20110315-00118/1.htm

 原発事故対応ですら、まだだったのかと驚きを隠せません。1号機と3号機は相応に安定してきていますが、2号機の状態が悪化しています。東電は確かに一企業ではありますが、例えば、自動車メーカーなどとは違い、公的性格の高い企業です。とはいえ、このような事態は国が主体的に対応すべきでしょう。もちろん、技術的に国よりも東電の方が詳しいということはあるかもしれません。しかし、今頃こんな話がでてくるとは・・・。

 更に言えば、計画停電も国民の生活・経済活動に大きな影響を及ぼす以上、国が主導すべきです。平時であれば相対的に小さい政府を支持しますが、有事は国がやらないと!小さい政府というのは、通常は国は手広くやらず、民間ではどうにもならないところだけ国がやるということです。非常事態の対応こそは、「民間ではどうにもならない」ことです。

 東電だけではどのように鉄道を動かすべきかはわからないでしょう。鉄道会社はどういう風に電気が供給出来るのかわかないと、影響を最小限度にとどめる運行計画を作ることは難しいでしょう。ボランティア担当の補佐官なんか任命する前に(それはそれでいるかもしれませんが、そっち相対的に国の関与の必要性は低いはず)、この電力供給問題を担当する大臣、統合対策本部をつくるべきです。

 今朝の第三グループの一部で停電しているようです。昨日の最後の第五グループも部分的にしか停電しないという訳わからない状態でした。何度も言うようにやるなら計画通りにやった方が良いです。グループ分けしたのなら、そのグループ単位でやらないと意味はないでしょう。もし、もっと細かいグループ訳が出来るのなら、そうした方が良いでしょう。細かく分けて、きっちり指定時間とめれば、影響は最低限度に抑えられます。
 いずれ必要になるのは間違いない以上、早く慣れる必要があります。そして、回復が早まるのは良いとしても、止まる時間が不明確なのは困りますし、影響が大きいです。6:20の予定が7時過ぎになっています。東電の言い分はわかりますが、とめるなら予定通りにとめて、需要が供給を下回りそうなら、早めに回復の方が、ぎりぎりまで粘って途中から停電よりもはるかにましです。

 まあ、ここは日本人の性格が反映されているのかもしれませんね。ぎりぎりまで停電回避を試みるが故にこういうことが起きるのかもしれません。鉄道会社はもし事故がおきると困るからと逆に早めにとめてしまいます。

 ここ数日だけなら文句はいいません。でも、4月一杯は続く可能性が高いのでしょう?であれば、もっと計画的に計画停電を実施すべきです。これは、東電ではなく、国の責任です!政治主導をうたっている民主党政権は今こそ、その主導力を発揮すべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだとまらない

 計画停電時間の開始士時間から2時間近く立ちますが、まだとまっていません。いったいぜんたいどうなっているのやら?
 とめるなら、仮に電気が足りていたとしても、計画停電になれてもらうためにきちんととめた方が良いと思うのですが、これはいったいどうなっているんでしょうか?これでは非計画停電です。

 TVを見ていますが、JRの運休で浦和でタクシー待ちなどの行列が・・・・。

 こういう時に大事なのは計画性と公平性でしょう。計画停電は仕方ないと理解出来ると思いますが、いつ停電するのかがはっきりわからないのは大問題です。これは言い換えると停電した後にいつ復帰するかもわからないとも言えます。

 また、地域によって影響が違うのも公平性という観点から大問題でしょう。グループによっては一日二回停電することになっていますが、何故、この ような違いがあるのか説明出来ないでしょう。更に都内は原則停電無しというのも、田舎はどうでもいいのか?都心のために犠牲になれというのか?という感情 を生むでしょう。

 あ、今、第一グループは需要が予想を下回ったので計画停電の実施を見送るとかいっていますが・・・・うん?でも、想定を越えると停電するかも?なんだそれ?

 とめないですむなら、とめないでおきたいというのはわかりますが・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わからない

 計画停電が実施されると昨夜発表されたものの、我が家がいつとまるのかは、寝る前までwebやTVを見てましたがわかりませんでした。東電のサイトによ うやくつながって得たPDFファイルには我が町内は1、2、4、5の四つのグループに含まれていました。ミスなのか、送電線の関係で町内で一つに出来ない のかわかりません。
 朝、起きたら、1グループだけにかわっていました。6:20からです。しかも、夜、再度とまるかもしれないとのこと。
 でも、7:20現在、まだとまっていません。

 電車は運休しています。これだけのことを東電が計画できないので、これは政府が各機関(鉄道含む)で協議して、決めるはずですが、どうなっているのやら。暴動起きないのが日本の良いところですが(苦笑)。

 職場は近いので通勤は可能ですが、職場は1または2なので、どっちかわかりません。1だったら出社する意味が余りありません(苦笑)。違えば電気がある場所を移動すれば良いですが(職場が停電したら先に復帰する自宅に帰るなど)。

 電気がない、通信がとぎれたら仕事になりません。

 相方は帰りの電車が途中まででとまって夜遅くならないのと復帰しないので、いきたくないを連発していきました・・・・。どうなるか・・・・。全然わかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家は運が良かった

 金曜日は休暇を取って相方サービスで箱根に一泊旅行に行っていました。大涌谷に居たら、なんか体が揺れました。風が非常に強かったので風かとその時は思いました。その後、トイレにいったら、建物が明らかに揺れました。明らかに地震です。するとさっきのも地震だったのでしょう。
 車に戻ってラジオをつけたら、M8.4、震度7の大地震だと!!まさか、そこまで大きな地震だったとは。ホテルへ向かう途中、強羅周辺で落石のために通行止めになっている場所に遭遇しました。ホテルについた後はもうTVをずっと見続けていました。
 津波で家、車、色々なものが流される映像は現実とは思えませんでした。その後も各地での津波の映像が次々と流され、唖然として見ていました。
 戸塚の義父へ電話したもののなかなかつながりません。夕方前にようやくつながり、怪我や被害はないものの停電しているということでした。
 その後、電車が全て止まっていて、再開の見込みが立たないという報道を見て、今日、休暇にしていなければ、相方が都心の職場で取り残されていたのだということに気が付きました。本当に運が良かったです。天国と地獄、です。もちろん、津波の被害を受けるのと比べれば、職場から帰れなくなることは相対的に大したことではありませんが・・・・。
 夜も、箱根ですら断続的に揺れてなかなか眠れませんでした。

 今日は早めに帰ってきました。小田厚、東名は正常に通行出来ました。ただし、津波の恐れがあるので、西湘バイパスは通行止めです。東名では警察の青いバス(機動隊のあれ)を見かけました。見たのはなにわナンバーですから、関西からの応援なのでしょう。相方は海老名SAの中に同様に警察車両がたくさんとまっているのをみたといっていました。移動中の休憩なのでしょうね。

 帰ってきたら近所に特に変わった様子はありません。家の中は、物がある程度落下したり、散乱したりしていましたが、何か壊れたというようなものはありませんでした。ただし、1階の私の倉庫部屋の中では書籍流がやはり発生していました(苦笑)。しばらくはその後かたづけに追われました。

 夕方から気になっていた福島原発ですが、圧力の低減には成功したということで、とりあえず一安心です。ただ、まだ完全に安全な状態になったという訳ではありませんが、このままおさまることを祈りたいと思います。

 とか書いていたら、また揺れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロータスとトヨタは正しく、ポルシェは間違っている

 エリーゼとケイマンの最大の違いは運転環境=ドライビングポジションにあります。シートの問題も大きいですが、一番の問題はペダルです。エリーゼ、そしてAWは、ブレーキとクラッチペダルがアクセルペダルよりも手前に位置しています(アクセルだけが少し低い)。しかし、ケイマンでは、アクセルペダルはオルガン式なので単純には言いにくいですが、おおむね同じ高さです。この結果、エリーゼやAWはクラッチに足を合わせるとアクセルもちょうど良いのに対して、ケイマンは、クラッチに足を合わせるとアクセルが近過ぎます。逆にアクセルに合わせるとクラッチが遠過ぎて届きません。
 写真だとわかりにくいですが。
エリーゼ
031010elise

AW
031010aw
ケイマン
031010p
 これは右ハンドルだからで、左ハンドルなら問題ない、という話ではなく、左右関係ありません。
 ロータスとトヨタは正しいですが、ポルシェはどういう姿勢が正しいかをまったく理解していないように思われます。少なくとも私の体型では、ポルシェでは絶対に正しいポジションをとれません。ですから、無理がかかり、運転が疲れるのです。

 厳密に言えば、エリーゼはシートバックの調節が出来ないので、足を合わせると少し手が遠くてストレートアーム気味になってしまいますし、シフトレバーもやや遠いです。でも、これは許容範囲内です。ワンノッチシートを前に出せば解消出来ますし、それでも、足はつらいというほど近くはなりません。AWはシートの調整が出来るので何等問題はありません。シート自体はエリーゼの方がAWよりも良いですが。

 ケイマンはシートも良くなくて、腰かおしりが痛くなります(姿勢次第)。肩もシートからはみ出しますし。

 昔のポルシェは知りませんが、今のポルシェはその過半が2ペダルですので、もうすっかりどうすべきかを忘れてしまっているのでしょう(笑)。ま、GT3なんかだとこの辺が違うのかもしれませんが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居るべき場所へ

 戻ってきました!赤ん坊こと、エリーゼ111Rが我が家にやってきました。久しぶりのロータス、久しぶりのエリーゼです。これは私の本来あるべき姿、本来居るべき場所です。

 会社帰りに相方と合流してオーセンさんへいって受け取ってきました。事前に連絡したら社長が車で駅まで迎えにきてくれて寒い中を歩かないで済みました。ありがとうございます、K社長。

 コーティングを再度施された赤いエリーゼは、妙にぴかぴか(笑)。
030811111r1_2
  説明はS1との差分程度。イモビライザーなどの違い。後、メーターの照明の明るさ調整を教えてもらいましたが、S1でも出来たと言われて驚きました。知らなかった(苦笑)。
030811111r2
 トランク内に車検証を入れを差し込むホルダーがあるのですね。S1の時は小さい鞄に入れてシート後方においておきました。
030811111r3
 で、感想は受け取って帰ってきただけなので、もう少し乗ってから書きたいとは思います。ただ、第一印象は問題ありせん。相方が赤は嫌だといって、新車を買うつもりでいって、結果的にこの子を選んだので、実は試乗するのを忘れていました。でも、乗って帰った時の感触は、S2では最上のエリーゼです、少なくとも私が知っている範囲内では。06のRに期待するもの、そのままです。

 さあ、これからよろしくね、赤ん坊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた雪

 会社に行こうとしたら、雨が雪に変わっていました。いやあ、今日、こんなに降るとは。カエルコはすっかり雪まみれ。幸い、お昼頃には上がり、帰る頃にはとけていましたが。
030711
 さて、赤ん坊ですが、まだ、やってきていません(苦笑)。理由は二つあります。一つは水曜日の夕方に引き渡したのに金曜日中に入金されなかったためです。こちらからすれば十分な時間があると思ったのですが、最初からぎりぎりだとか言っていて、でも、万一駄目だったらごめんなさいという話だったのですが、結果的には月曜日になると。最初からそのつもりだったのではなかろうかと思いたくなり、かなり不満です。最初から絶対駄目だと言われば、あきらめて、引き渡しを遅らせて、土曜日にもう一日乗って、洗車して日曜日のお昼頃に引き渡したのですが・・・。本来ならちゃんと綺麗にしてから送り出すことが出来たかと思うと、なんとも言えません。

 ただ、理由はそれだけではないのです。それを伝えたら、入金確実ならいいよと、いってくれたのですが、ボディコーティングの手配が遅れていて、日曜日の午後でないと納車出来ないと言われてしまったのです。不幸にして、日曜日の午後は予定があり、夜まで時間が取れません。

 と言う訳で、火曜日の夜に少し会社を早く抜け出して迎えに行くことにしました。ま、入金終わってからだし、すっきりするし、これでいいでしょう。悔いが残るのは、最初からそれらがわかっていれば、ピー次郎の引き渡しを遅らせていたのに、というそこだけです。土曜日で問題ないと思い込んでいてそこは確認しませんでしたから。ごめんね、ピー次郎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少しだれてきたかGT5

 ピー次郎と赤ん坊のことで書き込みしていませんでしたが、まだ、やっています。

 限定イベントが無くなってしまったようなので、やれるレースが少なくなってきました。余り好きではないのですが、ストックカーに挑戦。練習しようと思って、スペシャルイベントのジェフゴードンに挑戦したものの・・・・いらついてやる気が出ません。やめた!実戦あるのみ!カムリを購入5000万円。まずはハイスピードリンク単発で練習を兼ねて挑戦。2周目以降1分4秒で約4秒差つけて勝利。あれ?楽勝でした。次は苦手で嫌いなオーバルに挑戦。インディ。うーん、5位。ただし、途中でぶつけられた派手に乱れましたから、あれが無ければ勝っていたかもしれません。オーバルで勝てるように練習してからシリーズに挑めばなんとかなりそうだ。
 SWのターボ、ノーマル保存用に購入。また、RUF 3400S’00があったので購入しました。スピードスターがでないから、後回しにしていたシュワルツ・ヴァルド・リーグAに参加することにしました。まずはニュルのGPコース三周。うう、車が速過ぎました。ぶっちぎりで勝利。ただし、二位はスピードスターで9秒でしたが、途中から差が余りかわりませんでした。意外と速かったようです。で、200戦、1000km走行したということで、Ticket1000をまたもらいました。交換したら・・・・2010 Jeff Gordon#24インパラだって。うう、勘弁して。カムリを買ったばかりなのに・・・。
 2戦目は東京ルート246 3周。楽勝でしたが、たらたら走ったら最終コーナーでぶつかったて、差をつめられました。2位はまたスピードスタート。4秒。これもまた1周目に築いたリードをなんとか保っただけでした。途中でつめられた時もありました。プレゼントカーがスピードスターターボ’00。うーん、結果的にはRUFで参戦してよかったです。
 気が付いたら、実は2/10から第七回の配信イベントが始まっていました。
 第七回ドリフトトライアル
  グランバレー:コンフォートソフト
  モンツア:コンフォートソフト
 第七回タイムトライアル
  筑波:300馬力、1100kg、FR、コンフォートソフト
  ケープリンク:400馬力、1200kg、スポーツハード
 フェラーリフォーミュラチャレンジ:F2007及びF10
  東京・ルート246 10周
  ニュルGPコース 10周
  ロードコース・インディ 10周
 4WDチャレンジ:4WDなら制限無し(ライバルは400馬力級)
  ローマ市街地コース 3周
  ラグナセカ 3周
  ケープリンク 2周
 FRチャレンジ:FRなら制限無し(ライバルは300馬力級)
  ディープフォレスト 5周
  鈴鹿 3周
  ケープリンク北コース 5周
 FFチャレンジ:FFなら制限無し(ライバルは200馬力級)
  筑波 3周
  アイガー北壁ショートコース 3周
  トライアルマウンテン 3周

 レースはボーナスレースではなく普通です(1位なら1位の賞金だけ)。やっていませんが、そのかわりに何度やっても賞金は順位に応じてもらえるのでしょう。ただし、賞金は少ないです。余りうまみは(お金の観点からは)ありません。
 FRチャレンジから挑戦。M3 CSLでやってみました。ノーマルのまま。
ディープフォレスト 5周。まあ、楽勝、トップにでてからペースをあげて最後は1分27秒。2位は シリーズOneスーパーチャージが4.6秒差。次ぎは鈴鹿。3周。ミスがあり、2分33、27、30秒。まあ、でも楽勝。2位はM3。1秒差。ケープリンク北コース5周。概ね1分43秒台で勝利。2位はシリーズOneスーパーチャージが8.8秒差
 FFチャレンジにフォーカスRSで挑戦。筑波 3周。1分6秒ベストで楽勝。2位はシビックTypeR。アイガー北壁ショートコース 3周。なかなかぬけなかったのですが、前にでたらペースは上がり、3周目に1分16秒を出して勝利。2位はC4クーペ。5秒差。トライアルマウンテン 3周。1周目の最終コーナーで無理してつっこんだら横転しました(苦笑)。自動的に戻ったので続行し、それでも勝利しました。2位307に10秒差。ここは車が速過ぎましたね。
 うーん、面白みがないですね。240Zがでていたので買いました。
 フォーカスラリーカーで4WDチャレンジ・・・と思ったら、第七回ボーナスレースが登場していました。
 日産マーチ ディープフォレスト 5周 ; 歴代マーチ、制限無し
 ホンダ シビック 鈴鹿 5周 : 歴代シビック、制限無し
 日産Zマドリード市街地 5周 : 歴代Z、制限無し
 スバルインプレッサ ニュルブルクリンク 1周 : 歴代インプレッサ、制限なし
 マツダRX-7 アイフェル(サーキット)102D 5周 : 歴代RX7、制限なし
 最後これをやってみましょう。前に筑波で活躍した400馬力FDです。ここは初めてのコースです。タイヤをスポーツハードに落とし、最高速度280km/h設定して挑戦。いやあ、高速コーナーで飛び出す飛び出す。(^^;難しいですね。結果、8位。でも、このコースは楽しいです!ワインディングっぽいのにコース幅があるし。ストレートは意外と長いので最高速度を310km/hに設定しなして、タイヤはそのまま。LSDのイニシャルトルクを7から20にして挑戦。今度は高速コーナーでのスピンは2回だけにとどまりました。ベスト1分25秒。4位と5位が見えていましたが、最後にスピンして届かず、6位。もう1回このままやってみました。ベスト1分23秒台。1.4秒差の2位。惜しかった!途中で、一度スピンしたのでそれがなければ。最高速度は300km/hに変更してもう一度。最終コーナーでおいついて抜いて勝った!と思ったら、抜いた車が邪魔でよけたら飛び出して2位。残念。で、再度、今度はベスト23秒台、最後は26秒でしたが、最終コーナー手前で抜いて勝利!満足感があります。こうでないと!

 有り金叩いて、XJR-9を購入。4.7億。(^^;これで化け物相手のレースは戦えるでしょう。
 次ぎはマーチ12SRを買って、ディープフォレスト5周に挑戦。ベスト43秒台にいれて4位。3位の車は見えませんでした。うーん、ストレート遅いです。みたら他の車は皆150psでした。こっちはノーマルなので107psです。こりゃ駄目ですね。吸排気チューンして、132psにして、再挑戦。ベストは1分40秒台。ただし、コースアウトもあり。5秒差で1位と2位にとどかず。うーん、うまくやれば勝てそうな気もしますが・・・。でも、まだ直線でおいていかれるので、もう少しいじって、140馬力。40秒台を並べ、最後39秒台に入れて勝利!
 シビックで鈴鹿 5周に挑戦。車はレーシングカーは駄目なので、EG6で挑戦。ありゃ、こりゃ遅すぎる。シビックTypeR(EKの)を買って挑戦。駄目です。ノーマルで追いつきません。4周目にやっと集団に追いついて、この時だけは2分43秒が出ました。ストレートなどでスリップストリームがきいたようです。後は45-47秒でした。6位。トップとの差は25秒。
 ノーマルでは無理そうなので、174psから吸排気(マフラーはスポーツ)で、216psにチューン。更にスポーツソフトにタイヤを交換。概ね2分36秒台で圧勝。タイヤは交換不要でしたねえ。
 なんとなくR30の2000 TurbRSを購入。
 次はZ。マドリード市街地 5周。350Z グランツーリスモ4 Ltd.(Z33)’05をもらっていたので、これで参加してみました。2、3周目は1分41秒台でしたが、7位に上がった後、前の車がまったく見えず、集中力を失い、後半は駄目でした。27秒差。吸排気(マフラーはスポーツ)で、347ps。これで再挑戦。なんか、ドアンダーです。1分39秒から40秒で走って3位がやっとでした。10秒差。
 なんか車が重く、ドアンダーでどうにもいらつく車です。1324kgに軽量化して、再度挑戦。駄目だ。まだ、この車は重過ぎます。途中、どっかではらんでいきます。まるで、ABSがないように少しブレーキをつめるとまっすぐ突っ込んでいきます。高速コーナーもアンダーではみ出します。駄目です。再度、軽量化し、1267kg。更にタイヤをレーシングソフトに交換。1分36秒台で走ってやっと勝てました。この車は嫌いです。

 インプレッサ セダンWRX STiバージョンIV’97でニュルに挑戦。が、相手は400馬力級(車重は1300-1400kg)です。これはノーマルでは勝てません。274psから378sまで上げて、車重も1175kgに軽量化し、スポーツソフトに交換し、挑戦してみました。
 うーん、不安定ですね。すぐに飛び出してしまいます。走りきって、8分8秒でした。トップのR34は7分34秒で36秒差。綺麗に走っても無理かなあ。もう一度。序盤のミスが多くいらつきます。なんどかやって、7分55秒。20秒差の5位がベストでした。
 駄目です。427ps、ボディ剛性強化、フルカスタマイズミッションにして挑戦。ありゃ、速度が頭うち。260km/h設定でした。そりゃ駄目だ。320km/hに変更して、再挑戦。7分53秒。最後ぎりぎりで1台抜いて4位。駄ですねえ。不安定過ぎます。
 しかたないのでタイヤをレーシングソフトに交換し挑戦。7分43秒。9秒差の2位でした。まだ不安定でかなりはみ出してしまいました。最高速度を300km/hに落として再度。なんどか挑戦し、最後、かなり強引でしたが、つっこんで前にでて、勝利。7分36秒でした。もう少しうまく走ればストレートで抜けたと思いますが・・・。しかし、なんでこんなに不安定なのでしょう。と思ったら、そういえば、この車は筑波でも不安定だったというのを思い出した。ニュルなら当然ですね。(^^;たまたまた、手持ちのインプレッサがこれだけだったのと軽量なので使ってみましたが、失敗でした。(^^; 
 エスプリスポーツ350があったので購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サヨナラ、ピー次郎

 ピー次郎が我が家を去っていきました。
030211byepi
  涙雨でしょうか。昨日までの雨は朝はあがっていませんでした。もう、今日しか乗る機会がないので、会社に乗っていきました。お昼頃やっと雨はあがりましたが、汚れちゃいました。いや、これは涙雨ではありませんね。ピー太郎は雨が好きで、出かけるとしばしば雨を呼んでいました。ピー次郎はそうでもなかったのですが、今年に入ってから雨や雪を良く呼ぶようになりました。ピー達は水遊びが好きなようです。だから、最後にも降らせたのでしょう。
 ピー次郎は下取りではなく、わりと近所にあるポルシェ専門店で買い取ってもらいました。最初は、里帰り(ポルシェセンター横浜=青葉)させるつもりだったのですが、査定額に大きな差がついてしまったので・・・。何せ、専門店が青葉はこれ位でしょうと言った額よりも実際の青葉の査定額は更に低かったのです。その差、35万円。これではしかたありません。

 今回は予定が立て込んでいたり、天気が悪くなったりして、結局、最後に一人でサヨナラドライブとはいきませんでした。111Sの最後と似ています。あの時も時間がなくなってどたばたして、去っていってしまいました・・・。

 更に言えば、最後に洗車する時間も取れず、きれいにしてあげることも出来ませんでした。前回洗車してからそれほどひどく汚れてはいませんが、今日の雨のせいで汚れてしまいました。過去、必ず奇麗にしてから送り出していたのですが・・・心残りです。

 文句は言っていましたが、決して嫌いではありません。ポジションさえ合えば、もっと長く乗っていられたでしょう。また、今の我が家には、エリーゼよりも適していたのも確かです。送迎、買物、旅行まで、人間が二人しか乗れないということを除けば、万能に活躍してくれました。さすがポルシェというべきでしょう。

 ただ、反面、2ドアセダンと化していたのも事実です。運転する楽しさは、正直なところ余りなく、アルテッツァ以下でした。MT/ATを忘れれば、ボクスターの方がまだ楽しみはありました(オープンであるが故に)。安定していて速いものの、面白みに欠ける、そう言わざるを得ません。

 やはり、全てにおいて万能な車はありませんね。楽しくて、実用性にも富む車、やはりそんなものはありません。楽しい割に意外と実用性も高い、か、実用性が高く、その割りに意外に楽しい、まあ、現実にはそれが限度なんでしょう。

 いや、それでも、普通は、ケイマンは「楽しい割に意外と実用性も高い」と言えるのでしょう。私が変人なだけだと思います。これは「楽しい」速度域が問題なのだと思います。ケイマンの「楽しい」速度域は高過ぎて、日本の公道では楽しい領域には入れないのだと思います。サーキットにいけば楽しかったかもしれません。

 これがAWやSW、それにエリーゼ一族であれば、その領域はケイマンよりも速度が低いので、日本の公道でも楽しめます。これが大きな違いでしょう。

 反面、実用性ではそれらはケイマンには勝てません。乗り心地だけは(私の主観では)、111Sなら勝てますが、111Sは実質荷物は積めません(苦笑)。エアコンも無いし、走ることが出来る季節が限られます。SWはこれらの中ではケイマンに近いのですが・・・乗り心地で負けます。それ以外では、もっとも実用性が高い車でした。だから、SWのナンバーは、アルテ、2台のピーに引き継がれたのです。

 まあ、今は昔と違って、相方が買った本当の実用車がいます。だから、まあ、無理に実用性を求めることもないでしょう。

 結局、我が家にきてからの走行距離は6500km程度にとどまりました。考えてみたら、ピー太郎よりも走っていません。まあ、ピー太郎は最初の3000kmは慣らしでしたらね。それを考えると同じ位でしょうか。
030211byepi1

 ピー次郎、今度は、心から愛してくれる人のいる所にいくのだよ、可愛がってもらえますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »